スポーツ えっせい

日本男子柔道は80㌔から上が問題だ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロシアのチェリャビンスクで行なわれている柔道の世界選手権は 昨日が個人戦の最終日で、日本男子は七戸龍が決勝で絶対王者のテ ディ・リネールに敗れたものの大内狩りで横倒しにするなど健闘し 銀メダルを獲得。

 最終的に男子は金:2、銀:1、銅:1と4つのメダルを獲得した事に なる。

 今大会は100㌔級で代表を送れなかった事から6階級中4階級で のメダル獲得なのだが、81㌔は5位で90㌔は順位なしという結果 を見ると柔道もレスリング同様80㌔からの壁に悩まされるのかも しれない。

 日本人が出場する格闘技種目で最重量級の優勝はレスリングでは 76モントリオールの伊達治一郎が74㌔級で、プロボクシングでは 約73㌔のミドル級だしアマチュアボクシングでも同じく村田諒太の ミドル級で全て70㌔台。

 日本柔道の中量級といえば藤猪省太や吉田秀彦らが挙げられるが 78㌔級が81㌔級に、86㌔級が90㌔級に変更されてからは80㌔~ 90㌔の間での優勝は平成以降では00シドニーの瀧本誠ぐらい。

 一方 旧95㌔級は井上康生の登場まで須貝等や世界選手権で優勝 したぐらいで、86㌔級と並んで日本のアキレス腱とも言われていた ように伝統的に苦戦している。

 とりあえず73㌔級までの軽い3階級は今回の高藤のような不運は あったものの最低でもメダルを取れるレベルなのに対し、81㌔から 上は残念ながら何とかメダルに届くぐらいの実力なのだろうから日本 柔道界を上げて80㌔から上の階級の強化に取り組まないと期待できる のは軽量級だけという状態が続くだろう。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
柔道
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

九国大付 初戦敗退の原因は【スポーツ えっせい】

もう一つの高校野球と両校の意地~全国高校軟式野球準決勝(中京-崇徳)【北のお部屋】

にしやん松戸ラグビー教室2014-14【Dream Rider  西山淳哉】

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:14917899

(10月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss