two-set-down

【引っ掛かりの多い敗戦(2017ブエノスアイレス準優勝)】コメント一覧

「引っ掛かりの多い敗戦(2017ブエノスアイレス準優勝)」へのコメント

私の投稿の後、twosetdown さんの名前を見つけ嬉しくなって読ませていただきました。少し時間が出来そうとの事、また楽しみにしています。

私も最近感じます。先日、錦織選手の以前(2013か2014頃)の動画を見ていて、とても動きが早く俊敏に感じたのです。
ひょっとして、最近はパワーも付き、技術も上がり、安定感も増していますが、スピードや反応だけは以前の方が早かったのかなと少し気になっています。仰っていた様に体が重かったからという事なら心配する事はないと思いますが、今後の試合でその辺を見て行きたいと思っていた所です。

引っ掛かりの多い敗戦(2017ブエノスアイレス準優勝)

two-set-downさん

お久しぶりです。twitterで状況を時折確認させて頂いておりました。
テニスに関する視点、みる角度の違い、表現にスポナビBlogでのtwo-set-downさんの存在感を感じます。記事更新を楽しみにしています。宜しくお願いします。

引っ掛かりの多い敗戦(2017ブエノスアイレス準優勝)

tsdさん、こんにちわ。
リオが始まってますね。錦織の試合も始まるところです。

ブエノスアイレスですが、かなり異質な敗戦でした。
ツアーでもトップクラスの安定感を誇る選手がランキング50位以下の選手に、
そして、被ブレーク以上のブレークをして勝っていく選手が、一度もブレークすることなく敗れた点ですね。
ドルゴはバックのカウンターがキレキレでした。にも関わらず、バックの逆クロスのラリー戦を、
これでもかというくらい挑んでましたね。
本人の言う「頭のスタミナ」ってやつでしょうか、単調になる悪い癖が出ていたように思います。

今大会、意図的にギアを上げるシーンが一度も見られませんでした。
決勝も含め、ひたすら淡々とプレーしていたように見えました。

錦織の目下の課題は、GSの1週目をいかにセーブして勝ち上がるかです。
敢えて前向きにとらえるとすると、ブエノスアイレスはこのシミュレーションをしていたのだと。
ギアを上げず、体力をセーブしていかに乗り切るか。
鈍く見えたフットワークも、単調に見えた攻めも、これならば説明が付きます。
そしてその結果、好調のドルゴクラスの選手には通用しないということも分かりました。
GSで言えば3回戦レベルでしょう。

tsdさんの言葉をお借りすると、「この敗戦をただの1敗にできるか」というやつですね。
リオはともかく、この経験が全仏の戦い方のヒントになれば南米シリーズ参戦は意味があったことになります。

引っ掛かりの多い敗戦(2017ブエノスアイレス準優勝)

どこか緩んでしまってる様に見えてしまう南米2大会でしたね。
うまく切り替えてくれれば良いんですが、少し尾を引く様な気もします。
錦織がビッグタイトルを取るためには、もう少し大人になる必要があるのかなと感じてしまいました。

引っ掛かりの多い敗戦(2017ブエノスアイレス準優勝)

TSDさん、こんばんは。記事うれしいです。楽しみにしています。

この南米クレーシリーズは最初から難しそうな感じではありましたね。コートコンデションの悪さもあってモチベーションがもう一つ上がらない中、必死で勝とうとしている。そう感じました。

身体の重さは気になりますね。どこから来ているものなんでしょうか。ハードトレーニング過多、自分自身へのプレッシャーのかけすぎ、とかでしょうか。

いろいろ重圧がかかっている気がします。もう少し気楽にいけばいいと思うのですが、本人はいばらの道を歩もうと覚悟しているような、そんな気さえします。

私は1度少しテニスから離れて、ご家族とゆっくりする時間を持ってもよいのではないかと思います。そういうリフレッシュして自身を見つめ直す時間が必要だと思うのですが、、、。リオープンの残り時間は神様がくれたボーナスのように思えるのです。

引っ掛かりの多い敗戦(2017ブエノスアイレス準優勝)

twowetdownさんのコメントかとおもったら、3月24日のマイアミオープンのドロー開設はtwo-match-downさんのコメントでした。紛らわしい方がいるものですね。再開をお待ちします。

引っ掛かりの多い敗戦(2017ブエノスアイレス準優勝)

twosetdownさんのコメントかとおもったら、3月24日のマイアミオープンのドロー開設はtwo-match-downさんのコメントでした。紛らわしい方がいるものですね。再開をお待ちします。(不慣れで誤字だらけの前回コメントでした。すみません訂正の再投稿です。)

記事へ戻る

ブロガープロフィール

profile-icontwosetdown

  • 昨日のページビュー:216
  • 累計のページビュー:28404257

(12月15日現在)

関連サイト:オフィシャルツイッター(開設しました)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 試合結果とは違うこの試合が示す「その先」へ(2015カナダSF)
  2. 歴史は変わった~錦織圭、そしてラオニッチの初ツアーファイナルズがもたらすもの~
  3. 近づいてきた頂点の景色と、今後の希望(2016マドリードSF、ローマSF)
  4. 全仏のシード争い過熱!4月4週とランキング予測
  5. その時、新しいテニスがコートに降りた(2016マドリードQF)
  6. 目にしたその光景は、あまりにも受け入れがたいほどの圧倒だった(2015カナダQF)
  7. AlwaysFight(2016マイアミ回顧・決勝プレビュー)
  8. 【ドロー解説】2016全仏OPの展望
  9. 【ドロー解説】2015ウィンブルドンの展望その1
  10. リターンの鬼!難敵挑戦を退けて決勝へ!(2016マイアミSF)

月別アーカイブ

2017
10
08
07
06
05
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss