two-set-down

月別アーカイブ :2014年11月

オフシリーズ・閑話球題 ①ATPツアー、ランキングの仕組みその1

こんばんは。 今日から超大型新企画、テニスのオフシーズンを乗り切るための連載シリーズ、閑話球題がスタートします。 前回も書きましたが改めて今回の目的について。 ①ターゲット層はあくまで2014年中にテニス観戦を始めた・興味を持った人が対象 ②その人たちがここに基づいた正しい知識でほかの人と差をつけられる程度に詳しくなれるようにする ③古くからの観戦の方でもはっと気づかれるような内容も盛り込む予定......続きを読む»

フェデラー、バブリンカの想い~スイス初優勝、二人の矜持~

すっかり更新が遅れました。久しぶりの記事になります。 スイス、やりました。見事な勝利でデビスカップ初優勝です!! 展望記事ではフェデラーの背中のけがにかかっていると書きましたが、それ以上の様々な要素が絡んだ決勝で、今シーズンの主要大会の最終戦、面白い試合が続きました。 スイスのここまでの勝ち上がりを考えると、1回戦のセルビア戦(ジョコビッチなど欠く)はフェデラー1勝、バブリンカ1勝でダ......続きを読む»

デビスカップ決勝、今年は一味違う「背中」の重み

よくよく考えたら明日からデビスカップの決勝だということに気付いたので、先にこっちから話題を始めたいと思います。 楽天OP決勝のアーカイブはまたの機会に。 さてテニスのW杯とも言われる国別対抗戦デビスカップの決勝が週末行われます。 新参の錦織ファン、テニスファンにはなじみのない大会かもしれませんが、日本もこの1部に相当するワールドグループに所属しています。 日本は1回戦でラオニッチ、ポスピシルを......続きを読む»

【過去アーカイブ】決勝という異次元の場所で見た「完敗」?(2014全米OP決勝)

9/8 現地17:00~(日本時間翌日6:00~) Grand Slam 2000 US Open Final [10]Kei Nishikori 3-6 3-6 3-6 [14]Marin Cilic スコア上完敗でした。 またスコア以上の差も感じられる試合内容でした。 しかし私たちはもう知っているはずです、錦織圭はこんなレベルの選手ではないはずだと。 ではなぜここまで......続きを読む»

【過去アーカイブ】テニスの歴史が変わった日(2014全米OP準決勝)

※きのう書いたようにこれは過去の保存していた文章です。ファイナル決勝戦に関する最新の情報は記事の後半で書きます。別記事立てする予定でしたが、まさかあんな結末になるなんて… 9/6 現地12:00~(日本時間翌日1:00~) Grand Slam 2000 US Open SF [10]Kei Nishikori 6-4 1-6 7-6(4) 6-3 [1]Novak Dj......続きを読む»

ナンバー1が最後に与えた宿題(2014ツアーファイナルズSF)

11/15 現地20:00~(日本時間翌日5:00~) Barclays ATP World Tour Finals SF [4]Kei Nishikori 1-6 6-3 0-6 [1]Novak Djokovic 今シーズン、錦織が「これは負ける」という負け試合はいくつかあっても、「これは勝てただろうに…」という試合は数えるほどしかありませんでした。 最後の試合、フルセットで......続きを読む»

失うものはない!ナンバー1に1年間で2度目の勝利を!(2014ツアーファイナルズSFプレビュー)

ついに準決勝の4人が出揃いました。 凡戦が多かったとはいえこの12試合、毎日熱戦が繰り広げられました。まさにテニスのお祭りにふさわしい好ゲームばかりでした。 そしてその結果はなんとグループAもグループBも上位シードから順に1位、2位、3位、4位という結果になりました。 錦織は結果的には上位シードで入れたのがよかったのかもしれませんね。 というわけで準決勝はこのカードになりました。 デイセッ......続きを読む»

錦織、初出場ファイナルでベスト4あっぱれ!! ここまでの感想他

11/13 現地20:00~(日本時間翌日5:00~) Barclays ATP World Tour Finals Round Robin Group B Game6 [2]Roger Federer 6-0 6-1 [5]Andy Murray 総ポイント54対24。 強すぎでした。 デ杯のクレー調整ってなんですか… それくらい、フェデラーが強すぎです。 特に第1ゲームはマレ......続きを読む»

O2アリーナに現れた「フルセッターのサムライ」~価値ある2勝目、あとは結果待ちだ!!~

11/13 現地14:00~(日本時間23:00~) Barclays ATP World Tour Finals Round Robin Group B Game5 [4]Kei Nishikori 4-6 6-4 6-1 [9.alt]David Ferrer またしても、日本が、そして世界が震えました。 凡戦続き、全てストレート勝ちのツアーファイナルズ。 6-0、6-1の......続きを読む»

運命の第3試合、死のB組を突破するのは誰だ?(2014ツアーファイナルズ4日目)【対戦相手フェレールに変更!10:45追記完了】

こんにちは。 こんなファイナルがあるのか、と少し残念な気持ちになっている今日この頃です。 グループAの首位決戦、ジョコビッチ×バブリンカがまさかの6-3、6-0の大差となり、ジョコビッチの1位抜けはほぼ決定的になりました。 さらにマレー×ラオニッチ、ベルディヒ×チリッチもなんとストレートで決着がつき、ここまで8試合ストレートの試合しかありません。 4~9位はポイント的にも接戦でしたので正直かな......続きを読む»

王者が与えた試練…約1年ぶりの完敗で見えた「危険」(2014ツアーファイナルズ3日目)

11/11 現地14:00~(日本時間23:00~) Barclays ATP World Tour Finals Round Robin Group B Game3 [4]Kei Nishikori 3-6 2-6 [2]Roger Federer 人はなすすべなく負けた時、著しく成長するときと、そのまま自分を見失ってしまうとき、その2つに分かれます。 昨日のフェデラー戦、「......続きを読む»

フェデラーを相手に証明すべき「最強の挑戦者」の力(2014ツアーファイナルズ2日目)

「Gentleman Warrior」 また錦織圭が新しい異名を獲得しました。 今回のツアーファイナルズ初出場組で最上位、死のB組にありながら大会前から突破の可能性を十分に見込まれていた錦織圭に公式から「Gentleman Warrior」(紳士の戦士)という単語がよく使われるようになっています。ツイッターのハッシュタグにもなっています。 その錦織、次戦はフェデラーです。 ここで過去4試合を振り......続きを読む»

勝てない相手はもういない~錦織、マレーにストレート勝ちの「衝撃」~

11/9 現地14:00~(日本時間23:00~) Barclays ATP World Tour Finals Round Robin Group B Game1 [4]Kei Nishikori 6-4 6-4 [5]Andy Murray 日本に、そして世界に再び衝撃を与えました。 あの青いコート、すべてが青いあのツアーファイナルズに錦織圭がいる。 それだけでもにわかには......続きを読む»

錦織×マレーから開幕、初戦はどう戦えばいい?

こんにちは。 世紀の一戦まであと半日、待ち遠しいかぎりです。 グランドスラム以外の非日本開催の大会がBSも含めた全国ネットテレビ中継されるのはおそらく旧ツアーファイナルズのマスターズカップ以来ではないでしょうか。 いよいよ今日からバークレイズ・ATPワールドツアーファイナルズが開幕します。 そのシングルスのオープニングマッチに抜擢されたのが錦織圭とマレーです。 今日はマレー戦の展望とランキング試......続きを読む»

ファイナル出場選手紹介と、昨日のセレモニーの様子

こんにちは。 昨日のセレモニーよかったですね。まずはその様子からです。 初めてファイナルを観戦するという方も多いと思いますが、試合前からこの出迎えようです、これがファイナルの重みです。 各選手にVIPルーム、ネーム入り専用ロッカー、移動用ベンツ、ネーム入りシャンパンなど、とにかく国賓級の待遇で迎えられます。 そしてなんといってもその象徴が8人でのオーダーメードのスーツ着用による記念撮影です。 今年......続きを読む»

ここまでのツアーファイナルズ動向他

こんにちは。 昨日はすいませんでした。ネタはあったんですが。 さて今日までに入ってきている錦織圭関連の情報、ATPツアー関連の情報です。 まずサーブの状況が心配される本人のプレーの問題ですが、各方面の映像から、ストローク、ボレー、スマッシュの練習は確認しています。 また練習にも熱が入っており(当たり前といえば当たり前ですが)、流しながらの調整とかではなさそうなので十分回復しているものと推測さ......続きを読む»

コートが「速い」「遅い」って何?~サーフェスの本当の「違い」

こんにちは。 昨日のコメントで読者のまめのきさんが面白い質問をしてくださったので、今日はこの内容で書いていきたいと思います。 昨日コメントにも書きましたが舌足らずだったので説明すると、ファイナル、デ杯が終わればテニス界は1か月程度のオフシーズンに入ります。 他のスポーツについてもあれば更新していこうとは思いますが、まあ1か月の休息を補うネタとしては圧倒的に不足しているのも事実です。そこでその間は来......続きを読む»

死のB組は吉と出るか凶と出るか?2014ツアーファイナルズ組み分け展望

おもしろい組み合わせになりました。 実はツアーファイナルズの組み分けってジョコビッチをAグループ、フェデラーをBグループに固定したときにわずか8通りしかないんですよね。 その中でも面白いほうの組み合わせになったと思います。 昨日の速報コメントでも書きましたが、明らかにB組のほうがきついです。今のマレーは非常に危険な選手です。 しかし忘れてはいけません。日本以外の国の反応は「こっちに錦織か、こ......続きを読む»

ビッグ4時代は終わらないのか?驚異のパリ準決勝&決勝

11/1 現地17:00~(日本時間翌日1:00~) Masters 1000 BNP Pariba Open Paris SF [1]Novak Djokovic 6-2 6-3 [6]Kei Nishikori 11/2 現地15:00~(日本時間23:00~) F [1]Novak Djokovic 6-2 6-3 [7]Milos Raonic やはり......続きを読む»

歴史は変わった~錦織圭、そしてラオニッチの初ツアーファイナルズがもたらすもの~

アンフォースドエラー66本。 いやーひどい試合でした。 あえてこう表現しましょう。錦織の勝った試合の中でワーストマッチだったと。しかし、勝って得たものはベストマッチだったと。 どうやって勝ったのか、私には分かりません。ちゃんと書きますが、それが勝った理由の説明になっているかもわかりません。 ただ結論だけ言えば、最後に勝者としてコートに立っていたのは錦織圭だったということです。......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icontwosetdown

  • 昨日のページビュー:158
  • 累計のページビュー:28404414

(12月16日現在)

関連サイト:オフィシャルツイッター(開設しました)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 試合結果とは違うこの試合が示す「その先」へ(2015カナダSF)
  2. 歴史は変わった~錦織圭、そしてラオニッチの初ツアーファイナルズがもたらすもの~
  3. 近づいてきた頂点の景色と、今後の希望(2016マドリードSF、ローマSF)
  4. 全仏のシード争い過熱!4月4週とランキング予測
  5. その時、新しいテニスがコートに降りた(2016マドリードQF)
  6. 目にしたその光景は、あまりにも受け入れがたいほどの圧倒だった(2015カナダQF)
  7. AlwaysFight(2016マイアミ回顧・決勝プレビュー)
  8. 【ドロー解説】2016全仏OPの展望
  9. 【ドロー解説】2015ウィンブルドンの展望その1
  10. リターンの鬼!難敵挑戦を退けて決勝へ!(2016マイアミSF)

月別アーカイブ

2017
10
08
07
06
05
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss