two-set-down

【ドロー解説】2016全仏OPの展望

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

最初に少しだけ。 前回私がTENNIS LOVERSさんの話を出したこともあってか、ここのところテニスカテゴリー全体で議論が巻き起こっています。 私自身、心に刺さるものもありました。議論のそれぞれの意見に大きく間違ったことは見られず、ほとんどが正論です。


私自身は2015年中盤くらいに慢性的な疲労とストレスの症状を訴えて以降、公的な自分の仕事の処理もあって更新ペースを上げないようにしています。 正直今更新していること自体もいろいろ無理をしながら、というのが本音です。

改めて2015年夏以降の自分の記事更新を見ると「錦織ばかり」と言われてもおかしくないところはあります。 私としては、ツアーのほうも追っていきたいし記事も書いていきたいとそう思っていますが、現実的にそうもいかないため、このようなスタイルになっています。

2015年序盤は「独自レーティングで『strong 9』を提唱」、「全豪後にジョコビッチ1強を予測」、「全仏決勝プレビュー」など、ツアー全体としても記事を書いていたし、バランスよくやっていたかなと思っています。2014年オフの「閑話球題シリーズ」はその最たるものです。

一刻も早く私自身の問題をクリアし、2015年前半の安定していたスタイルに戻したいと思っています。 特にデータ関係は不足しています。ランキングのほうもそうですが、シーズン全体の統計も溜まってきたころですし、何か私としてもテーマを決めて書いてみたいという気持ちがあります。

引き続き、ご理解いただければと思います。 当人としては個人プロフィールにもある通り、「テニスを中心に」ということがブログテーマです。決して錦織圭単独ではありません。

また、当人の及ぶ範囲である当ブログに関するご意見についてはすべて参考にさせていただいておりますが、カテゴリー全体のご意見については、私に言われてもというところはあります。 私の責任の及ばない範囲です。

それからブログを書く、ということは最低限の知識を持っている必要があります。 古くからのテニスファンでないとツアー、他選手のことは書けないのではないでしょうか。 そのようなテニスファンの人口は決して多いとは言えません。 一方錦織圭の試合を欠かさず見ていれば、あの全米以降でもすでに100試合以上見ていることになっています。

こうなれば、カテゴリー全体がこうなってしまうのはある種必然のようにも思えます。

私の責任が負えない範囲である以上、新しいブログ著者の方が現れることを期待するしか私にはできません。



さて全仏です。昨晩ドローが発表されました。

さっそくドロー解説に移りましょう。

①ジョコビッチ山

[1]ジョコビッチ ルー (Q)イルハン (Q)ダルシス (Q)G.メルツァー ベデネ カレノ=ブスタ [31]デルボニス [20]トミッチ ベイカー コリッチ フリッツ マシュー ヒラルド ツルスノフ [14]バウティスタ=アグー

[11]フェレール ドンスコイ イストミン モナコ エストレラ=ブルゴス マルチェンコ ファビアーノ [21]ロペス [25]クエバス (Q)カムケ チュン (WC)アリス ジャズーリ F.マイヤー ポスピシル [7]ベルディヒ


悲願の全仏初優勝、キャリアグランドスラム達成を狙う[1]ジョコビッチ。初戦はツアーに復帰したばかりのルー。先週ソウルチャレンジャー決勝で逆転負けを喫したばかりです。 2回戦も予選勝者同士の対戦となり、今シーズンのジョコビッチの課題である序盤戦に不安材料が少ない展開となりました。 3回戦の[31]デルボニスもジョコビッチを脅かす一発は少ないか。カレノ=ブスタには注目です。 4回戦の山は不透明。[14]バウティスタ=アグーが本命ですが、ここ最近やや勢いが止まってきています。 対抗シードの[20]トミッチはシード選手でも有数のクレーが苦手な選手。シードキープもきついのではないでしょうか。 ここは初戦のフリッツとコリッチの「nextgen」に注目。勝ったほうが台風の目になるかもしれません。

6ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
テニス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

【ドロー解説】2016全仏OPの展望

twosetdownさん、初めまして。いつも記事、楽しみに読んでます。TENNIS LOVERSさんのブログも好きだったので、最近見てないので残念です。

基本的にここのブログの良さは、好きな人が好きなことについて自由に書けることだと思います。
錦織くんの記事が多いのは、それだけ錦織ファンが多いということで、別に誰が気にする話ではないと思います。
錦織くんが試合をした後は、ここのブログを全部読んで、皆さんがその試合に対してどんな感想を持ったか、すごく楽しみにして読んでます。

「錦織の話題ばかりでつまらない。」という人がいる一方で、「もっと錦織の話題を読みたい」という人もいますので、気にせず、自分が書きたいネタを書いてください。次のブログも楽しみにしてます。では。

「【ドロー解説】2016全仏OPの展望」へのコメント

tsdさん、こんばんは❗(^◇^)♥
ブログ主さんとしては無視出来ない外野の声、いろいろとご苦労があるのですね~(>_<)💦私には、応援することしか出来ないですけど、ずっとtsdさんの味方ですからね、ファイティンです❗Ψ( ̄∇ ̄)Ψ♥
さて、圭のドローですが、“ジョコとの準々決勝”を避けれたのと、“準々決勝からのBIG4 3連チャン”を避けれただけでも、私的には万々歳です(;A´▽`A♥
やっぱり、4位と5位の違いはめちゃくちゃ大きいですね~(# ̄З ̄)
そういう意味では、今大会の“準々決勝マレー”は、今後の圭の躍進を占う試金石となりそうな気がしますm(__)m♥
ジョコまでたどり着けるようなら、ツイであの辻野さんが呟いていたように、一気にてっぺん獲りが加速するかもですね~❗((o(^∇^)o))♥
果たしてどんな展開になるのか、本当にGSはドキドキします❗❗(`ー´ゞ-☆ピシッ♥

こんな記事も読みたい

全仏ドロー発表。錦織は第5シードで初戦はボレリとの対戦。【Fight!! Kei NISHIKORI】

全仏OP トップハーフ全ドローと展望。【サンチェス・ピスファン】

クレーシーズン最終決戦、全仏いよいよ開幕!~ 2016全仏展望 ~【KEI ENERGY】

ブロガープロフィール

profile-icontwosetdown

  • 昨日のページビュー:216
  • 累計のページビュー:28404257

(12月15日現在)

関連サイト:オフィシャルツイッター(開設しました)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 試合結果とは違うこの試合が示す「その先」へ(2015カナダSF)
  2. 歴史は変わった~錦織圭、そしてラオニッチの初ツアーファイナルズがもたらすもの~
  3. 近づいてきた頂点の景色と、今後の希望(2016マドリードSF、ローマSF)
  4. 全仏のシード争い過熱!4月4週とランキング予測
  5. その時、新しいテニスがコートに降りた(2016マドリードQF)
  6. 目にしたその光景は、あまりにも受け入れがたいほどの圧倒だった(2015カナダQF)
  7. AlwaysFight(2016マイアミ回顧・決勝プレビュー)
  8. 【ドロー解説】2016全仏OPの展望
  9. 【ドロー解説】2015ウィンブルドンの展望その1
  10. リターンの鬼!難敵挑戦を退けて決勝へ!(2016マイアミSF)

月別アーカイブ

2017
10
08
07
06
05
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss