two-set-down

月別アーカイブ :2017年07月

ジョコビッチ、今シーズン残りすべての大会を欠場

こんばんは。 後ろ向きな記事を書いたところ多数のコメントをいただきました。 少し書き損ねてしまったことがあったのでコメントで補足しました。 あと、これは認めないといけないのですが、私の文章力はたぶん以前に比べて落ちていると思います。 テニスを見てすぐに文章にアウトプットするということを続けていた日常が消えてしまったことは、思った以上に自分に影響を与えているなと感じます。 多方面で言っていますが、しば......続きを読む»

伝説の瞬間と、差し掛かる焦燥感(その2)

珍しく内容を分割しました。 色々と試みているうちの一環です。 今シーズンはフェデラー、ナダルの2強状態というのがトレンドになっています。 主要大会は唯一ズベレフがローマで優勝しただけで、これも様々な要素が絡んでの優勝。この理由については後述します。 ではなぜこうなってしまったか?それを考えてみましょう。 この手の議論で最近よく聞く意見として、「長期的に休むことによって蓄積疲労が取れ......続きを読む»

伝説の瞬間と、差し掛かる焦燥感(その1)

7/16 現地14:00~(日本時間22:00~) Grand Slam 2000 The Championships Wimbledon Championship [3]Roger Federer 6-3 6-1 6-4 [7]Marin Cilic もちろんフェデラーは今大会の優勝候補筆頭でした。 しかし全盛期でもなしえなかった失セット0での優勝には驚きました。 まず......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icontwosetdown

  • 昨日のページビュー:395
  • 累計のページビュー:28353748

(10月09日現在)

関連サイト:オフィシャルツイッター(開設しました)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 試合結果とは違うこの試合が示す「その先」へ(2015カナダSF)
  2. 歴史は変わった~錦織圭、そしてラオニッチの初ツアーファイナルズがもたらすもの~
  3. 近づいてきた頂点の景色と、今後の希望(2016マドリードSF、ローマSF)
  4. 全仏のシード争い過熱!4月4週とランキング予測
  5. その時、新しいテニスがコートに降りた(2016マドリードQF)
  6. 目にしたその光景は、あまりにも受け入れがたいほどの圧倒だった(2015カナダQF)
  7. AlwaysFight(2016マイアミ回顧・決勝プレビュー)
  8. 【ドロー解説】2016全仏OPの展望
  9. 【ドロー解説】2015ウィンブルドンの展望その1
  10. リターンの鬼!難敵挑戦を退けて決勝へ!(2016マイアミSF)

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月09日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss