two-set-down

【ドロー解説】2016楽天/北京の展望

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

更新がかなり厳しくなってきています。すいません。 あと半年くらいはこのような状況が続きます。 テニス観戦的に忙しい時期と更新がしやすい時期がかぶることを祈るしかありません。ほぼ運頼みという状況です。 たぶん短い文章だったらもう少し更新できると思うのですが、それでも更新していくべきか、難しい判断を強いられています。



さて楽天と北京のドローが出ました。

ドローリリース前に両大会に大きな発表がありました。それぞれ大会のディフェンディングチャンピオン、ワウリンカとジョコビッチの欠場が発表されました。

ワウリンカについては全米で優勝し、優勝後の記者会見ではかなり疲れていたとしながらも予定通り翌々週のサンクトペテルブルグ(ATP250)に出場。しかし決勝でズベレフに敗れました。 この後の記者会見で「疲れがたまっている、残りの出場大会を見直したい」として、相当疲れていることを公言していました。 ワウリンカの残り出場大会は楽天、上海、バーゼル、パリ。 このうち、MS2大会を飛ばすわけにはいかず、また今年はフェデラーが欠場することにより地元バーゼルも休みにくい状況。そのため、楽天が欠場する大会になってしまったということです。

決して楽天運営は悪くありません。いろいろなことが複合的に重なってしまった結果の不運でした。 出場を楽しみにしていましたが、これはワウリンカを尊重したいです。

全米で優勝した後サンクトペテルブルグに出ることにはやや疑問がありますが ・同一週にガールフレンドのベキッチが出ていた ・エントリー地点ではレースランキングは9位ベルディヒと290点差、全米優勝してなければまだファイナル争いの渦中にいることが予想される ・ワウリンカは今年メスからサンクトペテルブルグに出場大会を変えたばかりで、疲れを理由に断りにくかった などいろいろと理由があります(「全米優勝したから」でおそらく許されたとは思いますが…)


一方ジョコビッチはショックでした。シンシナティを欠場した時の理由が手首でしたが、今度は肘のけが。ここに来て満身創痍です。 ジョコビッチは2013年にナダルに1位を取られて以降、14年前半戦で1位奪還してからずっとここまで1位をキープしています。 しかし背後にはマレーが近づいています。 全米の結果でやはりマレーは厳しいという論調が増えましたが、今後ジョコビッチが得意のアジア・欧州インドアシリーズで満足な結果を残せなければ、来年序盤に1位交代の可能性も十分にあります。

レースポイントではマレーに対し約2000pの余裕があるので、WTFまでにきっちり戻せば大丈夫そうですが… 医師からは「状態がよくなるまでプレーしない方がよい」と診断されているとのこと。まずは上海に出れるかどうかが焦点です。

また、これにより北京で無敗記録が続いていたジョコビッチがいなくなったことで、北京でもレース争いの中心にいる選手が500pを取る可能性が高まりました。 一方楽天OPもディフェンディングチャンピオンのワウリンカが欠場しているのですからこの500pも大きい。 当初の見立てよりも、かなり重要な週になってきました。

選手としてはこのあとすぐに上海があることもあって、どう2週間をマネージメントしていくか。特に長く勝ち残った選手は1週目でできる限りゲインしたいところです。



楽天OP

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
テニス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「【ドロー解説】2016楽天/北京の展望」へのコメント

初めて投稿します。
いつもtow-set-downさんの緻密且つ的確な分析に敬意を表し、御礼申し上げます。
私は2007ウインブルドンの決勝でフェデラーvsナダルの試合をTV観戦してからのテニス(ナダル)ファンです。

翌年、錦織選手が確か2008デルレイビーチで18歳で初優勝してから錦織選手も応援し始め、昨今の活躍に日本人選手がここまで来たか‼️と感慨深いものがあります。
五輪でナダルに日本人が勝つなんて、およそ考えられなかったですから。
さて、今日チャイナOPでのナダルの試合を観たところ、今までの試合とのプレーの変化を感じ、もしかしたら引退に近いのではないかという懸念を払拭させるようなプレーと勝ち方だったように感じましたが、tow-set-downさんはご覧になりましたか?

まだまだBIG4の一角として、プレーヤーの年齢が上がっている現状、期待したいのですが如何でしょうか。
プレースタイルが時代遅れと揶揄されたり、ナダルファンとしては心配な時期が続いておりましたので、宜しければ感想をお願いいたします。

【ドロー解説】2016楽天/北京の展望

はじめまして。
ツイッターも含めていつも楽しく拝見させていただいています。
自分は錦織がH26全米決勝にいってから追いかけ始めたにわかファンですが、
そのころからtsdさんのブログを見させてもらってます。
ツイッターでもお悩みのようでしたので初めてコメさせてもらいます。
確かに以前のtsdさんの記事と今では違うところもあると思いますが、自分としては細かいところは気にせず続けてもらえたらなぁと思っています。多少のミスなんて気にしなくていいと思いますよ。
確かにこれだけ閲覧される方が多いと色々大変なところもあるかと思いますが、
お金もらって書いているプロの方々とは違うんですから書いたことが間違ってたりバイアスがかかってたり気にすることないと思います。
正直、お金もらってるはずの記者さんこそ、今回の楽天で錦織チャンスとか適当なことさんざん書いてるんですから、むしろこういう人達こそ恥ずべきだと思います。それこそ影響はスポナビブログより大きいと思いますしね。

お忙しい中、記事の投稿ありがとうございます。
これからもできる範囲で続けて頂けると楽しみです。

【ドロー解説】2016楽天/北京の展望

ruic618さん

>最近TSDさんの記事を読んでいると、錦織を除いてあまり試合をご覧になられていないようですので、過去の記憶や印象を踏まえてのバイアスがかかった記載が多い印象を感じます。

はい、情報収集は怠らないようにしていますが、他選手の試合を見る機会は激減しました。それどころか、今年の全米に象徴されるように、錦織戦すらままならないというのが現状です。

参考にしたいので、具体的にどの記述にそういうところを感じたのか書いていただけると私としても今後反映できるかなと思います。


>また発信力の大きさを意識されているのでしょうが、他者を啓蒙しようとする考え方を見ていると独善的になってきている印象を受けます(特にTwitter)。
以前は私と非常に近い考えが示されていることが多かったのですが、最近はその比率が減ってきているな、というのが正直な感想です。

みなさんがテニス観戦に成熟されてきたので、個人個人の意見を持つようになったことだからこれは決して悪いことばかりではない、とこれまでは思っていましたが、今回の指摘は的確でした。
私の中でも、3000人近い人に見られているプレッシャーは常に感じています。
下手なことを言えばすぐに問題になるわけですから。
そういう中で、当たり障りのないことしか言えなくなってしまったり、論調が暴走しているときに止める立場に入ってしまう行動になっていることは薄々自覚していました。
思えばruic618さんのおっしゃる通り、「自分らしさ」を失って、こうして支持を失いつつあるのかもなと思います。
もっと素直に思ったことを書いていった方がいいのかなと思います。

>ただ、事実に基づかない記載が多いと、その文章全体への信頼が揺らぎ、以後軽んじられるリスクは高まると思います。

全くその通りであり、最近の私のブログ上での悩みの一つです。
これだけ時間をかけてチェックをしてもミスしてしまうことはこれまでなかったのですが、今年に入ってから顕著になっています。
あくまでアウトプットがここである以上、いくら無料の媒体とはいえ責任が伴います。
ランキング試算でのミスに対する厳格さのように、記事本文の内容に対しても同様の意識で取り組んでいるつもりですが、一方で事実だけをたどれば支持を失ったとしても何らおかしくはない状況です。
どうすればいいのか解決策が思いつかない状況です。

繰り返しになりますが、ミスを指摘してくださることは、よかったよと言っていただけるコメントと同等に尊重し、反映しています。
私自身いろいろ不完全なところも多いです。
ruic618さんのような方がコメントしてくださることが、何よりこのブログの価値を高めていると思っています。



yossyさん

すいません、おっしゃる通りです。この記事だけで3つ目のミスですね。
修正したいと思います。ご指摘ありがとうございます。

「【ドロー解説】2016楽天/北京の展望」へのコメント

tadさんゴメンなさい。私が不用意なコメントをお送りしたために、、、riuc618氏との友好な関係に、関係のない私がものを言った形になってしまいました。
お二人には大変申しわけありません。ルールを逸脱してしまった形になってしまいました。

確かにriuc618氏のコメントにも反応した内容が有りました。

今後も、相手を攻めるのではなく、自分の考えをお伝えできる場所であればと思っています。

今後も宜しくお願いします。

こんな記事も読みたい

楽天ドロー発表。錦織は初戦で48位のアルマグロと対戦。【Fight!! Kei NISHIKORI】

錦織圭 タフドロー!チリッチ➡モンフィースを余力残して撃破せよ!上海との連続優勝を視野に入れる楽天OP!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

WTA武漢とWTAタシケント【女子テニスも熱い】

ブロガープロフィール

profile-icontwosetdown

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:28353748

(10月10日現在)

関連サイト:オフィシャルツイッター(開設しました)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 試合結果とは違うこの試合が示す「その先」へ(2015カナダSF)
  2. 歴史は変わった~錦織圭、そしてラオニッチの初ツアーファイナルズがもたらすもの~
  3. 近づいてきた頂点の景色と、今後の希望(2016マドリードSF、ローマSF)
  4. 全仏のシード争い過熱!4月4週とランキング予測
  5. その時、新しいテニスがコートに降りた(2016マドリードQF)
  6. 目にしたその光景は、あまりにも受け入れがたいほどの圧倒だった(2015カナダQF)
  7. AlwaysFight(2016マイアミ回顧・決勝プレビュー)
  8. 【ドロー解説】2016全仏OPの展望
  9. 【ドロー解説】2015ウィンブルドンの展望その1
  10. リターンの鬼!難敵挑戦を退けて決勝へ!(2016マイアミSF)

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月10日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss