スポーツ えっせい

日本柔道重量級第3の男登場を喜ぶべきか?それとも・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加

 今日 日本武道館で行われた全日本柔道選手権で21歳の王子谷
剛志が決勝で10年世界選手権無差別級王者の上川大樹に一本
勝ちし初優勝を飾った。

 柔道の日本男子重量級は08北京五輪で石井慧が金メダルを
取ったのを最後に低迷し、10ロンドン五輪での金メダル0の元凶とも
いわれた。

 重量級の復活を期すべく大会前に期待されたのは今年の体重
別を制し復調を見せている10年世界選手権無差別級王者の上川
大樹や、今年のGSパリ大会で優勝した七戸龍の2人だった。

 ところが七戸は初戦の羽賀龍之介に技ありを奪ったものの3つの
指導を受けて辛うじて逃げ切った形だし、2試合続けて一本勝ち
したが準々決勝で西潟健太に袈裟固めで一本負け。

 一方の上川は3試合連続一本勝ちの後に西潟を残り数秒で一本
勝ちし決勝進出。

 ところが決勝では3回戦の大野戦以外を一本勝ちして決勝に進出
してきた王子谷に大外刈りで一本負けしたのだから驚いた。

 低迷状態にある時にはジャンプがそうだったように世界と戦える
選手層を厚くする必要があり、上川や七戸だけでなく第3の男が誕生
したというのは喜ばしい事ではある。

 ただ悪く言えば どんぐりの背比べ状態になっているは明白で王子谷
が仮に世界選手権に出場してもメダルすら厳しいだろうし、上川や
七戸ともども銅メダルさえ取れれば上出来という状態だろう。

 とりあえず100㌔超級の選手がファイナリストになった事で重量級
復活への光明は見えたものの、時間はまだかかりそうだ。 



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
柔道
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

322†Deベイスの問題児 石川くんが又もや負傷。【【鯨感】】

2014春季埼玉大会3回戦 (聖望学園×狭山ヶ丘 大宮東×西武文理 松山×市立川越)【北のお部屋】

青森大学新体操部 全国放送【Aomori Yamada RG】

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:15043348

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss