two-set-down

気がつけば、自己最高成績まで来ていた(2016ウィンブルドン1R~3R)

このエントリーをはてなブックマークに追加

6/27 現地15:30~(日本時間23:30~) Grand Slam 2000 The Championships Wimbledon 1R [5]Kei Nishikori 6-4 6-3 7-5 Sam Groth

6/30 現地13:00~(日本時間21:00~) Grand Slam 2000 The Championships Wimbledon 2R [5]Kei Nishikori 4-6 6-4 6-4 6-2 Julien Benneteau

7/2 現地11:00~(日本時間19:00~) Grand Slam 2000 The Championships Wimbledon 3R [5]Kei Nishikori 7-5 6-4 7-5 Andrey Kuznetsov



今大会の錦織はきついなー、と1回戦が始まって30分ほど経った時に思いました。 サーブの球速が180km/hくらいしか出ていないことがその理由でした。全力で打っていなかったのです。 さらに、ストロークも手打ちに近く腰の回転を使わない打ち方で、ハレで故障した箇所が治っていないと思いました。

錦織圭が、大会の最初から大きめのけがを抱え、そこから大会を勝ち上がっていった中で完治した事例はありません。 つまりこの大会はどこまで行くかはわからないにしてもけがと付き合ってプレーしないといけない。そのことは織り込み済みとなりました。

ただ一方で、昨年のワシントンで序盤MTOを取りながら優勝して、カナダSFまで体が持ったり、今年のローマでは疲労?の影響かトロイツキ戦で精彩を欠きまくったところから気がつけば準決勝でジョコビッチに肉薄(しかもこの間MTOなし)。 今回の芝での故障によってやや揺らいでいますが、少しずつ、フィジカルが向上しているのでは?と私は考えています。

さらに付け加えると、単発の棄権こそあれど、あのカナダ以降主要大会欠場なしで、棄権した次の大会でも勝ち上がっており(15WTF、今回)、現在のATPツアーで生きていくうえで最もマイナス要素になる長期離脱を1年間避けています。

だからこそ、今大会の錦織はどんなプレーをして、自分の体にどんな判断を下すのか?楽しみでもありました。

そして今のところ、どうやら錦織陣営の出した結論はベストになりそうです。すでに今日の地点で自己最高のベスト16。あれだけ期待された全仏と同成績まで来ました。不思議なものです。



1回戦のグロス戦はビッグサーバーということでトリッキーとも取れるカードでしたが、タイブレークでよほどリターンできないか、自サーブをブレークされまくるような展開になるかされないと負けないとは思っていました。 ただサービスのスピードが遅く、これはきついと思いました。 結果的には2度ブレークされましたが、要所でネットプレーに出たことが効果的でした。グロスにパッシングやロブで抜かれることがほとんどなかったため、重要な場面で正しくプレッシャーをかけれたことが大きかったです。 芝コートではうまくリターンを「合わせる」ことが上位進出のカギです。 グロスの1stサーブは癖なくまっすぐきれいに飛んでくる印象があり、コースも隅ばかり狙ってくる選手ではないので、このあたりの感覚もうまく調整してリターンエースを取れました。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
テニス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

気がつけば、自己最高成績まで来ていた(2016ウィンブルドン1R~3R)

圭 大好き!さん

>坂本ヒデさんが、“チリッチ戦では、リミッターを外せるかがカギになる”とおっしゃってたので、陣営としても、4回戦を見据えての戦略だったのですね~(;A´▽`A

とうにリミットは外れていたんですね…


toppoさん

>クズネツォフ戦はだいぶ元気が出てたような気もしましたが、
試合後のコメントは「痛みとの戦いだった」とのこと。
明日までに完治するとは思えず、ここでチリッチとは絶望しかありませんが(笑)、
なんとか自己最高成績を更新して欲しいです。

結局、本人はこの地点でわかってましたね。見た目以上に厳しい戦いだったんでしょう。


ヒデキリさん

結果的にはこのような形になりましたが、この結果が、何かを変えることを信じるしかないですね。

気がつけば、自己最高成績まで来ていた(2016ウィンブルドン1R~3R)

t-s-dさんの記事をいつも楽しみにしています。今回もとても分かりやすい解説でした。
チリッチは、錦織選手にとって大きな敵の一人であると思っています。きっと、厳しい試合になるでしょうね。でも、tsdさんの最後のコメントに大きな錦織選手への思いを感じます。私も、ファンの一人として、同じような気持ちで応援したいと思います。彼は、今まで日本人が成し遂げたことがないようなことをきっと達成してくれると信じているからです。
これからも、適切な解説をよろしくお願いします。

気がつけば、自己最高成績まで来ていた(2016ウィンブルドン1R~3R)

こんばんわ。

グロス戦はもう、サーブは遅いわフォアはへなちょこ、バックはスライスしか打たない、
これはダメだと思いましたがよくここまで来ましたね。
クズネツォフ戦はだいぶ元気が出てたような気もしましたが、
試合後のコメントは「痛みとの戦いだった」とのこと。
明日までに完治するとは思えず、ここでチリッチとは絶望しかありませんが(笑)、
なんとか自己最高成績を更新して欲しいです。

それにしてもクズネツォフは良い選手ですね。
若いしまだまだランキング上げてくる予感がします。

チリッチは錦織を越えれば優勝候補ではないでしょうか。
ラオニッチもですが内容が良すぎますね。

GS開催中は本当に毎日がワクワクドキドキで、もう全てがテニス中心になってます。
TSDさんはWOWOWをあまり評価されてないようですが(笑)、
問題は多くあれど、この期間ガッツリ中継してくれるWOWOWには感謝しかないです。
あと一週間、我々ファンも駆け抜けましょう。

「気がつけば、自己最高成績まで来ていた(2016ウィンブルドン1R~3R)」へのコメント

tsdさん、こんばんは❗p(^-^)q
本当に、1回戦を見た時は、最初途中リタイアも覚悟しました(>_<)💦しかし、大事なポイントだけピリッとするテニスで、何とか乗りきりましたm(__)m♥←この試合を拾えたのがホントに大きかったですね~f(^_^;)グロスには、何回“ありがとう”と言ったかわかりません。
加えて、恵みの雨で2回戦まで中2日になり、3回戦までもがちゃんと中1日に!Σ(×_×;)!←全仏では雨に泣かされましたが、今度は雨に救われています(^w^)♪
何と言うか、“脱力感を会得した、究極のがまんテニス”を実践出来ているみたいですよね~f(^_^;)←チリッチ以降にはさすがに通用しないでしょうから、どこまでわき腹が回復出来るかが、今後の最大のカギになると思いますm(__)m♥
坂本ヒデさんが、“チリッチ戦では、リミッターを外せるかがカギになる”とおっしゃってたので、陣営としても、4回戦を見据えての戦略だったのですね~(;A´▽`A
充分な回復が得られて、目の覚めるようなテニスを披露してくれることを祈ります❗(`ー´ゞ-☆ピシッ♥

こんな記事も読みたい

New Nishikori Style ミスをしない錦織 ウインブルドンR32【change-the-flow】

ウィンブルドン6日目(女子)【女子テニスも熱い】

−大会レポート− 第6日 ジョコビッチが敗退! 錦織圭、土居美咲は16強入り【ウィンブルドンテニス2017】

ブロガープロフィール

profile-icontwosetdown

  • 昨日のページビュー:214
  • 累計のページビュー:28404787

(12月18日現在)

関連サイト:オフィシャルツイッター(開設しました)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 試合結果とは違うこの試合が示す「その先」へ(2015カナダSF)
  2. 歴史は変わった~錦織圭、そしてラオニッチの初ツアーファイナルズがもたらすもの~
  3. 近づいてきた頂点の景色と、今後の希望(2016マドリードSF、ローマSF)
  4. 全仏のシード争い過熱!4月4週とランキング予測
  5. その時、新しいテニスがコートに降りた(2016マドリードQF)
  6. 目にしたその光景は、あまりにも受け入れがたいほどの圧倒だった(2015カナダQF)
  7. AlwaysFight(2016マイアミ回顧・決勝プレビュー)
  8. 【ドロー解説】2016全仏OPの展望
  9. 【ドロー解説】2015ウィンブルドンの展望その1
  10. リターンの鬼!難敵挑戦を退けて決勝へ!(2016マイアミSF)

月別アーカイブ

2017
10
08
07
06
05
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss