two-set-down

歴史は変わった~錦織圭、そしてラオニッチの初ツアーファイナルズがもたらすもの~

このエントリーをはてなブックマークに追加

アンフォースドエラー66本。



いやーひどい試合でした。 あえてこう表現しましょう。錦織の勝った試合の中でワーストマッチだったと。しかし、勝って得たものはベストマッチだったと。




どうやって勝ったのか、私には分かりません。ちゃんと書きますが、それが勝った理由の説明になっているかもわかりません。 ただ結論だけ言えば、最後に勝者としてコートに立っていたのは錦織圭だったということです。


4試合すべて見ました。はっきり言って体はボロボロです。私の方がですが。 しかしこの4試合、本当に素晴らしい試合ばかりでしたし、全部見たからこそ最後の錦織戦の感動はひとしおです。


今日がとてつもない1日になるというのは第1試合からなんとなくその空気を感じさせていました。

過去11戦11敗のアンダーソン、正直凡戦が予想されたにも関わらずベルディヒに最後まで喰らいつきました。 ベルディヒもよくはなかったのですが、最終的にサービスゲームの引き出しの多さが勝敗を分けました。 3球目までに攻撃を決めないと厳しかったアンダーソンは勝負どころでポイントが取れず、無念の敗退となりました。 自己最高位、初のマスターズ4強のかかった試合、しかしそれに臆することなく、最後まで闘志を見せてくれました。

2時間34分、ビッグサーバー同士の二人の対戦としては異例の長さでした。 これでベルディヒがファイナル進出、残る椅子は2つになりました。



そして第2試合、奇跡は起こりました。 ラオニッチがフェデラーにストレート勝ちです。

原因ははっきりしています。フェデラーのリターンを完璧に崩したところにあります。 これまで6戦全勝のフェデラーでしたがビッグサーバー相手に勝つ秘訣はブロックリターンです。これで相手のサーブを無効化して、ラリーで押し切る。 ところがラオニッチはフェデラーにほとんど効果的なリターンは与えず、エース量産。 フェデラーはコースの読みもいいのでエースを打たれることは少ないのですが、この日は2セットで21本。完全に主導権を握り、ブレークポイントも与えませんでした。

この日のラオニッチのプレーは絶対にファイナルに行くという強い気持ちが入っていました。はっきり言って全米のチリッチかそれ以上の確変状態に入り、同じラオニッチで比較すればウィンブルドン錦織戦のような感じで手が付けられないといった感じでした。

特にサーブからの3球目攻撃や、強力なカウンターはフェデラーを苦しめました。決してサーブのみではないプレイヤーへの成長を感じました。

私はラオニッチにファイナルに進出してほしくないと思っていました。ただそれは昨日までです。 理由はトップ10対戦で今期1勝しかしていないからです。勝ったのも復帰途中で春先不調だったマレー。 シンシナティでフェデラーに赤子の手をひねるようにゲームをコントロールされ敗れたあのラオニッチです。昨日のラオニッチは別人でした。

正直あの確変状態は誰も止められないと思います。タイブレークにチャンスはあったかもしれませんが、フェデラーがリターンの影響で満足にストロークを打てず、結果ミスを誘発されました。 ビッグサーバーは相手にストロークを打たせないことでリズムを崩していく、そういう効果もあったのかと思いました。

ラオニッチは一つの壁を超えました。下位選手には無双できてもトップ選手に勝てなかった壁。 彼こそ、ツア-ファイナルズに行くのにふさわしい選手です。

6ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
テニス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

歴史は変わった~錦織圭、そしてラオニッチの初ツアーファイナルズがもたらすもの~

疲労がたまっているのと、もう決勝も近いので、準決勝と決勝については明日まとめて書きます。楽しみにしていただいてた方申し訳ありません。

「歴史は変わった~錦織圭、そしてラオニッチの初ツアーファイナルズがもたらすもの~」へのコメント

準決勝見たんですけど、用事だらけで夕方まで更新できません。

というか、真剣に休みたい…(ブログじゃなくて)
錦織以外の試合も追うと、かなり体力使いますね。ファイナルに向けていい予行演習になりました。

歴史は変わった~錦織圭、そしてラオニッチの初ツアーファイナルズがもたらすもの~

twosetdownさん
びっくりしました。凄い記憶力ですね。
ありがとうございます。

今日はK の方がいい表情してますね。

歴史は変わった~錦織圭、そしてラオニッチの初ツアーファイナルズがもたらすもの~

いかさまさん

今日のラオニッチはストロークが入ってないですね。エースが決まってる時はいいんですが、ラリーに持ち込まれると結構苦しんでいる印象です。

ファイナルインしましたが、果たしてどっちが勝つのでしょうか。ちょっと今の段階では分からないですね。

こんな記事も読みたい

〔祝:錦織最終戦決定〕フェレール撃破!今年3度目の死闘は大逆転勝利【TENNIS LOVERS】

パリの死闘、広島の混戦【暇人の観戦記】

〔錦織VSフェレール!〕 パリMSはいよいよ勝負の準々決勝へ【TENNIS LOVERS】

ブロガープロフィール

profile-icontwosetdown

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:28404257

(12月16日現在)

関連サイト:オフィシャルツイッター(開設しました)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 試合結果とは違うこの試合が示す「その先」へ(2015カナダSF)
  2. 歴史は変わった~錦織圭、そしてラオニッチの初ツアーファイナルズがもたらすもの~
  3. 近づいてきた頂点の景色と、今後の希望(2016マドリードSF、ローマSF)
  4. 全仏のシード争い過熱!4月4週とランキング予測
  5. その時、新しいテニスがコートに降りた(2016マドリードQF)
  6. 目にしたその光景は、あまりにも受け入れがたいほどの圧倒だった(2015カナダQF)
  7. AlwaysFight(2016マイアミ回顧・決勝プレビュー)
  8. 【ドロー解説】2016全仏OPの展望
  9. 【ドロー解説】2015ウィンブルドンの展望その1
  10. リターンの鬼!難敵挑戦を退けて決勝へ!(2016マイアミSF)

月別アーカイブ

2017
10
08
07
06
05
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss