two-set-down

引っ掛かりの多い敗戦(2017ブエノスアイレス準優勝)

このエントリーをはてなブックマークに追加

2/19 現地14:00~(日本時間翌日2:00~) Argentina Open Championship [1]Kei Nishikori 6(4)-7 4-6 Alexandr Dolgopolov



試合感想の前に報告ですが、多忙な時期を抜けました。 いくつか大きめの残務処理も残っていますが、これからは(とりあえず以前よりは)定期的に更新できると思います。よろしくお願いします。


決勝の試合についてですが、とにかく残念だったという試合でした。 決勝に勝ち上がるまでの勝ち上がりも微妙な試合が2試合ありました。 ソウザ戦こそ会心のストローク戦を披露しましたが、シュワルツマン戦、ベルロク戦ともに苦しみました。 こうなってしまった原因はいろいろとありますが、ドルゴポロフ戦にも共通することとしてフォアが浅すぎたというのが最も致命的でした。

ハードコートだと浅いストロークでもパワーヒットすることで押し切ることができますが、クレーでは減速してしまいます。 遅くても跳ねるボールか深いボールを打てば相手から攻められることがないのがクレー。ここがハードコートと決定的に違う点です。 ナダルがクレーで絶対的な強さを失った理由もこのプレースメントが原因でした。切り札のフォアが浅くなることによって相手に拾われる確率が上がり、さらにナダルのボールは跳ねる分相手にとって打ち頃のボールへと変化してしまい、結果勝てなくなりました。

今週の錦織に起きていたのも、これと似たようなことだと考えられます。 そしてドルゴポロフは攻撃的な攻めを見せました。これがフィットしてしまいストローク戦でも苦しい場面が続いてしまったということです。


試合としては地味に大きかったと思っているのが1ゲーム目です。 試合のほとんどをリターンゲームで始めることが多い(トスで勝ってもリターン選択、相手がトスに勝った場合相手がサーブ選択=錦織リターン選択)錦織ですが、最近はブレークスタートになることが多かったです。

ここでもドルゴポロフのミスが続き15-40(うち錦織の失点もイレギュラーによるもので、ミスはなかったに等しい)となり、BPでもセカンドサーブが2つ続きました。 しかし1本目のセカンドサーブをかなり前で捉えようとした結果、ワイドの鋭いサーブに対応できず、次のリターンはうまく返したもののドルゴポロフのドロップがネットインという不運。一つ目の分岐点はここでした。

その後はドルゴポロフのサービスゲームに対してほとんどチャンスがない「ように見えました」。毎ゲームフリーポイントがドルゴポロフに入り、BPを握ることすらも難しい状況が続きました。

タイブレークでは一層その構造が強くなり、錦織は決して悪かったわけではないですが、ドルゴポロフのサーブをリターンすることもできず1stセットが終了。2セット目はブレークを許してしまい、なんと一度もブレークできずにドルゴポロフに敗れました。

もちろんドルゴポロフのプレーは素晴らしく、決勝に上がってくるプレーでした。トーナメントパフォーマンスとしてはここ数年でも有数の会心の出来だったと思います。 実際五輪の裏の週だった12年ワシントン以来の優勝。意外でしたが、ドルゴポロフはセンスでテニスをする分試合ごとにむらが出てしまう選手。誰にでも勝てますが、一方で誰にでも負けてしまう、そんなタイプの選手です。 4~5試合勝たないと優勝できないテニスツアーにおいて、いい時の調子が続くことが難しいという証拠なのかもしれません。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
テニス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

引っ掛かりの多い敗戦(2017ブエノスアイレス準優勝)

twosetdownさんのコメントかとおもったら、3月24日のマイアミオープンのドロー開設はtwo-match-downさんのコメントでした。紛らわしい方がいるものですね。再開をお待ちします。(不慣れで誤字だらけの前回コメントでした。すみません訂正の再投稿です。)

引っ掛かりの多い敗戦(2017ブエノスアイレス準優勝)

twowetdownさんのコメントかとおもったら、3月24日のマイアミオープンのドロー開設はtwo-match-downさんのコメントでした。紛らわしい方がいるものですね。再開をお待ちします。

引っ掛かりの多い敗戦(2017ブエノスアイレス準優勝)

TSDさん、こんばんは。記事うれしいです。楽しみにしています。

この南米クレーシリーズは最初から難しそうな感じではありましたね。コートコンデションの悪さもあってモチベーションがもう一つ上がらない中、必死で勝とうとしている。そう感じました。

身体の重さは気になりますね。どこから来ているものなんでしょうか。ハードトレーニング過多、自分自身へのプレッシャーのかけすぎ、とかでしょうか。

いろいろ重圧がかかっている気がします。もう少し気楽にいけばいいと思うのですが、本人はいばらの道を歩もうと覚悟しているような、そんな気さえします。

私は1度少しテニスから離れて、ご家族とゆっくりする時間を持ってもよいのではないかと思います。そういうリフレッシュして自身を見つめ直す時間が必要だと思うのですが、、、。リオープンの残り時間は神様がくれたボーナスのように思えるのです。

引っ掛かりの多い敗戦(2017ブエノスアイレス準優勝)

どこか緩んでしまってる様に見えてしまう南米2大会でしたね。
うまく切り替えてくれれば良いんですが、少し尾を引く様な気もします。
錦織がビッグタイトルを取るためには、もう少し大人になる必要があるのかなと感じてしまいました。

こんな記事も読みたい

錦織は輝きを取り戻せるか?!2017リオOP展望! ~マルセイユ、デルレイビーチも~【KEI ENERGY】

【2017ATP250ブエノスアイレスF】錦織選手、気を取り直してリオでトップ5の存在感を示そう!【"テニス"感覚観戦】

春は大荒れの予感【Cord Baller】

ブロガープロフィール

profile-icontwosetdown

  • 昨日のページビュー:14828
  • 累計のページビュー:28235782

(07月23日現在)

関連サイト:オフィシャルツイッター(開設しました)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 試合結果とは違うこの試合が示す「その先」へ(2015カナダSF)
  2. 歴史は変わった~錦織圭、そしてラオニッチの初ツアーファイナルズがもたらすもの~
  3. 近づいてきた頂点の景色と、今後の希望(2016マドリードSF、ローマSF)
  4. 全仏のシード争い過熱!4月4週とランキング予測
  5. その時、新しいテニスがコートに降りた(2016マドリードQF)
  6. 目にしたその光景は、あまりにも受け入れがたいほどの圧倒だった(2015カナダQF)
  7. AlwaysFight(2016マイアミ回顧・決勝プレビュー)
  8. 【ドロー解説】2016全仏OPの展望
  9. 【ドロー解説】2015ウィンブルドンの展望その1
  10. リターンの鬼!難敵挑戦を退けて決勝へ!(2016マイアミSF)

月別アーカイブ

2017
07
06
05
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss