two-set-down

伝説の瞬間と、差し掛かる焦燥感(その2)

このエントリーをはてなブックマークに追加

珍しく内容を分割しました。 色々と試みているうちの一環です。




今シーズンはフェデラー、ナダルの2強状態というのがトレンドになっています。 主要大会は唯一ズベレフがローマで優勝しただけで、これも様々な要素が絡んでの優勝。この理由については後述します。

ではなぜこうなってしまったか?それを考えてみましょう。

この手の議論で最近よく聞く意見として、「長期的に休むことによって蓄積疲労が取れる」があります。 そして錦織に限らず多くの選手に対して休んだらどうだろうという意見を聞きます。 私はこの類の意見には一部賛同しますが、本質的な部分では同意できないというのが正直なところです。

少しフェデラー、ナダルの復帰前、復帰後の状況を見てみましょう。

まず、フェデラーは16年全豪後にひざを痛めて2月シリーズを欠場。その後何度か大会に出たもののフットワークはとてもいい状態とは言えず、ウィンブルドン準決勝で転倒してしまい、その後のプレーは痛々しいものでした。 そして半年間じっくりとひざや体の治療に充て、17年1月のホップマンカップで復帰。相性のいいガスケに圧倒したかと思えば、その後はベルディヒ→錦織→ズベレフ(兄)→ワウリンカ→ナダルに5連勝しての圧巻の全豪優勝。そして今シーズン未だ2敗、圧倒的な成績で勝っています。

そして、全豪後にけがをする前、フェデラーのランキングは3位でした。

次にナダルですが、ナダルは15年終盤戦を盲腸の手術で欠場。復帰後は悪くない成績で進行していたものの、クレーシーズンで手首痛に苦しみ、一番大切な大会である全仏を途中棄権。五輪で復帰するものの試合過多がたたり、シーズン終盤戦を治療に充てるために欠場。

そして、16年全仏前(ローマ後)、ナダルのランキングは5位、レースランキングは3位でした。(ランキングが低いのは、15年終盤に欠場あったためというのが理由の一つでしょう)

3位という数字がポイントで、これらのランキングの時に常に上にいたのがジョコビッチ、マレーでした。 フェデラー、ナダルが復帰した17年、この二人は信じられない失速状態に陥ってしまい、代わりにフェデラー、ナダルが2強状態。 もしジョコビッチ、マレーが去年の状態であれば今年はBIG4が単純に4強状態だったかもしれません。

何が言いたいかと言えば、フェデラーもナダルもけがからの復帰をしたに過ぎず、その結果、けがをする前のBIG4の状態に戻っただけなのです。 休んだから「元の状態よりもはるかによくなる」ということではないのです。 過去のBIG4の復帰事例を見ても、基本的にはBIG4がほかの選手より優れたテニスをするために驚異的なランキング上昇が起きているだけで、構造としては同じものが続いています。

つまり、これはほかの選手にも言えることで、状態が普通以上のBIG4と互角のテニスをできる選手がいない以上、あくまでその選手のキャリアハイ状態までは戻ることはできても、その上に到達することは全く別の問題なのです。



伝説の時代と言えるBIG4時代、しかしその時代に引導を渡せる選手は今のところ見当たらないというのが現状です。 そして、今後このまま行くと男子プロテニスはどうなるのか。

今のままでは、強いテニスでツアーを席捲できる選手がいない冬の時代が来てもおかしくありません。 新時代を統べる者としてズベレフを挙げる声は増えてきていますが、まだ彼はGSのQFにも進めていません。 私はやはり現行のATPのツアーシステム、さらに5セットマッチ7試合の特殊性からやはりGSで勝てない選手は厳しいという意見を持っています。 まだ20歳のズベレフですのでもちろんこの先はもっと勝ち上がるとは思いますが、現状ではまだ大きな期待ができないというのは本音です。 そのほか本来であればキャリアのピークを迎えているべき「YOUNG GUNS」世代もピリッとしません。 14年に大きな波を起こしてから3年、彼らはいまだ30代に突入したBIG4のレベルに到達していません。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
テニス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

伝説の瞬間と、差し掛かる焦燥感(その2)

そしてBIG4自身のプレーレベルの低下によって混沌としたとき…
その時のATPツアーは、果たして面白いのでしょうか?

同感です
2008年のウィンブルドン決勝 フェデラーVSナダル のビデオを見た後で、今行われているシティオープンの様々な試合を見た時・・プレーレベルが全く違う事に愕然とします。
シティオープンのティエム、ズベレフ、錦織、ラオニッチ・・見ていて驚きのプレーはある事はありますがその驚きのプレーは続かないのです。見ていて楽しく凄いと思わせるラリー、ボレー、守備、ドロップショット等、多彩な技の連続が見る人を引き付けるのだと思いますが、彼らには観客を興奮させる魅力あるプレーが時折見られる程度です。
観客の興奮するプレーが連続するいう点から見た時、Big4には敵わないと云う気がします。

伝説の瞬間と、差し掛かる焦燥感(その2)

hama78taka(はまちゃん)さん

おっしゃる通り、結局、nextgenのさらに向こうの世代まで時間がかかってしまうということなのかもしれません。
もちろん今のnextgen世代は25~28歳になるころにはBIG4が35~40歳になっているので混沌を抜け出していると信じていますが…


servingforthematchさん

私たちが実際にテニスをするわけではないので、もちろんどうしようもないのですが、未来のATPツアーを本当に面白いと思えるのか?と言われると100%首を縦に振れる状況ではないのは確かです。


kannsenndaisukiさん、octoberさん

>そしてBIG4自身のプレーレベルの低下によって混沌としたとき…
その時のATPツアーは、果たして面白いのでしょうか?

面白いと思いますよ。ATPツアーは生き物ですから、変動もあるでしょうが、だから面白いと思います。

とkannsenndaisukiさんのように思える方にとっては私の記事はずいぶんとネガティブかもしれません。
私のスポーツ観戦において面白いと思える要素は「レベルの高い競争が行われている時」で、王者不在時代、また単独の絶対王者時代にはあまり魅力を感じないタイプの人間です。
なので、今後レベルが低下し、いい勝負が見られないとなるとどうしても憂慮する気持ちになってしまいます。


clumさん

>ただ、例えば錦織選手に関して「休んだらどうだろう」と意見されている人々のほとんどは、休養が劇的な強化をもたらすわけではないことも、依然BIG4が高い壁であることも承知のうえだと思うのですよ。

ここに認識の違いがありました。
私が見ている各種の意見を見ると、まるで休めばBIG4に勝てると思っている人が相当数いると感じられたのです。
結局この記事で言いたかったことは、これだけです。
風呂敷を広げすぎた結果そのような印象を与えてしまったとしたら、私の文章離れ、勘の鈍りが原因だと思います。

最終段落についての私の意見は上のコメントに書いた通りです。
また、フェデラーとナダルの対決も今年のGSでは全豪のみ。また全仏WB決勝はどちらも大差での決着となりました。
私が懸念しているハイレベルな好勝負が減ってきていることの一例ではないでしょうか。

伝説の瞬間と、差し掛かる焦燥感(その2)

記事の序盤、「錦織に限らず多くの選手に対して休んだらどうだろうという意見を聞きます。私はこの類の意見には一部賛同しますが、本質的な部分では同意できないというのが正直なところです」という文を読み、(太字強調までするくらいだから)果たしてどのような切り口で「長期休養案」に反論するのか、また、同意されないのであればどのような代替案(あるいは現状維持推奨ならばその理由)を提示されるのだろう、と興味深く読み進めたのですが。

しかし記事を読む限り、「長期休養を取ったところで、怪我が治ったり、良くても当人のベストの状態に戻るだけで、パワーアップして帰ってくるわけではない。それだと結局地力で敵わない(普通以上の状態の)BIG4には勝てない(からあまり意味がない)」というのが主な理由のように受け取れ、また、休養以外の方策があるのかあるいは現行のままのツアー日程消化で良いのかについての言及もなく、少し残念でした。

まあ、そもそも「なぜ今シーズンはフェデラー・ナダルの2強状態になってしまったか?」が論点で、他選手の長期休養案は事のついでのようのものだから仕方ないのかもしれませんが。

ただ、例えば錦織選手に関して「休んだらどうだろう」と意見されている人々のほとんどは、休養が劇的な強化をもたらすわけではないことも、依然BIG4が高い壁であることも承知のうえだと思うのですよ。
そうでなくて、怪我が原因でプレーに精彩を欠いて負ける、怪我を理由に途中棄権するといった、不完全燃焼な敗退は、応援する者にとって(もちろん選手当人にとってもでしょうけれど)やはり消化不良なもので、それが現状で断続的に起こるくらいならば、いっそ思い切って長期休養をとって故障個所を治し心身ともにリフレッシュして帰ってきてほしい、というのが主な理由だと思うのです。

冒頭に提示された「なぜ今シーズンはフェデ・ナダ2強なのか?」に関して、記事では、
「2人とも16年中盤~終盤あたりに長期休養をとり怪我の治療等に充てる」→「17年に復帰」→「あくまで怪我をする前の状態に戻っただけで特別に強化されたわけではない」→「でもその状態の2人に地力で勝る選手が今のところいない」
というように書かれています。
つまり、2人は「長期的に休んでしっかり怪我を治すことによって、自身らの地位を脅かしかねなかった若手の挑戦を跳ね返せる状態まで戻した」わけで、そういった意味では長期休養の有用性については認めてらっしゃるように思えるのですが。


また、4人のうち2人(ジョコ・マレー)が本調子でないBIG4の牙城を他の選手がそれでもなお崩せない今を「2年前より悪化」と表現されていることからも、現状を憂うべき状態と認識されているようですが、うーん、2007や2008のウィンブルドン決勝でテニスに魅了された身としては、今シーズンのフェデラー・ナダルのカムバックはとても嬉しく、感動的でもあるのですが、いかがなものでしょう^^;

「伝説の瞬間と、差し掛かる焦燥感(その2)」へのコメント

いつも拝見させて頂いています。
けが等で今一つの調子であれば、どの選手も思いきって完治したと言えるくらいになるまで休むほうがいい結果が出ると思います。何故なら不安があると、どうしても100%の力を出せないと思いますし、不安のある所を知らず知らずのうちに庇って、更にけがを負うことになりかねないからです。
一番最悪なのは、中途半端に休んで不安は残っている状況だと思います。
ナダルもフェデラーも不安がないため全力を出せて今期の結果になっていると思います。
Big4のうち3人を倒して優勝するのは難しいです。必ず誰かが立ち塞がるのが今のツアーですが、支配しているかというと疑問です。

冬の時代とはどんな意味でしょうね?群雄割拠で上位の誰でも優勝の可能性がある時代でしょうか?(少し前の女子のように)
それはそれで面白いですけど。下手に今の男子ツアーのように優勝者が想像出来る時代よりも。

こんな記事も読みたい

ロジャー・フェデラーは伝説の選手に肩を並べたか…!? 復活の手ごたえを感じた試合は錦織戦!?【0 to zeroのhorizon】

【2017ウィンブルドン】今年のWBは荒れるシーズンの象徴!? 際立つフェデラーの強さ! 不調錦織選手の本当の強さはどの辺?【"テニス"感覚観戦】

各種ランキング(2017/7/17)【いろいろな試算を少し本格的にやってみる。】

ブロガープロフィール

profile-icontwosetdown

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:28357262

(10月22日現在)

関連サイト:オフィシャルツイッター(開設しました)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 試合結果とは違うこの試合が示す「その先」へ(2015カナダSF)
  2. 歴史は変わった~錦織圭、そしてラオニッチの初ツアーファイナルズがもたらすもの~
  3. 近づいてきた頂点の景色と、今後の希望(2016マドリードSF、ローマSF)
  4. 全仏のシード争い過熱!4月4週とランキング予測
  5. その時、新しいテニスがコートに降りた(2016マドリードQF)
  6. 目にしたその光景は、あまりにも受け入れがたいほどの圧倒だった(2015カナダQF)
  7. AlwaysFight(2016マイアミ回顧・決勝プレビュー)
  8. 【ドロー解説】2016全仏OPの展望
  9. 【ドロー解説】2015ウィンブルドンの展望その1
  10. リターンの鬼!難敵挑戦を退けて決勝へ!(2016マイアミSF)

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss