two-set-down

錦織圭に対する「勝つための最適解」を見た(2016五輪SF)

このエントリーをはてなブックマークに追加

8/13 現地12:00~(日本時間翌日0:00~) Olympic Games Rio De Janeilo SF [4]Kei Nishikori 1-6 4-6 [2]Andy Murray



感じた絶望は、想像以上でした。 何をやっても勝てない、そんな感覚がありました。 しかしその絶望感の原因は何か?実は思っているより錦織自分自身にありました。


試合を通じて気になったポイントはありません。大局的な話をする方が理解しやすいと思います。

・マレーの1stサーブがよく入った ・錦織にリターンミスが多かった ・サーブはそこそこ入っているが、マレーがほぼリターンをメークし、ラリー戦になった ・ラリー戦では錦織の攻めのほうにリスクがあり、ほとんどの場面でじり貧だった

4つともすべて大事です。ここに凝縮されていると思います。

ではその4つのポイントを数字で振り返っていきます。

順番は前後しますが、まずラリーの内容です。 この試合、マレーはフラット系の強打を多用していました。これがうまかった。 このコートはためて強打を打つことが可能な遅めのハードコートです。 デルポトロの勝利や前日のジョンソン戦でマレー自身が受けたジョンソンのフォアからの猛攻を考えると、マレーは全部守っていては錦織に攻められたときに守勢に回り、最後まで決められるという可能性を強く考えたと思っています。

そうして出した結論が攻めるということです。 ただしマレーは無理をしていません。 映像を振り返るとわかりますが、クロスラリーの打ち合いで同じクロスに強打を打つ、打ち込まれたときにつなぐボールをゆるくする代わりに錦織のいないコースに打って時間を作るなど、リスクをあまり必要としないプレーを心掛けています。 一方錦織はクロスラリーの打ち合いからフォアストレートに強打したり、厳しいコースに打ったりして自分でUEを積み重ねています。 BIG4に対しUE連発では勝てないとプレビューで書きましたが、まさにその展開になりました。 ラリーの時にマレーは緩やかに攻めを加速させている印象なのに対し、錦織は一打目の攻めの配球に確実に崩そうという意識を振りすぎている印象があります。これではリスクを取った分ミスが出てしまいます。

これではじり貧なのです。ましてや疲れもあった場面で錦織が攻めの判断をしてしまったのは痛い。遅いコートなのですから、攻めは丁寧に行かないとUEの本数は勝手に増えていきます。



次に両者のリターンです。 この試合、マレーのエース本数が3本と言ったら結構驚く方もいるのではないでしょうか。しかし事実です。 私も倍の6本くらいはあるかなと思っていましたが、決してそんなことはありませんでした。 つまり錦織はラケットには触れているのです。ただそのリターンが返っていないことでゲームを苦しくしている。

そしてこの状態は、実はモンフィス戦からずっとでした。 当時のツイッター実況を振り返ってもさかんにリターンミスについて言及しています。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
テニス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

錦織圭に対する「勝つための最適解」を見た(2016五輪SF)

3セットマッチなら勝てていたかもしれない。格上にたいしての焦りがあったのじゃないでしょうか。
あっけなく終わってしまったので、びっくりしました。いつものプレイが出ぬままに!!
サーブ:レシーブ大切ですね。でも ナダルとの対戦には、だいぶんいつもの調子を取り戻し、よく頑張ったと思います。サーブをもう少し研究してほしいですよね。体調がくずれなかったことは、本当によかったと思います。

錦織圭に対する「勝つための最適解」を見た(2016五輪SF)

tsdさん、いつも記事を興味深く読ませてもらっています。そして、今回お採り上げになったポイントは正に最適解で、データとともにすっかり納得してしまいました。同時に、これが解決可能なテーマなのか、ちょっと心配にもなりました。

錦織は「屈指のリターナー」ではなく「屈指のストローカー」ですよね。ある程度のリターンさえ返せればポイント奪取率が高く、その結果としてリターンゲーム奪取率もそれなりに高いので、時折「屈指のリターナー」という表現を使われていると理解しています。でも、純粋にリターンに絞れば超一流には程遠い。本当にtsdさんご指摘の通りだと思います。

その理由を私はリーチにあると考えていました。サービスの初速200キロ/h、ベースライン到達時90キロ/h(サーフェスや軌道によります)に対し、錦織のリーチ、一歩の移動距離を計算すると、さわれる球の範囲は、身長190センチクラスの欧米選手に比べ、恐らく50センチほど内側になる計算だと思います。これはサーブ力と同様、埋められぬ差と整理していました。でも今回の記事を拝見して、それは説明の一部に過ぎないとわかりました。問題はボールにさわれないことだけではないですね。

マレーは相手の厳しいサービスに対し、ボレーの延長のようなラケットワークで、戦況をなんとか40%/60%に持ち込むリターンをしますが、錦織の場合、きちっとしたリターン(リターンエース狙いのミスを含む)と完全な打ち損じ、浮き球の両極が相対的に多い気がします。錦織のグリップかテイクバックに、40%/60%に持ち込む「返す」球を選択肢にしづらい(改善の難しい)技術的要因があるのかもしれない。そういう仮説まで浮かんできました。私の思い込みかもしれませんが、今後いろんな選手を観察する際の着眼点にしてみたいと思います。

素晴らしい分析、ありがとうございました。

錦織圭に対する「勝つための最適解」を見た(2016五輪SF)

tsdさんにひとつだけ疑問がわいたのですが
錦織のリターンミスの原因にリターンエース狙いでのリターンミスは
どの程度影響しているのでしょうか。

錦織圭に対する「勝つための最適解」を見た(2016五輪SF)

初めまして。いつも拝見させております。
昨日の試合はストロークがアグレッシブだったマレーの作戦勝ちだったかなと思いますが、特にファーストダウンの3-4、15-15で錦織がバックのスライスをネットにかけた時点で試合が決まってしまったと思います。(マレーがSFMで少し落ちましたが)あそこを回り込みフォアになぜしないのか、強気とは違う選択だったと思いました。昨日は錦織がマレーにミスさせようとスライスを使って的を絞らせないよう工夫してストロークしていたように思います。ただマレーが少し疲れている時間であのミス。TSDさんが指摘された通り疲れがたまっているのが強く影響しているとインタビューを見ても思いましたが、前のゲームでフォアウィナーが出てきたあのタイミングでの選択がとても気になりました。(追い上げムードもあった中なので‥‥)
TSDさんの記事で出ていた1stのアンリターンはしばらくはしょうがないかと。それが出て今まで勝ってきた錦織圭なのでこれから修正してほしいと思っています。これは一日で何とかできるものではないので、今日は錦織圭がストローク戦でどうナダルに立ち向かうか観戦したいと思います。
長文失礼しました。

こんな記事も読みたい

錦織はマレーに勝利はならずも、銅メダルをかけて元世界1位のナダルと激突。まだまだ終わらない錦織のリオオリンピック2016。【Fight!! Kei NISHIKORI】

ポイントゼロでもこの空気~リオ五輪テニス終盤【Moon Ball in the Sun】

リオ五輪テニス(女子)【女子テニスも熱い】

ブロガープロフィール

profile-icontwosetdown

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:28331485

(08月18日現在)

関連サイト:オフィシャルツイッター(開設しました)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 試合結果とは違うこの試合が示す「その先」へ(2015カナダSF)
  2. 歴史は変わった~錦織圭、そしてラオニッチの初ツアーファイナルズがもたらすもの~
  3. 近づいてきた頂点の景色と、今後の希望(2016マドリードSF、ローマSF)
  4. 全仏のシード争い過熱!4月4週とランキング予測
  5. その時、新しいテニスがコートに降りた(2016マドリードQF)
  6. 目にしたその光景は、あまりにも受け入れがたいほどの圧倒だった(2015カナダQF)
  7. AlwaysFight(2016マイアミ回顧・決勝プレビュー)
  8. 【ドロー解説】2016全仏OPの展望
  9. 【ドロー解説】2015ウィンブルドンの展望その1
  10. リターンの鬼!難敵挑戦を退けて決勝へ!(2016マイアミSF)

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss