two-set-down

【week preview】2017week25ドロー解説

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。 なかなか安定して更新できないまま時間が経ってしまいましたが、今週から定期更新を欠かさないように努力…したいと思います…

さて、まずは報告です。こちらでの宣伝をあえてこれまでしていなかったのですが、このたびコミュニティFMラジオ局「湘南マジックウェイブ」の番組にテニスのコメンテーターとして不定期に出演させていただくことになりました。 新しい形での情報発信ということで非常にわくわくしていると同時に、向こうで当ブログの宣伝をしたので引くに引けなくなってしまいました…



2016年に更新方針を一応定めたのですが、長期間にわたり安定した更新が不可能な状況でした。 これからは出来る限りこの時記したように ・weekプレビュー ・weekレビュー ・ランキング試算 の要素は欠かさずに更新していけたらと思っています。

まずはweekプレビューからです。

来週は芝シーズンの第2週、ハレ/クイーンズです。 2015年にハレとクイーンズはATP500に格上げされ、ますます上位選手のウィンブルドン前哨戦としての意味合いが強くなりました。 ハレはテニス関係の服飾で有名なゲリー・ウェバー、クイーンズはロンドンのテニスクラブとエイゴンがスポンサーです。 エイゴンはチャレンジャーシリーズまで含めて芝シーズンの大口スポンサーです。

まず大会ドロー前に芝シーズンとしての状況ですが、クイーンズでは全仏優勝のナダルが体の回復のため(けがではない)欠場となりました。 さらにゴファン(ゴフィンから表記変更)は全仏オープンで負った足のけがにより前哨戦とウィンブルドンを欠場となりました。

全仏オープンのコートは今のテニスの大会の中では極端に手狭で、クレーコートであるため下がってのプレーもあることから今回のゴファンのようなけがは対策を講じないとまた起きてしまうかもしれません。 地元の意向により屋根が一向につかないなど、全仏オープンは悪い意味で保守的な部分が多く、今後の大会の改善に期待したいです。

それからデルポトロも今週のデンボス、さらにクイーンズを欠場しています。全仏で臀部に痛みを負ったということで、期待はされていますがなかなか波に乗れません。



それではドロー解説です。まずはクイーンズから。


[1]マレー ベデネ (WC)Norrie クエリー バシラシビリ ミュラー マナリノ [5]ツォンガ

[4]チリッチ イズナー ジョンソン 予選勝者 トロイツキ ティプサレビッチ ヤング [9]キリオス

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
テニス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

【week preview】2017week25ドロー解説

せっかくいい記事書くのに、できもしない毎週更新しますとか言わなきゃいいんじゃない?
書く書く詐欺になってるし。

【week preview】2017week25ドロー解説

TSDさま、更新ありがとうございます。
ラジオ出演聞かせて頂きました。広く浅く伝えるのは逆に難しいものですよね。
「最後に一言」と振られて若干焦っておられたのは誰にも言わないのでご安心下さい。

さて、多くのテニスファンがフェデラーロスに陥っていたことでしょう。
また今年も緑に映える彼が見られるのは本当に幸せだと思います。
あと何年見られるでしょうかね。5年前はあと5年と言っていた気もしますが。。。
ハレでは錦織にはSFまで何とかたどり着いて欲しいですね。

実は私のような素人には、芝のスペシャリストがスペシャリストたる所以が、イマイチわからないんですよね。
ビッグサーバーはわかりやすいですが、そうでない選手でも芝に強い選手、
ぱっと思いつくのはコールシュライバーでしょうか。日本だと杉田ですね。
このあたりもじっくり観戦したいと思ってます。

短い芝シーズンですが楽しみましょう!

【week preview】2017week25ドロー解説

tsdさん

ご無沙汰しております。
ビックリです。
いよいよ、プロへ向けての第一歩ですね。
人には才能というものがあると思います。
日本においては錦織という稀に見る才能の持ち主とともにテニスへの関心が活況を帯びてきました。それに続いて西岡という新しい才能も引き出してきているのではないでしょうか。この流れの中にtsdさんが存在していて、その流れを語りリード出来るとすれば、市民レベルというのか夢を抱ける世界をイメージできます。
是非、チャレンジし続けて下さい。

こんな記事も読みたい

データで見る全仏決勝ナダルVSワウリンカ【たまにテニス】

ハレ1Rはベルダスコ。錦織はややタフなドローに。【Fight!! Kei NISHIKORI】

【2017年6月】今季ツアーの状況;スタッツ編【"テニス"感覚観戦】

ブロガープロフィール

profile-icontwosetdown

  • 昨日のページビュー:360
  • 累計のページビュー:28403629

(12月12日現在)

関連サイト:オフィシャルツイッター(開設しました)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 試合結果とは違うこの試合が示す「その先」へ(2015カナダSF)
  2. 歴史は変わった~錦織圭、そしてラオニッチの初ツアーファイナルズがもたらすもの~
  3. 近づいてきた頂点の景色と、今後の希望(2016マドリードSF、ローマSF)
  4. 全仏のシード争い過熱!4月4週とランキング予測
  5. その時、新しいテニスがコートに降りた(2016マドリードQF)
  6. 目にしたその光景は、あまりにも受け入れがたいほどの圧倒だった(2015カナダQF)
  7. AlwaysFight(2016マイアミ回顧・決勝プレビュー)
  8. 【ドロー解説】2016全仏OPの展望
  9. 【ドロー解説】2015ウィンブルドンの展望その1
  10. リターンの鬼!難敵挑戦を退けて決勝へ!(2016マイアミSF)

月別アーカイブ

2017
10
08
07
06
05
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月12日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss