two-set-down

チャンスは逃したが、立派な準優勝(2016バーゼル)

このエントリーをはてなブックマークに追加

デルポトロ戦はいい内容でした。トップ10同士のぶつかり合いというテニスでした。 現在のところ、復帰以前の全盛期よりもウィークポイントとなっているバックハンドを主体にラリーを組み立てる、というのが対デルポトロ戦の基本戦略になると言っていいでしょう。

これは試合前の私の率直な展望ですが、錦織はこういったバック攻めが得意です。その具体例が今年の全豪のツォンガ戦であったり、さらにスピンでフォア逆クロスを打ちまくったクレーでのガスケ戦だったりします。 これをデルポトロ相手にやる。ただし高い精度が必要です。 そんなことはデルポトロも理解しているわけで、必ず回り込みのフォアハンドを打ってきます。 ですからたまにはフォア側に走らせることも必要。しかしこれも甘いとランニングフォアを打たれ、決められます。 簡単に書いてますがランニングフォアは精度が悪くなり、球足も遅くなるのが普通ですがデルポトロはそうならない。 この一撃必殺のフォアハンドをどんなラリー展開からでも打つことができ、大柄なのにフットワークもよく、かつサーブも速い。 どこから手をつけていいかわからない総合力の高さ+一撃必殺のパワーショットを持っているところがデルポトロの魅力であり、だからこそ全盛期BIG4と幾多の好勝負を繰り広げてきたゆえんでもあります。

このデルポトロに対し私が先述した作戦を忠実に実行したというのがこの日の錦織。 バックハンドクロスで角度をつけ外に追い出し、返ってきたクロスのボールを特に回り込みのフォアDTLで崩すパターン。ランニングフォアを打てないほど厳しいコースを突くことでデルポトロの攻めを封じ込めました。

タイトだった1セット目を何とかもぎ取ると、第2セットはデルポトロに疲れが見えます。 フォアハンドに精度がなくなり、苦しみます。 一方錦織にもUEがやや目立ち、お互いにBPを迎える展開となりますが、錦織がBPでいいプレーを見せ踏ん張ります。 そのままサービスブレークされることなく勝利。高いレベルでの試合をきっちり勝ちきり、4強に進出しました。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
テニス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

チャンスは逃したが、立派な準優勝(2016バーゼル)

予想通り、3回線敗退になりましたね。2回戦の姿をみて、精彩を欠いているなあと思っていました。
早期敗退をチャンスに変えて、ツアーファイナルズで決勝に臨んでほしいところです。
ツアーファイナルズ・・・複数の試合がある・・のにツアーファイナルと報道されているのに違和感を覚えます。

チャンスは逃したが、立派な準優勝(2016バーゼル)

バーゼルでの錦織選手のプレイに対するコメントを興味深く読ませていただきました。
第1セットは、TSDさんの御指摘通りチリッチのプレイが素晴らしかったですよね。あのプレイが2014全米決勝では、3セット続いていました。楽天ジャパンオープンで、間近でチリッチのプレイを観ましたが、フラット気味のフォアハンドは、デルポトロと比較しても見劣りしませんでした。彼に負けたからと言って、何ら恥ずかしいなどとお舞わなくていいと思います。今回の大会は、TSDさんの言われたように、QFのデルポトロ戦がバーゼルの最大の山だったと思っています。トップハーフのワウリンカとチリッチ、同じ山のラオニッチも気になりましたが、デルポトロとどれだけ戦えるのかが焦点だったと見ていました。今回の大会は、デルポトロを乗り越えたところで最大の目標を達成したと思っています。次のコメントも楽しみにしています。

こんな記事も読みたい

課題?(2016バーゼル500)【DROP SHOT】

錦織圭 パリ大会での対戦相手、相性は?ラオニッチ戦が最大のカギ!優勝のチャンス大いにある!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

バーゼル総括【スコッチを片手に】

ブロガープロフィール

profile-icontwosetdown

  • 昨日のページビュー:389
  • 累計のページビュー:28395776

(11月17日現在)

関連サイト:オフィシャルツイッター(開設しました)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 試合結果とは違うこの試合が示す「その先」へ(2015カナダSF)
  2. 歴史は変わった~錦織圭、そしてラオニッチの初ツアーファイナルズがもたらすもの~
  3. 近づいてきた頂点の景色と、今後の希望(2016マドリードSF、ローマSF)
  4. 全仏のシード争い過熱!4月4週とランキング予測
  5. その時、新しいテニスがコートに降りた(2016マドリードQF)
  6. 目にしたその光景は、あまりにも受け入れがたいほどの圧倒だった(2015カナダQF)
  7. AlwaysFight(2016マイアミ回顧・決勝プレビュー)
  8. 【ドロー解説】2016全仏OPの展望
  9. 【ドロー解説】2015ウィンブルドンの展望その1
  10. リターンの鬼!難敵挑戦を退けて決勝へ!(2016マイアミSF)

月別アーカイブ

2017
10
08
07
06
05
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss