スポーツ えっせい

‘お家芸’復活の嬉しさよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロンドン五輪最終日に行われた男子レスリング・フリースタイル66㌔級で10アジア大会優勝者で昨年の世界選手権2位・米満達弘が金メダルを獲得し、88ソウル五輪以来24年ぶりの金メダル奪回となった。

 思えば今回の五輪はボクシングの48年ぶりの金メダルや女子バレー28年ぶりの銅メダルなど長いブランクを経て結果を出した種目が目立った。

 かつての‘お家芸’と呼ばれた種目が復活するのは嬉しい事だ。

 日本でメダルを量産する‘お家芸’といえば体操・柔道・レスリングに競泳らで、これらの種目で日本は多くの日の丸を挙げてきていた。

 ところが昨今は あらゆる種目の地盤沈下で日本発祥の柔道ですら無能な指導者が率いると今回の五輪のように金が1個も取れなくなるのが現状だ。

 4年前に女子レスリングがアテネに続いて金2・銀1・銅1という出場した全員がメダルを獲得したため現・東京都知事は‘女子は頑張ったが、男子は何をしているのか」とボヤいていた。

 確かに女子の成績は前記したものに対し男子の獲得メダルは銀1と銅1の2個に過ぎないし、出場した階級もフリーとグレコそれぞれ3人づつになっていた。

 そういう背景から都知事は件の発言をしたのだろうがハッキリ言って世界のレスリング事情を知らな過ぎる。

 以前のレスリングは各国から1階級に1人づつ出場できたのだがシドニー五輪から出場枠が20カ国に制限されたのだから出場するだけでも大変な事になった。

 なにせレスリング大国のイランを含めアジアの各国ではレスリングに力を入れているのに、旧ソ連の崩壊でウズベキスタンやカザフスタンなど中央アジアの国々がアジア枠に入ってきたのだからたまらない。

 更に階級も以前は11階級あったのがシドニー五輪あたりから現行の7階級に減ったため日本が得意な軽量級が以前は48㌔級や52㌔級が廃止され55㌔級のみになるなど逆風続き。

 一方の女子レスリングは世界に先駆けて30年ほど前から強化に力を入れているアドバンテージがあるし、アジアでは中東など宗教的な
問題から女性を出場させない傾向が強い。

 件の発言をした都知事をはじめ一般人もレスリングなど五輪の時しか興味を持たないので意外に知らてない。

 つまりレスリングの地盤沈下は今回の柔道のような不作為ではなく世界の事情が日本にとって一気に激変するような要因が潜んでいたのだから それを克服するために苦労していたのだが、07年にできた
トレセンなどのインフラのおかげで 幾らかマシな状況になってきたので ようやく復活のノロシを上げる事ができたのだ。

 以前 結果を残してきた種目ほど その時のノウハウが時代に合わなくなったにも拘らず首脳陣の一部が全盛時の強化ノウハウに固執してしまう傾向が特に前例主義の強い日本には多い。

 だから競泳のように改革に成功した競技は復活できるし、柔道のような旧態然とした強化法に固執していると世界から どんどん置いていかれるだろう。

 国際競争力のない競技は衰退する事を考えると各競技団体のトップは前例に囚われない柔軟な思考が求められるのだ。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
オリンピック競技
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【ロンドン五輪】バスケットボール競技! 決勝 アメリカ○107-100●スペイン 見ました。【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

許されてはいけないこと【スポーツ あ・ら・かると】

フル代表も忘れずに【スポーツ大好き聖人−燃え上がれ東北魂−】

【金】米満達弘。そして、ロンドン五輪閉幕。日本のメダルか過去最多の38個。【五輪ピックンミクス】

ロンドン五輪男子バレー最終順位&個人賞&個人成績(ロシア優勝) 2012-08-12【排球博客】

妖精が舞う姿を見て【Secondary Role】

【銅】清水聡、湯元進一。村田諒太は決勝へ。【五輪ピックンミクス】

【金】吉田沙保里【銀】なでしこジャパン。女子バレーは3位決定戦へ。【五輪ピックンミクス】

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:15117410

(12月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss