two-set-down

壁を超える日は、突然やってくる(2016全米QF)

このエントリーをはてなブックマークに追加

どうにもこうにも疲れてて、自分に甘えてしまって目覚ましを設定せずに寝ました。

2時開始の試合予定だったのですが、前の試合の女子の試合が1時開始。だいたい3時前くらいに開始したとして、4時間ゲームしても7時か…もう限界だ…

起きたのは6時前でした。 まず4セット目の途中だったのが驚きでしたが、もっと驚きだったのはその内容です。 ここまでの4セットを簡潔にまとめると

1セット目…錦織ミス多め。マレーのうまさが目立つ。マレー6-1であっさり。 2セット目…ブレークしたあと錦織がすぐによく戻した。最後はお得意のQSKパターンで取り返す。6-4で1セットオール。 3セット目…今度は逆にマレーが4-4から突き放す。ブレーク合戦を取り切れなかったのは痛い。マレーが先に王手。 4セット目…マレーが崩れる。謎のスタジアム全体に響き渡る轟音とコート上に落ちてしまった蛾にフラストレーションをためていた模様。

流れを掴んだ錦織はウィナーを量産。この時すでに私は2年前がよぎっていました。 あの時もフォアハンドでしっかりとウィナーを量産し、ボールを叩くことができていました。 当時のほうがサーブスタッツがよかった気がしますが、その分今は引き出しが増えたように思います。

この気持ちのいいウィナーとスピードボールで相手を押し込みウィナーを取る姿。 2年前と違い曇天の屋根が閉まった会場とはいえ同じコート。

正直、負けていても絶賛していたと思います。 テニスの内容がよかったからです。マレー相手に今回も食らいつくことができている。それだけで十分です。 今のプレーができているならばいつかチャンスは来る。今回は結果的にタフドローだったし仕方なかった。 そんな文章を書く覚悟もできていました。

しかし勝ちに変えました。では何が違ったのか?いろいろと見方はあると思いますが、私からは時間もないですし2点挙げたいと思います。

①セットカウントの流れ、ここまで数大会の経験を生かした 以前私は「2セットダウンからBIG4相手に逆転勝ちするのは限りなく不可能に近い」とデ杯マレー戦後に評しました。


一歩前に進みました。これは一歩ではないかもしれないですね。大きな前進です。と同時に、改めて2セットダウンからの逆転勝ちは難しいことを再認識し、もしそうしなければいけないなら一瞬たりとも隙を与えないことが重要だと肌で学びました。

(two-set-downの、その向こうへ(2016デ杯1R rubber4))



結局、上位選手同士のタイトなゲームでは、2セットダウン=負けということです。 歴史的に振り返っても、GSで2セットダウンから逆転勝ちした事例はほとんど見かけません。

(中略)

5セットマッチにおける1セットダウン後の2セット目の重要性を、錦織圭は理解していないのではないでしょうか。「落としてもまだ負けではない」ではないのです。

(この1敗を「ただの1敗」にできるか(2016全仏4R))


5セット勝利の時、勝者側から見るとセットの星取は以下のパターンになります。

①〇〇××〇

②〇×〇×〇 ③〇××〇〇 ④×〇〇×〇 ⑤×〇×〇〇

⑥××〇〇〇(TSD勝ち)

①と②、⑤と⑥の間に1行空けたのは理由があります。 これは上から順に、2セットを終えた時のセットカウントが2-0、1-1、0-2です。 そして1-1のパターンがたくさんあることに気づきます。 つまり、0-2(or2-0)からフルセットになる確率より、1-1からフルセットになる確率の方が高いのです。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
テニス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

壁を超える日は、突然やってくる(2016全米QF)

sakura22さん

運ばかりはどうしようもないですからね。しかし試合中の運に関しては錦織も悪くないと思いますよ。そういうところから自分を取り戻すことは多いです。


yodyexplorerさん

今ではなかったですね。しかし妄想のようだったものが、少しずつ形になってきました。
勝てるかもという要素の積み重ねだったのが、これくらいの感じで勝っていけばいいという具体的な数字だったりで議論できるようになってきました。そう遠くない時期にその時が来ても驚きません。


toppoさん

>しかし、この試合はそれでも錦織は会心の試合ではなかったように思います。
無駄なUEを連発する時間帯もありましたし、TSDさんご指摘の戦略的なネットプレーも、
どうも中途半端にネットを取りにいくプレーもあったように思います。
2014年ジョコビッチ戦は会心の勝利でしたが、今回は我慢の勝利、
逆に言えば、それだけ錦織の地力が上がったということでしょう。

そうです、本質はそこです。
記事は濁して書いてますが、マレーも錦織も時間帯によってアップダウンがありました。
そのアップダウンの中で最終的に勝ったことは意味があります。
錦織クラスの上位選手であれば、「当たり日」であればどんな選手に勝ってもおかしくありません。
しかしそれでは意味がありません。結局運に依存することになる。
そうではなく、自分の通常の手札でゲームメイクして勝ったことに意味があります。
そういった意味で、14全米とは全く意味合いの違う、新しい形の勝利でした。


mkawaさん

ありがとうございます。自分の中でセーブはかけながらやっているので、今のところは大丈夫なはずです。


圭 大好き!さん

>圭は、まさに、1段1段ですね❗d=(^o^)=b♥派手さは無いけど、ランキングの急降下もありません、とても自分を良くわかった、堅実なテニス選手です❗Ψ( ̄∇ ̄)Ψ♥←試合内容は、ド派手ですが❗

そうなんですよね。これが不思議なところです。年間最終ランキングも14→15はわずかに落ちましたが右肩上がりなのは変わらず。4年応援してきても、よくわからなくなる時があります。


polepoleさん

デルポトロはとにかく最近のデータがないというのが不安材料でしたね。
デルポトロがこの調子なら大きな大会でいつかは当たると思うので、楽しみに待ちたいです。


beckerさん

beckerさんは以前からデ杯、五輪といったITF開催の0ポイントの大会に対して非常に否定的ですが、今五輪の活躍やデ杯での死闘を経て、これらが無駄だったと考えるのは難しいのではないでしょうか。
単純にマレーに勝つことさえ、あのデ杯や五輪がなければ難しかったでしょう。
もしこれらに出ていなければ、マレーとの対戦は今年初だったのですから。

しかも合理的にやったからといって、本当に結果が合理的になるかと言えばノーです。
マレーは五輪のためにカナダを捨て、五輪には出たものの合理的に疲労回避に努めましたが、全米で負けました。
ラオニッチは五輪を捨てるという最も合理的な判断をしたものの、この全米シリーズで600pも得ることができませんでした。この結果錦織ワウリンカにレースで差を詰められ、ランキングを落としました。

再三書いていますが、錦織は一見非合理に見える選択から最終的に合理的な結果を出す選手です。
これが不思議なところですが、今回の敗戦は体力切れだからもったいないのではなく、状態のいいワウリンカに対して3、4セットとどうやって粘るかを学びました。高い授業料と言えばそれまでですが、悪くない買い物だったと思いますよ。


zeroさん

ややBIG4に陰りが見えてきた今だからこそ、BIG4を再定義する必要性があると感じています。
ピークを過ぎようとしている彼らがいまだ上位を席巻することを「下世代のふがいなさ」で片づけたくはありません。
彼らは術を知っています。高いテニスの技術力に加え、テニス脳とフィジカル、さらに修羅場をくぐったメンタルを持っています。
男子プロテニス史上最高に面白い時代と言われるこの時代を楽しむことができる今のうちに、知られるべきです。

壁を超える日は、突然やってくる(2016全米QF)

一歩一歩熟してきたのを実感の全米でした。

TSDさん 充実の更新堪能させていただいております。

事はそう簡単にはいかないでしょう、今、たぶん最強のマレーでさえ苦渋の連続だったのですから

フェデラー、ナダル、ジョコに頭を押さえつけられていたのですからね。

錦織はそれにマレー本人を加えて4人+ワウですから、これは気が遠くなる。

でもそれだからこそ価値があると思います。彼らを超えてのWINはどの時代のWINNERより価値あるものと信じています。

敗退すると落胆ばかりが横行する情けない風潮ですが(現住所TOP10の意味が理解できていない)錦織をはじめとして各プレイヤーにたいするリスペクトに溢れた記事をこれからも楽しみにしております。


TENNIS LOVERさんがほぼリタイアされた中、TSDさんの体調面きがかりです。

ご自愛のほど無理なきよう願います。

壁を超える日は、突然やってくる(2016全米QF)

最後はガス切れによる自滅でしたね。
つくづくリオが余計でした。
メダルがとれてよかったですが、
代償は大きかったと思います。
とはいえ、体調がよければ、誰にも負けない、
というのは、証明されました。
これからは、スケジュール管理が重要になると
思います。出場試合を選べないものでしょうか。

壁を超える日は、突然やってくる(2016全米QF)

世界一のフォアハンドを持つデルポと世界一のバックハンドを持つワウ、
巷ではワウリンカが上がってきてくれてよかったみたいな論調ですがどうなんでしょうね。
準決勝となると、デルポトロの方がくみしやすい気がしますけど。1週目で当たるなら厳しいですが・・・
デルポにGS2週目戦い抜くフィジカルがあるとは思えない点と、バックは返すだけの状態だと考えれば、
錦織がきっちり戦えれば負けないと思うんですがね。
ワウ相手だと、結局ワウの調子次第になってしまう気がします。

こんな記事も読みたい

勝負強さと勝利への執念が生んだ劇的な勝利。(全米QFマレー戦感想)【いろいろな試算を少し本格的にやってみる。】

マレーに勝った! ~2016 全米 QF~【スコッチを片手に】

優勝候補マレーを破る金星。準決勝は第3シードのワウリンカと激突。【Fight!! Kei NISHIKORI】

ブロガープロフィール

profile-icontwosetdown

  • 昨日のページビュー:389
  • 累計のページビュー:28395776

(11月17日現在)

関連サイト:オフィシャルツイッター(開設しました)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 試合結果とは違うこの試合が示す「その先」へ(2015カナダSF)
  2. 歴史は変わった~錦織圭、そしてラオニッチの初ツアーファイナルズがもたらすもの~
  3. 近づいてきた頂点の景色と、今後の希望(2016マドリードSF、ローマSF)
  4. 全仏のシード争い過熱!4月4週とランキング予測
  5. その時、新しいテニスがコートに降りた(2016マドリードQF)
  6. 目にしたその光景は、あまりにも受け入れがたいほどの圧倒だった(2015カナダQF)
  7. AlwaysFight(2016マイアミ回顧・決勝プレビュー)
  8. 【ドロー解説】2016全仏OPの展望
  9. 【ドロー解説】2015ウィンブルドンの展望その1
  10. リターンの鬼!難敵挑戦を退けて決勝へ!(2016マイアミSF)

月別アーカイブ

2017
10
08
07
06
05
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss