スポーツ えっせい

ロングヒッターを育成できる打順は3番

このエントリーをはてなブックマークに追加

 WBCが行なわれる度にアメリカでの試合で日本のホームランが 減っている現状を痛感させられるのだが、中田翔だけでなくホーク スの柳田悠岐のブレイクにより日本人の大砲を育成しなければとい う機運が窺えるようになりジャイアンツもドラフト1位で即戦力投 手ではなく高校生の強打者・岡本和真を獲得した。

 和製大砲を育成するには時間と首脳陣のガマンが必要になる反面、 一旦育てばチームの強さは安定するだけにガマンする価値はあると 思う。

 参考になるのは長嶋茂雄が松井秀喜を4番に育て上げたプロセスで 松井はチームの優勝が厳しくなった1年目の8月下旬から一軍に定着 し7番を打つと、2年目にFAで落合博満を獲得して4番に据え松井 をその前の3番として起用しクリーンアップの経験を積ませたのだ。

 日本では3番は内川聖一のような‘長打力は無いが安打製造機の ような巧打者タイプ’をセオリーにしているが、MLBではチームで 1番ホームランの多い打者という位置付けになっている。

 ホームラン打者は当たれば大きいものの安定感に欠ける傾向があ るのだが足の速い1・2番が塁にいれば盗塁されないために投手は速 球系が増えるし、4番以降が勝負強いタイプならばランナーを溜める のを嫌がってボール球で勝負しづらい。

 つまり3番はランナーを置いても速球がストライクゾーンに来る 確率が高くなるし、自分が打てなくても後ろの打者が打てばいい事 から責任感を感じずに済む打順だ。

 実は現役時代868本のホームランを放った王貞治は多くを3番で 打っているし、ラルフ・ブライアントや秋山幸二なども3番を打って いるのだからホームラン打者を3番に置くのは日本でも決して珍しい 事ではない。

 こうしてみると3番というのは将来の大砲を育てるのに最適な打順 だしホークスも柳田を将来の4番にしたいのなら3番・柳田、4番・李 大浩、5番・内川というクリーンアップも面白いのではないかと思うの だ。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

グリエル再契約となると、、、【今日もハマスタで独り言】

カープ●●●▲今年の漢字「広」【3番ライト・ライトル】

グリエル契約内容について【大分県の野球好き】

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:15115685

(12月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss