スポーツ えっせい

レスリング世界選手権、取り上げるは女子ばかりなり

このエントリーをはてなブックマークに追加

 16日からハンガリーのブダペストで行われていたレスリングの世界
選手権では女子の吉田沙保里と伊調馨の2人が実力通りの戦い
ぶりで連覇を続けているだけでなく、48㌔級の登坂絵莉が初の金
メダルを獲得するなど金3に銅を1つ獲得したのに対し男子はフリー
&グレコを含めてメダル0に終わった。

 今大会は2月に五輪からの除外競技扱いを受けたものの、9月の
IOC総会でレスリングの残留が決定して盛り上がって迎えた大会
だった。

 ロンドン五輪の66㌔級で金メダルを獲得した米満が登場して
ないとはいうものの、男子はフリーとグレコローマンの全階級で
メダルを逃した話題は完全にスルーされている。

 確かにメダルの宝庫と化している女子をマスコミが どんどん取り
上げるのは分かるが、メダルを取れなかった男子は‘なかった事’の
ような扱いには首を傾げるばかり。

 スピードスケートなどでもメディアが取り上げるのはメダルの
望みがある500mの結果だけで、かつて それなりに戦えていた
1000が全く世界に通じなくなっている事実を隠蔽しているかの
ように取り上げようとしないのは第2次大戦中の大本営発表の
ようなもの。

 日の当たらない部分に花は育たないと言われるが勝っている間は
持ち上げ負け始めると全く取り上げないという報道スタイルでは
競技を育てるのではなく消費しているだけという形だ。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

レスリング世界選手権、取り上げるは女子ばかりなり

お邪魔致します。

つまり例えば、テレビのスポーツコーナーで、「男子レスリングは世界選手権でメダルを1個も獲得できませんでした」といった内容も報道もすべき、という主張なのでしょうか?
だとしたら、ソレは無理なお話でしょう。

スポーツに限らず、報道の枠は無限にある訳ではありませんから、世間の感心が高いスポーツやメダル獲得など大きな成果があった競技を優先で扱うのはマスコミとしても当然でしょう。
極まれに単発でマイナー競技を取り上げることはあっても、「男子はフリーとグレコローマンの全階級でメダルを逃した話題は完全にスルーされている」ことを
「‘なかった事’のような扱いには首を傾げるばかり」と批判するのは、まったくの的外れだと感じます。

そういうブログ主さんのブログ内容も、野球の話題が圧倒的に多いのに、ご自分で気づいていらっしゃない訳ではないと思いますが。
失礼ながら、コレなどは、ある年代以上の日本人男性に刷り込まれた『野球偏重』という「固定観念」の現れのように、私には見えます。

こんな記事も読みたい

【雑記】ラグビーアナライズ第5回リポート&10月1日はドラフト会議!【ラグビーライター向風見也の取材記】

IBMv栗田@秩父宮【Dream Rider  西山淳哉】

289†報知がDeベイスをすっぱ抜くネタはハズレ臭い。【【鯨感】】

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:2784
  • 累計のページビュー:14414149

(06月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss