スポーツ えっせい

日本代表選考は一筋縄ではいかない

このエントリーをはてなブックマークに追加

 北島康介の引退レースなどで話題になった競泳の日本選手権が 10日で終わりリオ五輪の代表選手が決まると、17日には女子柔道 で唯一代表が決まってなかった78㌔級の代表が山部佳苗に決まる などリオ五輪が近付いて来た感じである。

 さて競泳の日本選手権で北島康介が100平泳ぎで準決勝で派遣 標準記録を突破しながら決勝では2位に入ったものの記録を突破 できずに最終的にリオ五輪の代表から落選した事について、一部 のファンやマスコミからは抗議が出たという話が話題になった。

 競泳の日本選手権はアテネ五輪から決勝に残れるタイムを派遣 標準記録として設定し、このタイムを決勝で出して2位以内に入 るというのが代表への条件になってからメダルを量産し始めたの だから優れたシステムという事になるだろう。

 にも拘らず‘準決勝で派遣標準記録を突破したのだから’と いう理由で北島を派遣するべきというのは決していいものでは ないし、そういった理由で特例的に選出されても北島を貶める だけで五輪出場はハードルが高いという証拠だろう。

 つまり競泳の代表選考は例を見ないぐらい分かりやすいの だが、そうなると今度はマラソンや柔道の代表選考が‘分かり づらい’とケチが付くわけだ。

 競泳やマラソン以外の陸上などは基本的に同一条件でタイムを 競うというものだが、マラソンの場合は最近の五輪が暑い時期に 行なわれるのに対して選考レースは冬場に開催されるし仮に夏に 一発選考レースをしようにも世界陸上があるため競泳のようなや り方はしづらいだろう。

 また柔道になると対外国人相手という要素が入るし、ロンドン からは世界ランキング上位という規定があるので全日本選抜体重 別大会の一発選考というのは無理がある。

 陸上のトラック& フィールドや競泳のように一発選考ができる 種目とできない種目があるのだからメディアもそれを十分考慮し て報道するべきで、4年に1度しか興味を示さないライト層を説得 するだけの説得できるだけの理論武装をする必要があるし間違っ てもライト層と一緒になって‘もっと分かりやすい選考法を’など と騒ぐのはプロとして恥かしい事なのだから。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
オリンピック競技
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

イブラ様のお気持ちが変わったときのために・・・。こっちもとっておきオーバーエイジを!【「読裏クラブ」のワンツー通し】

アテネ五輪 男子サッカーも死のグループだった【スポーツ えっせい】

世界選手権!【「夢へ翔け上がれ!」東北フリーブレイズ】

テレビ中継に望むこと【あるスワローズファンのブログ】

五輪の組み合わせ決まる【This is sports】

北島康介が遺したもの【スポーツ えっせい】

リオ五輪男子サッカー対戦国決定【スポーツ えっせい】

野口みずきに対する心残り【スポーツ えっせい】

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:6065
  • 累計のページビュー:14931034

(10月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss