スポーツ えっせい

柔道・全日本選抜体重別選手権が終わり

このエントリーをはてなブックマークに追加

 4日と5日の2日間に渡って福岡で開催された柔道の全日本選抜体重 別選手権が終わり、今年8月にカザフスタンで開催される世界選手 権の代表が最重量級を除いて決定した。

 この大会は柔道世界選手権の放映権を持つフジTV系でOAされて いるのだが井上康生や鈴木桂司らが活躍していた頃は男子の重量 級と女子の軽量級を日曜のゴールデンタイムにOAしていたのだが、 今回はBSフジで初日の午後に男子重量級と女子軽量級をOAすると いう構成になっていたので期待度も今ひとつなのだろう。

 100㌔超級は上川大樹がケガのため欠場している事もあり七戸 龍あたりに期待がかかったものの七戸や王子谷剛志ではなく100㌔ 級から上げた西潟健太が優勝。

 また世界王者3人を輩出した73㌔級は秋本や中矢に大野らが準 決勝で敗れる波乱の展開で橋本壮市が初優勝となった。

 当然ながら世界選手権の代表選考は国内で勝てても外国人との 相性がいい選手を選ばなければならないので大変だったろうが、 それを見越してか選考委員会を公開で行ったのは英断だったと 思う。

 特に昨年選手を派遣しなかった100㌔級など高木海帆が優勝 したものの、試合ぶりの低調さにはガッカリで優勝しても選出 されないのは当然ではないかと思ってしまう。

 とはいえ世界で勝つには外国人相手の相性が良くないとダメ というのは分かるが、1勝もできない選手が選出されるのも決 していいものではないだろう。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
柔道
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

長嶋ジャイアンツの初陣で思った事【スポーツ えっせい】

2015選抜高校野球を振り返ると【スポーツ えっせい】

381†グリエル兄 契約解除でDe池田球団社長の立場は…?【【鯨感】】

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:14535663

(07月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss