スポーツ えっせい

2013世界柔道選手権を振り返ると

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロンドン五輪で金メダル1個という歴史的惨敗を喫しただけでなく、
今年の初めからはコーチの暴力&セクハラ問題に助成金の不正
流用疑惑事件まで起こしどん底に落ちて迎えた今年の世界選手
権は日本の柔道の立ち位置が どこにあるのかを実証する大会と
なった。

 結果的に男女合わせて金3、銀1、銅3という結果で特に女子は
91年バルセロナ大会以来の金ゼロに終わるという惨敗を喫した。

 とはいえ女子の場合は上層部のゴタゴタで試合に集中できて
ない感じだったので、こういう結果は十分に予想できたからマス
コミが騒ぐほどの事はないと思う。

 一方で男子は60・66・73と軽い3階級で立て続けに金メダルを
獲得したのに対し、81から上の階級になると90㌔級の銅メダリストの
西山将士ですらメダルに届かないという惨敗に終わった。

 プロ化が進んだ現在の柔道ではフィジカルが充実し軽い階級なら
何とかなっても重い階級になると圧倒されてしまう傾向が顕著に
なってきた。

 最近の五輪のレスリングで日本が獲得した最重量級の金は
74㌔級でメダルは90㌔級という事を考えてみると、日本が金を
獲得した大野将平の73㌔級というのも偶然ではないだろう。

 つまり現状ではレスリング同様80㌔を越えるとスピードやテク
ニックだけでなくパワーも必要になってくるし、足取り禁止のルール
改正の副産物で関節技での決着が目立っており日本勢も痛い目に
遭っている。

 これらの問題に どう対処するべきか井上康生監督以下の真価が
問われるだろう。

 ただしロンドン五輪で金3個を獲得したロシアや金2個の韓国が
金ゼロに終わったのに対し、イスラエルやコソボにアゼルバイジャン
など初めて金を獲得した国が出てくるなど世界のレベルが均衡して
いる中で日本が獲得した金3個は全体1位、総獲得メダルの7個も
フランスと並んで1位だったという事も忘れてはいけない。

 



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
柔道
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

脈々と受け継がれる情熱(2020年五輪開催地決定に向かって)【life is ball play 】

【仕事紹介】ラグビーマガジン10月号【ラグビーライター向風見也の取材記】

高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・【スポーツ えっせい】

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:2811
  • 累計のページビュー:15043348

(11月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss