スポーツ えっせい

代表監督が代わると、ここまで違うのか・・・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加

 26日からリオデジャネイロで始まった今年の世界柔道選手権は最初の3日間を
終えて男子では60㌔・66㌔・73㌔の軽い3階級が実施されたのだが、昨年のロン
ドン五輪で史上初の金メダル0に終わった日本男子が高藤直寿・海老沼匡に続き
大野将平もオール一本勝ちで3個の金メダルを獲得した。

 特筆するべきは60㌔級の高藤に続いて初出場での優勝で、3年後のリオ五輪に
向けて ようやく明るい日が差し始めた感じだ。

 これを見ると監督が代わると ここまで違うのかと思ってしまう。

 前任者は‘選手を叱る事ができる’という理由で起用されたようだが今時の
選手には理解できないような精神論の押し付けとスパルタ的な指導が目立ち、
ただでさえハードな代表合宿を増やしただけでなくケガなどによるコンディ
ションを無視したやり方で試合に臨むという状態だった。

 実際にロンドン五輪では他国の選手や首脳陣達は‘日本の選手達は精気が
ないし、かなり疲れてコンディションが悪そうだった’と口々に言っていた
という。

 プロ化してレベルアップした時代に選手のコンディションを無視してハードな
練習を押し付けて疲弊した状態では勝てるものも勝てないし、選手達の心も
首脳陣から離れていたというのも頷ける。

 コンディションの差というのは勝負の行方を左右する重要なファクターで、
ロンドンでも60㌔級の平岡拓晃と73キロ級の中矢力が決勝進出しながら敗れた
理由の1つではないか。

 今回の井上康生監督は現役時代にシドニー五輪の頂点とアテネ五輪の挫折を
経験しているし、引退後は海外にコーチ留学しコーチングの勉強を やっての
代表監督就任で選手達としっかりコミニケーションを取っているようだ。

 こういうやり方は組織内部の保守的な面々からは‘選手を甘やかしている
だけ’と不評だろうが、今時の選手は前任者のように精神論を頭ごなしに
強制しても反発しこそすれ心酔する事はない。

 そういう意味で現役時代の実績だけでなくコーチングの勉強をした井上康生は
代表監督には適任という事だろう。

 もっとも軽い3階級はロンドンでもメダルを獲得している階級で、むしろ
後半の重量級での結果が気になるところだが少なくとも試合をしている選手
達の表情も吹っ切れたように生き生きしているようだから3年後に光が差した
感じがする。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
柔道
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

松戸ジュニアラグビー練習会【Dream Rider  西山淳哉】

今回は強いニッポン柔道【Armar know Jack Bigwild】

【世界柔道リオ雑感③】ジュードーから柔道へ・3日連続金メダル【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:15113020

(12月13日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss