スポーツ えっせい

競泳日本選手権が終わり・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加

 10日から行われていた8月のパンパシフィック選手権と9月の仁川
アジア大会の代表選考を兼ねた今年の競泳日本選手権が昨日終
わった。

 最大の注目はロンドン五輪男子400個人メドレーの銅メダリストの
萩野公介が出場6種目を全部制覇できるか?と、背泳ぎのエース・
入江陵介が萩野の6冠を阻むかというもの。

 結果的に背泳ぎでは入江が第1人者の貫禄を見せ、100と200の
両種目を制覇して萩野の6冠を阻む事ができた。

 ただし萩野も得意種目である個人メドレーはライバルである前年
の世界選手権400個人メドレー金メダリストの瀬戸大也に400と
200共々快勝しただけでなく、200と400の自由形でも優勝し6冠は
ならなかったものの4冠を達成した。

 また萩野のライバルである瀬戸が200バタフライで、入江のライ
バルで09世界選手権100背泳ぎの金メダリスト・古賀淳也が50背
泳ぎで優勝したのも嬉しい結果だ。

 女子でも渡部香生子が100&200平泳ぎと200個人メドレーで優勝
しロンドンのメダリストの鈴木聡美も50平泳ぎで日本新記録で優勝
するなど平泳ぎは充実している。

 一方で男子平泳ぎは北島康介が200で決勝に進めないという状況
にありながら100では優勝者が参加標準記録をクリアできず、200
でも世界記録保持者の山口観弘が4位に沈むなど全体のレベルが
頭打ちになっている。

 やはり男子はオールラウンダーの萩野や瀬戸、背泳ぎの入江
らが絡んでレベルアップしているし、女子も平泳ぎは渡部に鈴木や
金藤らライバルが高いレベルで凌ぎを削っている種目は活気が
あるという事。

 反対に北島康介や寺川綾らスーパーエースがいた種目は どうし
ても頭打ちになっている状況が鮮明になった形だ。

 



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
オリンピック競技
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ニューイングランド・レボリューション VS ヒューストン・ダイナモ【dream job ~夢の続き~】

水泳日本選手権・萩野に立ちはだかった復活入江【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

第30回石巻ライノスラグビースクール【Dream Rider  西山淳哉】

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:14924970

(10月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss