two-set-down

錦織史上、ファイナルで最も内容のいい快勝(2016ファイナルRR1戦目)

このエントリーをはてなブックマークに追加

11/14 現地14:00~(日本時間23:00~) Barclays ATP World Tour Finals Round Robin Group McEnroe Game1 [5]Kei Nishikori 6-2 6-3 [3]Stan Wawrinka



オンコートインタビューでの錦織の言葉がこの試合のすべてを表していました。 「スタンに時間を与えなかった、ソリッドなテニスを心掛けた」

まさに、狙い通りの作戦がそのままずばりはまっての快勝。これは大きい勝利になりました。

ではなぜ錦織はワウリンカに対し「時間を与えない」ことを心掛けたのか?それはO2アリーナであり、ワウリンカ対策として有効な戦略だったからです。


ワウリンカはなぜテニスの試合に勝てるのか?という原始的な問いを考えた時に、私は即答で「ためて後ろから打つ、それが世界トップクラス」と答えます。 ワウリンカは代名詞のシングルバックハンドに加え、フォアハンドにも威力があります。 しかしそれはしっかりと打点に入り、十分な体勢で貯めを作って打つことで初めて現れます。 錦織が時間を与えないと表現したのはそこで、要するに打たせなければいい。そのためにはどうするか。自分がボールを前で捉え、ワウリンカに考える時間と足を止める時間を与えない。 それはまさに、2年前の覚醒期のテニスでした。 そしてそれをO2アリーナに2年ぶりに錦織は持ってきました。

もう一つワウリンカ対策としてキーになるのはバックハンドです。貯めて打たれなくても単発で威力のあるボールは打てます。 ここで影響したのが、今回のO2アリーナのサーフェスでした。

2015年のベルディヒ戦で書いているように、元来O2アリーナは低速かつあまりバウンドしないサーフェスでした。 この時スライスショットの重要性を解説しています。


実はジョコビッチ戦の地点で私は気づいていました。 錦織がスライスでイーブンのラリーに戻していたのは何もベルディヒ戦が最初ではありません。 パリでは見えなかった(ほとんど見れてないが)O2アリーナに対応したテニスが機能したのです。

(中略)

ボレー、アプローチが甘すぎでした。O2アリーナは減速しやすいサーフェスなので、叩き付けるなら思いっきり打たないと返されてしまいます。 あれで錦織のほうが歯車がおかしくなった感じでした。


しかしどうでしょう、今日のラリーはとても速く、またお互いに前で打ちあい激しい内容でした。 全く同じ会場とは思えない内容でした。 そしてそれは昨日から続いていました。 ジョコビッチ×ティエム戦を見ていた当時の実況です。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
テニス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「錦織史上、ファイナルで最も内容のいい快勝(2016ファイナルRR1戦目)」へのコメント

tsdさん、こんばんわ❗(^-^)v♥
興奮しているのか、なかなか寝つけないまま、SNSめぐりです~(^_^;)💦
圭、ホントに完璧❗😃✌⤴⤴
“スタンに時間を与えないプレーを心がけたい”って、まんま実行じゃん~❗(`ー´ゞ-☆ピシッ♥
私の予想、もとい妄想ですが、着々と進行中ですよ~❗(*≧∀≦*)♪♥キャー
あ~、気持ちいい❗😌🌸💓⤴⤴

こんな記事も読みたい

【2016ATP WTF RR Day2】錦織選手 ツアーファイナル格上からの1勝、おめでとう!決勝ラウンドに向け確実に前進!【"テニス"感覚観戦】

2016年シーズンの敗戦を振り返りながら2017年シーズンへの展望を考える(カサキナ編)【女子テニスも熱い】

錦織が全米覇者・世界3位のワウリンカに快勝! 重要な初戦を制する!(ツアーファイナル2016)【0 to zeroのhorizon】

ブロガープロフィール

profile-icontwosetdown

  • 昨日のページビュー:2656
  • 累計のページビュー:28137575

(06月23日現在)

関連サイト:オフィシャルツイッター(開設しました)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 試合結果とは違うこの試合が示す「その先」へ(2015カナダSF)
  2. 歴史は変わった~錦織圭、そしてラオニッチの初ツアーファイナルズがもたらすもの~
  3. 近づいてきた頂点の景色と、今後の希望(2016マドリードSF、ローマSF)
  4. 全仏のシード争い過熱!4月4週とランキング予測
  5. その時、新しいテニスがコートに降りた(2016マドリードQF)
  6. 目にしたその光景は、あまりにも受け入れがたいほどの圧倒だった(2015カナダQF)
  7. AlwaysFight(2016マイアミ回顧・決勝プレビュー)
  8. 【ドロー解説】2016全仏OPの展望
  9. 【ドロー解説】2015ウィンブルドンの展望その1
  10. リターンの鬼!難敵挑戦を退けて決勝へ!(2016マイアミSF)

月別アーカイブ

2017
06
05
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss