two-set-down

ここが私の墓場(スポナビブログ終了に際して一言) その1

このエントリーをはてなブックマークに追加

先ほど、ブログ終了のお知らせを耳にして、慌ててこの更新画面を久しぶりに開けました。


正直、まだ気持ちが整理できていません。 ここ2年ほどは自分の力のなさのため、そして事情により更新頻度が大きく落ちていました。 前身のブログから通算して4年以上、私の人生の転換点になった存在がここでの活動でした。

私というよりはここ4年でテニスを取り巻く環境が大きく変わり、その中で偶然にもあの錦織フィーバーの前からやっていたブログだったということが、私をここまで押し上げてきたと思っています。 私は何もしていません。たまたま運がよかっただけです。



ここでの活動では多くのことを学ぶことができました。 不特定多数に文章を伝えることの難しさや、対人関係をどうしていくかなど、インターネット社会の怖さとも向き合いました。 その結果いいことばかりでもなく、もしかしたらブログを書いていたことがここ数年の体調不良に影響しているのでは?と疑う時期もありました(現在のところ、結果的には違ったのかなと判断しています。病状などについてはまた別所でアナウンスします)。

私のやりたかったことは、たぶんほとんどできたと思っています。 4年前、スポーツナビのネットニュースを見ていた時、ふと飛び込んできた「無料でスポーツナビ+ブログをはじめよう!」という文字。 あそこでクリックしていなかったら、今の私はなかった。 あの時なぜクリックしたのか?その答えはtwo-set-downとして戻ってきた最初にちゃんと書いていました。


≪「と同時にツイッターを始めとした様々な反応を通じて、今まで自分がやってきたことの大きな影響を再確認し、ブログをやってきてよかったと思いました。 伝えられることは伝えられた、私のブログによってテニスのおもしろさに気づけた方もいらっしゃったかと思います。 間違った報道をここで訂正することもでき、正しい認識に繋げられたかと思います。」≫


私がやりたかったことは、 ①面白いことを「面白い!」と伝えること ②その仲間を増やすこと ③昨今の報道姿勢に鋭いメスを入れ、様々な謎や疑問を徹底的に究明すること←分かる人は笑うところです この3つでした。

幼少期、私はそこそこ学校にも友人がいましたが、学校で会っても話す話題は前日のバラエティ番組。スポーツの話題なんてなかった。 阪神ファンはいたけれども、ほかのスポーツとなると誰とも話せない。 家に帰ってもスポーツ中継があればスポーツ中継を見ていた私にとって、それはとても残念なことでした。 自己完結していた趣味だったのが、ここの活動を通じて、多くのテニスファンと出会うことができました。 つうといえばかあ、間違えたラインジャッジにはコレクションが返ってくる、そんな空間に自分の身を置けることが何よりも嬉しかった。

そして、2015年後半以降、自分がそれに応えられなくなり、同時にこのころからスポナビブログ全体も少しずつしぼんでいったように感じていました。 私がスポナビブログのトップを飾るようになった時期に、「プロ野球死亡遊戯」の中溝さんがプロライターになり更新頻度が大きく落ち、その後私がスポナビブログ全体を盛り上げていくんだ!みたいなことを思っている時期もありました。そういえばこの頃にTENNIS LOVERSさんもいなくなってしまったんですよね… 孤独に引っ張っていく覚悟を決めつつ、自分の人生とも向き合わなければいけない中で私もいろいろと考えました。詳細は長くなるので次の記事に回します。 その結果、私は自分の人生を優先することにしました。私生活を大事にして、ブログの更新頻度を大幅に落としました。そしてもう一つ。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
その他
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

ここが私の墓場(スポナビブログ終了に際して一言) その1

これまで素晴らしい記事をありがとうございました。
そして、これからも楽しみにし、応援しております。

私事ですが、しばらく公私ともに厳しい時期を過ごしていた時、
two-set-downさんの気持ちの入った記事から熱が伝播し、
ATPツアーという新たな楽しみを得ることができました。

なんとか厳しい時期を切り抜けることができたことに、
少なからずこのブログから感じる熱量が関係あったように思っています。

そんな人は、きっと私以外にも多いのではないか、と勝手ながら思っております。


ここが私の墓場(スポナビブログ終了に際して一言) その1

はじめまして、私50代半ばのスポーツ全般にTV観戦を楽しみにしている一般市民デス。
私自身幼少期より嗜んだサッカーは何より好きですが、時代は激動の昭和でしたから野球は王、長嶋のV9、
サッカーはクライフに釜本、ボクシングはアリに具志堅と・・・数え上げればキリがありませんが
テニスに至ってはボルグ、マッケンローからハマり伊達さんベッカーの辺りまで、
とにかく何時の時代も憧れて待ちつずけ心揺さぶられる、そうですヒーロー待望論者デス。
そこに現れたのが錦織君でした、始めの頃などはテニスのルールなどすら記憶がおぼろげで
ダウンザラインて何って感じでしたが色々な方のブログを拝見している中に貴方が現れました、
細やかな分析にウーンと唸るほどの納得する解説に展望、それ以降私のテニスのバイブルであり解説者でありました、
スポーツ解説ではゲットスポーツやナンバーなど好きでしたがそのスジの人がプライベートで投稿してると思ったくらいです。
本当に楽しませていただき有難うございました、これからのご活躍期待してますよ。
そして数年のうちに錦織君がグランドスラムのファイルでtow set downからの逆転優勝した暁には
貴方を思い返して祝盃片手に「先生にカンパイ」!




ありがとうございました

私は錦織圭の事はtwosetdownさんから教えていただきました。
錦織が活躍した時、惜敗した時、惨敗した時、何よりこのブログにアクセスし、解説を楽しみにしていました。本当にありがとうございました。
ブログの文面からtwosetdownさんの人柄も伝わってきて、大変誠実な方なのだろうなぁと感じておりました。
twosetdownさんのペースで、どこかで頑張っていただけたらと思います。

ここが私の墓場(スポナビブログ終了に際して一言) その1

スポナビテニスは、生活の一部になりつつありました。

自宅ではPCで、外出先や移動中ではスマホで、わずかな時間があれば、とりあえずヤフーから入ってチェック。数名の優秀なコラムにコメントしたり。基本はROMでも、十分にテニスを楽しくなった。30年ぶりにテニスも再開したのは、ここの影響はかなり大きいです。

SNSに比べれば運用コストは小さいでしょうし、スポナビ自体が何かと統廃合するという雰囲気でもなければ、閉鎖(どこかと統合ではなく!?)するというのは、まったく理由がわかりません。

ただこうして久しぶりにTSDさんの文字に触れられたのはよかったです。とはいえ、TSDさん以外にも、数名のすばらしい方々がおられる中で、それが横断的に読める場所がなくなるのは、ただただ残念です。

ワイズスポーツさん、どんな意図なんでしょう。単なるコスト削減などではもちろんないですよね?

関係ないですが、TSDさんには、テレビのテニス中継の副音声などで実況解説などしてもらいたいと思ってました。楽しいでしょうね。

そして、スポナビテニスの「ライター」の皆さまに、感謝です。

こんな記事も読みたい

【2017年10月】北欧シリーズATP250三大会のレベル格差 & バーゼルとウィーン【"テニス"感覚観戦】

杉田のスイス・インドア初戦【change-the-flow】

スイス・インドア2017 ドロー発表 杉田祐一、フェデラーなどの組み合わせが決定!【0 to zeroのhorizon】

ブロガープロフィール

profile-icontwosetdown

  • 昨日のページビュー:556
  • 累計のページビュー:28397496

(11月21日現在)

関連サイト:オフィシャルツイッター(開設しました)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 試合結果とは違うこの試合が示す「その先」へ(2015カナダSF)
  2. 歴史は変わった~錦織圭、そしてラオニッチの初ツアーファイナルズがもたらすもの~
  3. 近づいてきた頂点の景色と、今後の希望(2016マドリードSF、ローマSF)
  4. 全仏のシード争い過熱!4月4週とランキング予測
  5. その時、新しいテニスがコートに降りた(2016マドリードQF)
  6. 目にしたその光景は、あまりにも受け入れがたいほどの圧倒だった(2015カナダQF)
  7. AlwaysFight(2016マイアミ回顧・決勝プレビュー)
  8. 【ドロー解説】2016全仏OPの展望
  9. 【ドロー解説】2015ウィンブルドンの展望その1
  10. リターンの鬼!難敵挑戦を退けて決勝へ!(2016マイアミSF)

月別アーカイブ

2017
10
08
07
06
05
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss