two-set-down

【現地リポート】デ杯入れ替え戦に行ってきました

このエントリーをはてなブックマークに追加

9/17 13:30~ Davis Cup by BNP Paribas

World Group Play-off Japan(Home,[8]) vs Ukraine

Rubber 3 Kei Nishikori/Yuichi Sugita 6-3 6-0 6-3 Artem Smirnov/Sergiy Stakhovsky

Rubber 4 Taro Daniel 3-6 7-5 6-1 Artem Smirnov

Rubber 5 Yoshihito Nishioka 6-2 6-2 Danylo Kalenichenko

Japan 5-0 Ukraine



かれこれ錦織の公式戦を見に行くのは3年ぶり。3年前もデ杯でした。 エキシビションのIPTLでは見ましたが、公式戦となると話は別。いわゆる「覚醒後」の2014年以降では初観戦となりました。 公式戦でさかのぼれば、2012年デ杯1Rビーンズドーム以来4年半ぶり。待ちに待った関西凱旋です。 本当は3日とも観戦するはずでしたが、金曜日はどうしても無理だったので土日の観戦となりました。


初日はシングルス2試合。オーダーから意表を突いた展開となりました。 まず、日本チームは錦織をシングルスから外すという大英断に出ました。 理由は植田監督がのちに説明している通り疲れのたまった錦織を温存するため、ですが、戦略的に練られたオーダーだと感じました。 プレビューでも書いた通り、このオーダーはは錦織を温存できるだけでなく、ダニエル、西岡に任せられる、そういった意味合いもあります。 試合後のオンコートインタビューでは「正直自信はなかった」と語っていましたが、全く勝てない見込みなら組めないオーダーです。私が監督ならおそらく錦織に懇願していたと思います。また日曜日の松岡修造さんの一人しゃべりの枠でも「自分はこんなチャレンジなオーダーはできない」と修造さんが語っていました。

また、ウクライナのチームメンバーを見ると、今回のウクライナチームはかなりがたがたしているということが予想されました。 ドルゴポロフが不在になることは、ドルゴポロフがテニス協会と仲が悪いため予想されたことでしたが、ダブルス国内トップのモルチャノフもメンバーから外れ、代わりに入ったのはスミルノフとカレニチェンコという正直私ですらまったく名前を知らなかった選手でした。

ここで日本が負けるパターンを考えたいのですが、主に2つあると思っています。1つが日本のシングルス2番手が相手国に勝てず、ダブルスも落とす、これが最もあるパターンで、次が錦織に勝てるエース格の選手が登場し、普通に負ける、です。 前者は2015カナダ戦など多数で、後者は2016イギリス戦が具体例です。

一方、勝ちになるパターンのほとんどが、第5ラバーで勝つというもので、2015コロンビア戦、2013コロンビア戦です。 例外はダブルスで勝った2014カナダ戦です。錦織2勝+ダブルス1勝ですが、これは錦織がダブルスに出ているので特殊な例です。

こうして考えると、相手チームから見た日本チームに勝つ方法は、シングルス錦織以外の3ラバーを取り切る というのがほとんどの国での最適解になります。 錦織に直接対決で勝てるのは、トップ10かそれに近い実力を持っている選手がいるイギリス、セルビア、スイス、フランス、チェコ、カナダなど限られた国です。少なくとも、入れ替え戦に大陸予選勝ちぬき側から出てくるような国でこれに該当する国はないと言っていいでしょう。

5ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
テニス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「【現地リポート】デ杯入れ替え戦に行ってきました」へのコメント

tsdさん、おはようございます!(^-^)/
私も、3日間靱に通いました❗😉👍🎶⤴⤴
ホントに、日本、強くなりましたね~❗((o(^∇^)o))♥←なんと言っても、若い太郎ちゃんとヨッシーの、折れない心、勝ちきるメンタルの強さにしびれました❗💪💪💪⤴⤴
今まで日本選手は、肝心なところで固くなってしまって、なかなか大事な試合に勝てないイメージでした(´;ω;`)←それを錦織圭という若者があらわれ、一人で日本男子テニスの歴史を変えて行きました❗😌🌸💓⤴⤴
そしてようやく、後に続く若者達が育って来たんですね❗(`ー´ゞ-☆ピシッ♥←圭も、本当にうれしそうで、あんなおちゃらけたインタビュー、初めて見ました❗Ψ( ̄∇ ̄)Ψ♥
圭の言うように、まだまだ道は険しいでしょうが、未来は開けたんです❗💪💪⤴⤴
みんな、この4人に負けずに頑張れ~❗👊😆🎵⤴⤴

【現地リポート】デ杯入れ替え戦に行ってきました

TSDさん、初めまして。いつも楽しみに拝見しています。健康第一、マイペースで。
1日目と2日目応援に行ってきました。
ダニエルと西岡がやってくれました。ウクライナは大阪の暑さにやられてしまった感が大きいですね。もちろんダニエル、西岡の頑張りの結果です。
両人とも始めて見ましたが、どうしても錦織やトップ選手と比較してしまいます。
西岡は精度・スピードともにまだまだ甘い。錦織のDTLはサイド・バックラインから10~20センチでの勝負。西岡は両方1~2m中に入ってしまい、マルチェンコに逆襲を食らうことも。
錦織よりさらに小柄な西岡に、世界(トップ10)と戦うための武器を手に入れることは可能でしょうか。9/27には、まだ21才?。もう21才?。(世界的に見れば後者だろうな。)
ダニエル23才、トップ50はそろそろ視界に入っているでしょうが、20~10となると想像できない。
線の細さを克服しないと限界か?。ナダルのフォアクラスは無理としても、最後にエースを取り切れるショットが欲しいなぁ。
試合には大満足しつつ、感じた次第です。

こんな記事も読みたい

今週の2大会(16・9・20)【サンチェス・ピスファン】

東レ・パンパシフィックOP2016 ドロー決定 大坂なおみは、土居美咲との初戦に勝利!【0 to zeroのhorizon】

WTAジャパンウィメンズオープンとWTAケベックシティ(とクルム伊達公子のため息問題への反響について)【女子テニスも熱い】

ブロガープロフィール

profile-icontwosetdown

  • 昨日のページビュー:413
  • 累計のページビュー:28347214

(09月17日現在)

関連サイト:オフィシャルツイッター(開設しました)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 試合結果とは違うこの試合が示す「その先」へ(2015カナダSF)
  2. 歴史は変わった~錦織圭、そしてラオニッチの初ツアーファイナルズがもたらすもの~
  3. 近づいてきた頂点の景色と、今後の希望(2016マドリードSF、ローマSF)
  4. 全仏のシード争い過熱!4月4週とランキング予測
  5. その時、新しいテニスがコートに降りた(2016マドリードQF)
  6. 目にしたその光景は、あまりにも受け入れがたいほどの圧倒だった(2015カナダQF)
  7. AlwaysFight(2016マイアミ回顧・決勝プレビュー)
  8. 【ドロー解説】2016全仏OPの展望
  9. 【ドロー解説】2015ウィンブルドンの展望その1
  10. リターンの鬼!難敵挑戦を退けて決勝へ!(2016マイアミSF)

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss