two-set-down

自信と悔しさを噛みしめて、日本へ(2016全米SF)

このエントリーをはてなブックマークに追加

9/9 現地18:30~(日本時間翌日7:30~) Grand Slam 2000 US Open SF [6]Kei Nishikori 6-4 5-7 4-6 2-6 [3]Stan Wawrinka



錦織圭の現在地を知るには、実に意味のある試合でした。 私自身も、喪失感より充実感が漂っています。

この試合を「失望」と捉えるか「健闘に対する感動・殊勲」と捉えるかは人によって個人差があると思います。 どちらも大きく間違っていないと思います。どちらも真実であって、どちらもそれだけで説明をするには不十分です。


第1セット、錦織は見事なスタートを切りました。 サービスゲームで安定感を見せ、少しほころびのあったワウリンカから難なくブレークを決め、リードを作りました。 内容で上回っていたので、内容がセット獲得に結び付き、順調でした。 このセットのプレーのキーになっていたのはネットプレーでした。 奇しくも1年半前の全豪で、2セットダウンから付け焼刃で使用したネットプレー。あの時より安定感を増し、マレー撃破へのキーとなったネットプレーはもう当時のそれとは違う領域に達していました。私の目にもついに安定感という印象に変わってきました。

また、ワウリンカは1セット目特にバックハンドが不発。早い段階でエラーを打ち、バックハンド同士のラリーで錦織に分があり、組み立てやすいポイントが続きました。

第2セットも序盤はその流れを引き継ぎました。早々にワウリンカからブレークを奪い、さらにリードを広げました。 ただ、錦織は高いプレーを実践しており、またワウリンカがこのまま終わるわけがない、という気持ちもあったので、どこで起点が来るか、どこでその流れが変わるかというのはずっと気にかけていました。

そしてその起点が来たのが第4ゲームです。 WOWOWで松岡修造さんが指摘していましたが、重要なゲームでした。 この試合初めての錦織サービスゲームでのBPとなったこのゲーム、ワウリンカは逃しませんでした。このセットまでのリードをイーブンに戻しました。

その後、錦織はリターンゲームでBPを迎えますが、本当にもったいないミスが多かった。セカンドサーブでワウリンカがいいサーブを打ちリターンミスしたポイント。なんでもないラリーからネットにかけてのミス。しのぐきっかけを錦織が作ってしまいました。 終盤で2ゲーム連続BPのチャンスを取れないと、最後はワウリンカ。2セット総合的に見て錦織が押していたものの、セットカウントは1-1になります。


ここで再度触れたいのがマレー戦後にも書いた「第2セットの重要性」です。 それまでの内容がいかにどちらかにワンサイドであろうが、セットカウント1-1になった瞬間スコア上は並び、3セットマッチへと早変わりしてしまいます。

しかも押していての1-1です。この地点で錦織はすでに体力切れの傾向が見えており、非常に厳しい現実が待っていました。

3、4セットはブレークバックするなど、正直あのフットワークの落ち方からは想像できないくらい粘っていましたが、このころにはワウリンカはトップギアに入っていました。こうなったワウリンカは状態のいい錦織でもなかなか止められません。そのまま差がつき敗れました。


結果的には第2セットの度重なるBPを取ることができず、一方ワウリンカは1、2セットの少ないBPから1セットオールに持ち込むことができた、この地点で勝負はついていたように思います。

5ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
テニス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

自信と悔しさを噛みしめて、日本へ(2016全米SF)

TSDさんの明確な視点での記事にいつも感服しています。BIG4との対戦のあとの戦績については、私も同じような考えをもっていました。特にナダルと対戦して勝利した後は、ジョコビッチでさえ全仏で辛い思いをしていました。2014全米では、錦織戦の前QFではマレーと対戦しています。BIG4同士でさえ似たような結果が出ているわけですから、錦織選手にしてみればなおさらでしょう。そして、ロンドンでの結果が来年のランクに大きく左右すると思います。特にナダルの上に位置するかどうかは、とても大きいアドバンテージになると思います。ドロー運さえ良ければ、フェデラーとナダルvsジョコビッチとマレーのBIG4同士のつぶし合いが、4回戦やQFで見られることになります。更に、全豪を乗り切ると、その後のMSシリーズにも自然と良い循環が訪れるような気がします。去年はホップ、今年はステップ、来年こそジャンプでしょう。これこそ、マイケル・チャンコーチの描いていた構想ではないかと、今更ながらに思い知らされます。

自信と悔しさを噛みしめて、日本へ(2016全米SF)

TSDさん、はじめまして。いつも楽しくブログ、ツイッター拝見させてもらっています。このブログをよむことでATPツアー観戦が何倍にも面白くなりました。私はWOWOW入っていないので、公式速報アプリとTSDさんの実況ツイッターを頼りに、臨場感に浸っておりました。残念ながら錦織はまけましたが、TSDさんのグログをみて、腹落ちしました。同一大会でのBIG4連続突破の壁、来年全豪オープンへ向けた第4シードの確保、なるほどそのとおりですね。正直ワウリンカ戦は第2セットのBPを取っていれば、(疲労はあるといえども)違う展開にはなっていたんじゃないかという思いはあります。ただ、それでもジョコという最大の壁がありますものね。そういう意味で行くと、全豪の第4シードは大切ですね。
再度日の丸を背負う錦織の応援に大阪にいきたいですが、それはかなわず。そのかわり。楽天オープンの初日に観戦にいけることになりました。生の観戦は正直初めて。錦織、デルポトロどっちかはみたいですが、うまくあたるかどうか・・・。とても楽しみにしています。TSDさんの的確なブログ、今後も期待しております。

過去の4位でのマスターズ・GS

連投すみません。
そういえば第4シード入りということで言えば、昨年のモントリオールと全米オープンがランキング4位で第4シードでしたよね。
モントリオールでは、QFで当時9位だったナダルと対戦して初勝利し、SFでマリーに敗退。
そして、全米オープンではあのペールとの初戦での敗退。
あそこから不調の時期を迎え、でも今季に入って見事に乗り越えて今があるんですよね。
あれからあっという間に1年が経ちましたが、あの頃と比べてみると今の錦織選手はタフだし強力ですよね。
早く4位に復帰して、あの頃のリベンジを果たしてほしいです。
きっと来年にはさらにすごいことをやってくれるんじゃないかと期待しています。

自信と悔しさを噛みしめて、日本へ(2016全米SF)

初めてコメントさせていただきます。
いつも素晴らしい解説、正確無比なランキング試算、twitterでの実況等ありがとうございます。
14全米後から見れたら見るにわかファンになった程度ですが、本当に参考になります。

さて、私はSFを見終えた後、ぼんやりと来年の目標として「第3,4シードとしての責務の全う」を考えていました。
シードの特性上、基本的に5~8シードに大差ないため、やはり次のステップとしてはジョコビッチ、マレーとSFまで確実に当たらない枠を維持することが年間を通しての目標として挙げられると思うのですが、(大会毎ならGS、マスターズ優勝がありますが)
現状の錦織にはまだ難易度は高いでしょうか。

こんな記事も読みたい

世界の頂をハッキリと確認、希望に溢れる錦織の未来 ~2016全米SF~【KEI ENERGY】

全米オープン女子シングルス決勝2016【女子テニスも熱い】

―大会レポート― 第13日 新女王のケルバーが今季2度目のメジャー制覇【ウィンブルドンテニス2017】

ブロガープロフィール

profile-icontwosetdown

  • 昨日のページビュー:190
  • 累計のページビュー:28404042

(12月14日現在)

関連サイト:オフィシャルツイッター(開設しました)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 試合結果とは違うこの試合が示す「その先」へ(2015カナダSF)
  2. 歴史は変わった~錦織圭、そしてラオニッチの初ツアーファイナルズがもたらすもの~
  3. 近づいてきた頂点の景色と、今後の希望(2016マドリードSF、ローマSF)
  4. 全仏のシード争い過熱!4月4週とランキング予測
  5. その時、新しいテニスがコートに降りた(2016マドリードQF)
  6. 目にしたその光景は、あまりにも受け入れがたいほどの圧倒だった(2015カナダQF)
  7. AlwaysFight(2016マイアミ回顧・決勝プレビュー)
  8. 【ドロー解説】2016全仏OPの展望
  9. 【ドロー解説】2015ウィンブルドンの展望その1
  10. リターンの鬼!難敵挑戦を退けて決勝へ!(2016マイアミSF)

月別アーカイブ

2017
10
08
07
06
05
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss