スポーツ えっせい

なかなか興味深かった日本水泳復活のドキュメント

このエントリーをはてなブックマークに追加

 月曜日にBS-1でOAされた甦れ日本水泳、どん底からの復活は 64東京五輪でメダル1個に終わった日本競泳陣が低迷期を経て 復活するまでを追ったドキュメントで見応えのある内容だった。

 前半はメダル量産を期待された東京五輪で男子800mリレーの 銅メダルのみに終わった反省を踏まえて若年層からの強化を図った おかげで鈴木大地や岩崎恭子の金メダル獲得につながる話に続き、 後半はメダル量産を期待されながらメダルなしに終わった96アト ランタ五輪から立て直すためにナショナルチーム制を敷いて結果を 出したというもの。

 たしかに戦前の日本は水泳王国だったし戦後も古橋廣之進や橋爪 四郎らを筆頭に潜水泳法の古川勝や、金こそ取れなかったものの山中 毅や田中聡子らが活躍していた。

 ところが東京の800mリレーの銅メダルや72ミュンヘンの田口信教 と青木まゆみの金を除くとメダルはおろか決勝にすら残れない種目が 多く、特に76モントリオールや84ロスなどは悲惨な成績だったのも 記憶に新しい。

 その後88ソウルで鈴木大地が92バルセロナで岩崎恭子が金を取った ものの複数メダルを取れるという雰囲気は無く、決勝進出し入賞者が 出れば嬉しいというレベルだった。

 だからこそ96アトランタでメダル0に終わっても決して驚かなかっ たし、いつものパターンだと思っていた。

 ところが00シドニーで銀2、銅2を取った後に北島康介が台頭して アテネで金を2つ取ると勢いに乗り金3、銀1、銅4と合計8個のメダ ルを獲得するまでに躍進するのだから一時期まことしやかに言われた ‘対格差があるので日本人は平泳ぎ以外は通用しない’というのが暴論 だった事が証明された。

 結局は一握りのメンバーを少数精鋭で強化するだけではなく若年層 からしっかり強化し、代表では所属クラブの垣根を取って臨むという 当たり前の事をやっていくというのがいかに大事かというのが分かる。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
オリンピック競技
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

トップリーグ リクシルカップ準決勝 神戸製鋼の脚を切ったパナソニックの実力【ラグビーを見るのだ。】

ベスト8以降も波乱は起こるのか!? いや、起こして欲しい!!【Armar know Jack Bigwild】

昔は1月15日を過ぎると【スポーツ えっせい】

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:838
  • 累計のページビュー:15117410

(12月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss