two-set-down

【ドロー解説】2017マドリードMSの展望

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

ブログに帰ってきました、twosetdownです。 私の現状については、これの一つ前の記事にまとめましたので、さっそく本題に行きましょう。

私があまり更新しなくなってからテニス界は大きな変化を遂げました。

その最たるところは、マレー、ジョコビッチの信じられない成績低迷です。 そして、おとといとんでもない発表がありました。ベッカーに続いて、長年ジョコビッチを指導していた精神的支柱、バイダコーチ他3人のチームスタッフが離れることになりました。これはマドリードMSからの適用ということで、ジョコビッチは目立ったコーチなしで大会を迎えます。 現状ジョコビッチは成績だけでなく、こういった内外の事情を抱えていることは疑いないのですが、残念ながらその真相は分かりません。ただ言えることは、あまりいい状態ではない、ということです。

そのジョコビッチに加えて、今週(エストリルなどの週)から復帰しているラオニッチとモンフィス、さらに、錦織はバルセロナを欠場した後の復帰戦。 様々な面から注目の集まる大会となりました。


マドリードマスターズは56ドロー、クレーの大会です。 ボールガールにモデルを起用するなど、最近できた大会ということもあり、斬新な取り組みを行っている大会です。 マスターズとしては4戦目、さらに全員出場義務の大会としてはシーズン初の56ドローの大会になっています。 このあとの解説を見てもわかりますが、序盤から好カードが目白押し。1戦必勝の度合いが強くなります。 特に上位8シードは初戦免除となり、勝つといきなり90p。絶対に初戦敗退だけは避けたい大会です(が、だいたい毎年誰か負けています)。



①マレー山

[1]マレー bye (WC)ガルシア=ロペス (WC)コピル M.ズベレフ ガスケ 予選勝者 [13]プイユ

[12]ディミトロフ コールシュライバー カルロビッチ バウティスタ=アグー ダルシス 予選勝者 bye [8]ティエム


[1]マレーはそろそろ主要大会での上位進出がほしい。すでにフェデラーナダルとはレースランキングで3000p近く差を開けられており、これ以上の独走を許すわけにはいかない状況です。 初戦はWCの勝者と対戦。この時期ガルシア=ロペスは一発当てることがありますが、以前に比べてテニスのレベルが落ちてきているので難しいか。コピルはビッグサーバーで、クレーでは厳しい。 マレーの最初のポイントは3回戦。[13]プイユとはこの1年に4回も対戦があり、すべてマレーが圧倒しているカードですが、プイユはブダペストで優勝。クレーのタイトルを手にしてやってきます。さらにガスケは杉田に敗れるなど復帰後不調のため、全豪で敗れたM・ズベレフが上がってくる可能性もあります。この難しい3回戦をどう乗り切るかが肝心です。

一方クレーシーズンに入っても好調、依然レース上位を走る[8]ティエムは昨年同様、ここからは主要大会でのゲインが必要不可欠。大事な大会になります。 幸い初戦の相手は比較的恵まれており、激戦ブロックを勝ち上がってきた3回戦がこちらも山になります。 [12]ディミトロフはかつて、当時1位だった王者ジョコビッチを破った大会ではありますが、それ以上にソフィア優勝の後一直線に下降している調子のほうが心配。 特に初戦のコールシュライバーはクレーで手堅く勝ち上がる選手。十分に番狂わせの起きそうなカードです。 さらにカルロビッチと、こちらもクレーでは手堅いバウティスタ=アグー。ディミトロフにとってはタフドローです。 ただ、初のファイナル出場に向けて、2014年同様ここでもしっかり食らいついていく必要があります。 ティエムが調子を維持し続けていれば、状態の不透明なマレーにまた勝つことも十分に考えられます。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
テニス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

【ドロー解説】2017マドリードMSの展望

最近多くの方々が投稿されるようになりました。小生は TENNIS LOVERS氏とTWO-SET-DOWN氏の投稿に大いに感化されました。TWO-SET-DOWN氏の投稿内容は小生には目から鱗の記事が多くて読むのが楽しみです。同じ思いをされている方は全国にも多いと思います。大変だとは思いますが今後の投稿を心から楽しみにしています。

【ドロー解説】2017マドリードMSの展望

tsdさん、おかえりなさい。再び、tsdさんの素晴らしい記事が読めるんですね⁉︎
フェデラーの大復活の次に嬉しいです!
ありがとうございます。

【ドロー解説】2017マドリードMSの展望

two-set-downさんのブログ待ってました。やはい読み応えがあります。最近、体調を崩していたのと野球の方に気が取られていたのとで、テニスは結果を少し程度に見ていました。しかしこのブログを拝見し、またテニスが気になりだしました。
いつも深い考察ありがとうございます。

「【ドロー解説】2017マドリードMSの展望」へのコメント

マドリッドのドロー解説、ありがとうございます❗😆😆😆❤️⤴️⤴️
ホントに圭の手首、具合はどうなんでしょうか❓( ̄▽ ̄;)💦←手首は長引くので、今シーズンはこのまま様子見が続くのかなぁ😅💦
早く、元気にシバキまくる圭が見たいです~😭💔⤵️←手首が気になって、フォアの強打が出来ないなら、残念ながらtsdさんの予想通りの結果になるでしょう~(´д`|||)💦
あ、Twitter情報ですが、今日の現地15時から、圭の練習予定が入っているそうです❗😉👍💕⤴️⤴️
元気な姿が見れると良いですね❗(っ`・ω・´)っ❤️
バモス、圭❗❗👊😆🎵❤️⤴️⤴️

こんな記事も読みたい

【2017マドリード;ドロー】錦織選手、今期期待の2大会目マドリードOP(ドロー)【"テニス"感覚観戦】

土居美咲(52位)が、世界10位を破って初戦突破!(マドリード・オープン2017)【0 to zeroのhorizon】

マドリード・オープン2017 女子の組み合わせが決定 注目のシャラポワ、日本からは土居、尾崎らが出場!【0 to zeroのhorizon】

ブロガープロフィール

profile-icontwosetdown

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:28357262

(10月22日現在)

関連サイト:オフィシャルツイッター(開設しました)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 試合結果とは違うこの試合が示す「その先」へ(2015カナダSF)
  2. 歴史は変わった~錦織圭、そしてラオニッチの初ツアーファイナルズがもたらすもの~
  3. 近づいてきた頂点の景色と、今後の希望(2016マドリードSF、ローマSF)
  4. 全仏のシード争い過熱!4月4週とランキング予測
  5. その時、新しいテニスがコートに降りた(2016マドリードQF)
  6. 目にしたその光景は、あまりにも受け入れがたいほどの圧倒だった(2015カナダQF)
  7. AlwaysFight(2016マイアミ回顧・決勝プレビュー)
  8. 【ドロー解説】2016全仏OPの展望
  9. 【ドロー解説】2015ウィンブルドンの展望その1
  10. リターンの鬼!難敵挑戦を退けて決勝へ!(2016マイアミSF)

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss