スポーツ えっせい

トマス杯優勝の快挙を小さくしか報道しないマスコミって・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加

 なでしこジャパンがアジアを制した直後に、何とバドミントンの
トマス杯決勝で日本男子がマレーシアに3-2で勝って49年に
始まった同大会での初優勝を飾る快挙を演じた。

 トマス杯はバドミントンの世界では五輪以上の価値がある大会で
コレで優勝するという事はサッカーのW杯での優勝と同じ価値がある
わけだし、日本男子は3位が過去4度あるものの決勝進出すら初めて
だったのに準決勝で5連覇中の中国に勝ち決勝でも5度の優勝を誇る
マレーシアに勝ったのだから凄い事。

 にも拘わらず日本のメディアの扱いは意外に小さいのが現状だ。

 かつて自転車の世界スプリントで中野浩一が10連覇を果たしたと
いうのに扱いが小さかったし、ノルディック複合で荻原健司が総合
3連覇を果たした時も その時だけという感じだ。

 日本では野球と相撲にゴルフの3種目がスポーツ紙の1面を飾ると
いう伝統があり、他の競技は五輪でもない限り読者達の興味がない
という事からか扱いが小さいのが現状で最近ようやくサッカーが大
きく扱われ始めたぐらい。

 問題なのはスポーツ紙の1面を飾りやすい競技ほど国内で完結する
ものが多かったわけで、海外の強豪相手に勝っても‘知名度がない’
などの理由から意外にも評価は低いのだ。

 さらにタチが悪いのは先述した3つの競技以外は五輪の時しか扱わ
ないので、五輪よりも優勝の価値が高い大会で活躍しても五輪での
結果が出なければ荻原のように‘不運な選手’という不当な評価
しかされない。

 今回のバドミントンは女子も同時期に行われたユーバー杯で決勝
で中国に敗れたものの準優勝という大健闘を演じたのに小椋久美子
&潮田玲子ペアが話題になった北京五輪よりも扱いは小さい。

 潮田玲子が‘トマス杯で中国に勝つのはサッカーのW杯でブラジル
に、マレーシアに勝つのはスペインに勝つのと同じぐらいの価値が
あるのに・・・’と言っていたにも拘わらずだ。

 こういう扱いを見ていると日本のスポーツマスコミの異常さが嫌
でも分かるのだ。

 



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
その他
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【サッカー】関大 攻撃かみ合い5得点【UNN 関西学生スポーツニュース】

【仕事紹介】『ラグビーマガジン』7月号【ラグビーライター向風見也の取材記】

首都大学東京ラグビー部2014-6【Dream Rider  西山淳哉】

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:6001
  • 累計のページビュー:14039239

(03月30日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月30日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss