two-set-down

錦織圭、ついに復帰大会が決まる!!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

少し記事公開が遅くなってしまいましたが、錦織圭の復帰大会が発表されました!

あえてタイトルを全豪欠場にしなかったのは、ブリスベン、シドニーを欠場した地点であまり期待していなかったからです。 それよりも、多くの人にとって復帰大会がほぼ確定的になったニュースのほうが喜びと、そして何より驚きをもって迎えられたと思うからです。

まずは事実を並べますが、錦織圭から全豪欠場のアナウンスがありました。 また、日を別にしてマレーからも全豪欠場のアナウンスがありました。 この二人に関しては、公式戦の前哨戦に全く出なかった地点で全豪に出る可能性は薄いかなと思っていました。 マレーについては11月にフェデラーとエキシビジョンができているので一番早く戻ってこれそうな雰囲気もありましたが、1月にムバダラでアグーに大敗しており、まだ本調子とは言えないのでしょう。 実際マレーにしても錦織にしても、出れば実は初戦突破くらいはできる状態にはあるんじゃないかなと思います。 ただGSは5セット。付け焼刃な状態で出る大会でもないし、目指す目標が高い位置である以上、今の状態で出るのはいたずらに回復を遅らせるだけなので、双方とも賢明な判断だと思います。 現在メルボルンで練習をしているナダル、ワウリンカ、ジョコビッチも正直ふたを開けないとわからないというのが現状で、3人ともまだエキシビジョン以上のグレードで今期試合をしていない状態です。ボールは打てても公式戦を戦うには不十分という可能性は考えられ、全豪1回戦が終わるまでは予断を許さない状況です。


という錦織の現状で、新たに出場大会が発表されました。 それがシーズン4週目、ニューポートビーチチャレンジャーと、シーズン5週目、ダラスチャレンジャーへの出場です。 ATP公式特集記事

私はこのニュース、以下の3点で驚きました。


①チャレンジャーからの復帰 ここ最近トップ10を経験した選手の復帰は、ほとんどPRやWCを使った(もしくはランク落ちてもDAできているので普通に)ATP250~500クラスの大会の出場がほとんどです。 つまり、いきなりトップ100以内の選手と立て続けに戦っても、実戦慣れ、調整が可能という判断をしているということです。 初戦負けするリスクもありますが、多くの選手はこのパターンで復帰をしています。 錦織が今回出場する4週目は全豪2週目で、中堅選手のごくわずかなエントリーがあるのみで、確認しているエントリーリストでは(1/8 12:00現在)最高は79位のティアフォー、最終DAは193位のアンドレオッシです。 正直錦織がいい時の6割くらいの状態でも難なく優勝してもおかしくない中、非常に慎重な判断をしているということです。 また5週目もデ杯ウィークということで多くの選手が世界各地に出払っている状態で、エントリーリストを確認できていませんが(今週発表?)とても厳しいフィールドになるとは思えません。 もちろん200位付近の選手でも今シーズン早速大物食いが続いていますので油断は禁物ですが、錦織はまず昨年負けが込んだことも含めて、勝つイメージをつけたいのだなと私は考えています。 2週連続優勝できればいいですが後の負担を考えても微妙なところで、どちらか一つで優勝を目指すというのが現実的かなと思います。


②デ杯回避 実は私は全豪を飛ばしてデ杯から出る可能性も考えていました。 年が明ける前くらいでは ブリスベンorシドニーから復帰 40% 全豪ぶっつけ 5% デ杯から復帰 10% ニューヨークから復帰 45% これくらいで見積もっていました。 デ杯は錦織が好きな大会の一つで、本人のやる気も十分です。 これまでもキャリアのターニングポイントになることも多く、5セットマッチであることを除けば時期的にも条件はいいと思っていました。 今回デ杯をスキップして裏のチャレンジャーに出たのは、日本チームが錦織抜きでも勝てる可能性を十分に秘めるチームになったことと、デ杯が好きな大会だからこそそれをスキップしてでも自分の復帰を最優先に考える、この考えがあったからでしょう。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
テニスのニュース
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

錦織圭の復帰は1/22ニューポート・ビーチ・チャレンジャー2018が有力!【0 to zeroのhorizon】

最後の挨拶【スコッチを片手に】

錦織の復帰はいつ!? ブリスベン、1月のシドニー欠場が決まる…【0 to zeroのhorizon】

ブロガープロフィール

profile-icontwosetdown

  • 昨日のページビュー:3987
  • 累計のページビュー:28499494

(01月17日現在)

関連サイト:オフィシャルツイッター(開設しました)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 試合結果とは違うこの試合が示す「その先」へ(2015カナダSF)
  2. 歴史は変わった~錦織圭、そしてラオニッチの初ツアーファイナルズがもたらすもの~
  3. 近づいてきた頂点の景色と、今後の希望(2016マドリードSF、ローマSF)
  4. 全仏のシード争い過熱!4月4週とランキング予測
  5. その時、新しいテニスがコートに降りた(2016マドリードQF)
  6. 目にしたその光景は、あまりにも受け入れがたいほどの圧倒だった(2015カナダQF)
  7. AlwaysFight(2016マイアミ回顧・決勝プレビュー)
  8. 【ドロー解説】2016全仏OPの展望
  9. 【ドロー解説】2015ウィンブルドンの展望その1
  10. リターンの鬼!難敵挑戦を退けて決勝へ!(2016マイアミSF)

月別アーカイブ

2018
01
2017
10
08
07
06
05
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss