スポーツ えっせい

日本のゴルフレベルを上げるにはセントアンドリュースのようなコースを作るべき

このエントリーをはてなブックマークに追加

 先週行われた男子ゴルフの全英OPは、日本の松山英樹が最終日に 一時は首位に1打差まで迫る健闘を見せたものの最終的には順位を 落として18位となった。

 ただ松山のプレーに一喜一憂していたマスコミだが忘れてなら ないのは日本人選手では松山以外の池田勇太以下7人の選手達は 全員が予選落ちし、2日間通算で+2だった藤田寛之のスコアが最高 という惨敗で その中には国内で賞金王を取った藤田や小田孔明に 池田勇太らもいるという死屍累々。

 厳密に言えば今シーズンの松山はアメリカツァーの所属という 事で、藤田ら日本ツァーの選手達は全員が予選落ちとなる。

 その件について‘国内ツァーのコースでは選手が育たない’と 藤田が語っていたようだが、個人的には昭和の頃から既に今回の 会場であるセントアンドリュースのようなコースが日本にない 事の不自然さを感じていた。

 イギリスなどではゴルフは大自然を相手にするスポーツという 感覚だから今回の舞台であるセントアンドリュースのように 荒れ放題のラフをはじめ、うねるフェアウェーや落とし穴のよう なバンカーに変わりやすい天候や凄まじい強風が吹きつけるコー スは当たり前なのに対し日本には全くない。

 ゴルフ場も年がら年中プロの大会を開催するわけでもないから 一般客相手にセントアンドリュースのようなコースは厳しい事も あり作られてないのだろうが、やはり日本のゴルフ界のレベルを 上げて海外ツァーで勝てる選手を育成するには国内に何箇所か 作る必要があるのではないか。

 普段からコンディションもよくラフに入っても大丈夫なコース ばかりでプレーしていると、難易度の高い海外ツァーのコースに アジャストできないのは当たり前だろう。

 それを考えると国内にセントアンドリュースのようなコースを 作って国内ツァーに組み込み、そこで上位に入った選手でなければ 海外メジャーツァーには出場させないぐらいの規定を作らないと 日本ツァーの選手達は予選すら通れない選手ばかりになるのは確実 だろう。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ゴルフ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

日本のゴルフレベルを上げるにはセントアンドリュースのようなコースを作るべき

おっしゃる通りだと思います。日本のゴルファーがメジャーで活躍する姿を是非見たいものです。そのためには、セント・アンドリュースもそうですし、オーガスタと同様なコースも日本にあるといいですね。地形の関係で、全く同じコースを作るのは無理としても、メジャーでそのまま活用できるような高度な技量を実践できるグリーン、フェアウェイ、コースロケーションを持ったコースがあるといいですね。新たにコースを作るのは大変なので、現在あるゴルフ場の幾つかをメジャーレベルに改築し、そういうゴルフ場をゴルフ協会が「JISマーク」ならぬ「MJマーク」などで認定し、プロや一般ゴルファーに告知する、プロゴルファーもそういう所で合宿や練習するよう心掛ける、もちろん試合も、というのはどうでしょうか?何しろ、メジャーで日本選手が活躍すれば活躍するほど、ゴルフ人気が高まるでしょうから。

こんな記事も読みたい

真夏の夜明けの夢2;第144回全英オープンゴルフ【運動科楽からスポーツ再考!!】

海の日3連休にオールスターゲームを入れるのは・・・【スポーツ えっせい】

真夏の夜明けの夢;第144回全英オープンゴルフ【運動科楽からスポーツ再考!!】

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:15113910

(12月14日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss