two-set-down

近づいてきた頂点の景色と、今後の希望(2016マドリードSF、ローマSF)

このエントリーをはてなブックマークに追加

5/7 現地20:00~(日本時間翌日3:00~) Masters1000 Madrid Mutua Madrid Open SF [6]Kei Nishikori 3-6 6(4)-7 [1]Novak Djokovic


5/14 現地20:00~(日本時間翌日3:00~) Masters1000 Roma Internazionali BNL d’Italia SF [6]Kei Nishikori 6-2 4-6 6(5)-7 [1]Novak Djokovic



もやもやが晴れていく。 そんな感じです。

ジョコビッチにこれで8連敗となりましたが、今日触れるこの2敗はこれまでの6連敗とはずいぶん違います。


マドリードSFではジョコビッチのサーブが手が付けられない状態になりました。 第1セット序盤はキリオス戦で数々のピンチを救ったストローク戦で主導権を握り、ラリーではほとんどのポイントが取れていました。 しかし、不利なカウントになった途端ジョコビッチは1stサーブを入れ始めます。 奇しくもキリオス戦で私が提唱した「BPP」(ブレークポイントの手前のポイント)でのことです。

第1ゲームを0-40からジョコビッチが挽回すると、そこからはジョコビッチのサーブに対し錦織はチャンスを作れません。 決して220km/hのサーブを隅にバンバン決めていくキリオスとは違うのですが、なぜかポイントにできません。 この現象、フェデラーについても言えることです。エース本数の多いフェデラーですがそれに比例した球速のサーブを持っているわけではありません。フェデラーのサーブについてよく言われていたのがコースが読めないサーブを打ってくる、ということでした。全く同じフォームからコースを打ち分けられるとか…

ジョコビッチも、実はそういう領域にたどり着いているのでは?と最近思うようになりました。 何せベッカーがコーチについています。 ベッカーは「ブンブンサーブ」と呼ばれた(この名前は日本だけでしょうが)世界屈指のビッグサーバーの一人です。 このベッカーが2014年にコーチに就いて以降、サーブの技術が向上したことが2年以上1位をキープする安定した成績につながっているのでは?と言われることもあります。

ジョコビッチのサーブは、体の柔軟性、卓越したバックハンド、ゲームの流れの判断力など他の要素に隠れがちですが、もはや長所と言っていいのではないでしょうか。過小評価されていると思います。


錦織も1stサーブを普段よりは入れて、特にBPPでは粘り強いプレーで何度もピンチを脱していましたが、数ゲーム経ってジョコビッチがラリーの感覚を掴むと、少しずつではありますが差がついていき、ずるずるといった結果ジョコビッチのSFM、5-4の40-0まで到達しました。 が、ここでチャンスボールをジョコビッチがミス。 こんなこともあるのか… というか、私はNHKで見ていたのですが、ちょうど放送局が切り替わったせいで、もうMP決まったと思ってつけたら40-15で狐につままれた思いでした…

さらにDFとUEで追いつくと、ここでジョコビッチのプレーが少し落ちます。 1セット目中盤で流れを掴んだジョコビッチ。本来であれば自然な形でギアアップしたのでそのままゴールまで惰性で行けるはずだったのですが、このSFMを落としてしまったことでもつれます。

6ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
テニス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

近づいてきた頂点の景色と、今後の希望(2016マドリードSF、ローマSF)

いつも読ませていただき、楽しませていただいております。
当記事のアップ日に、既に読ませていただき、胸に迫るものを感じました。

実は、思うところあって、当ブログにブログ主として初寄稿をしようとしたその折も折、ナダルの棄権を知りました。

そして、わたくし自身の心を整理するためもあり、主題を変えて、改めて寄稿させていただいた経緯があります。

遅くなりましたが、TSD様の当該記事もあつかましくも若干引用させていただきましたこと、御礼も兼ねて、報告させていただきたくこのたびのコメントを書かせていただいた次第です。

今後とも、勉強させていただければ幸いです。

近づいてきた頂点の景色と、今後の希望(2016マドリードSF、ローマSF)

どうも始めまして。
とらきちさんの頃からブログ楽しく読ませていただいています。

自分はATPツアーの仕組みなどはほとんどこちらのブログから学んだのでとてもお世話になっています。

2013年初期から本格的にツアーを見始めており、今では多くの試合を見るようになりました。
そして現在2016年のツアーはとてもおもしろいですね。

さすがに2014年のおもしろさには敵いませんが、13、15年の停滞していた時期に比べるとかなり違うと思います。

なにより錦織選手は今年ツアーで唯一の地位を得ているのではないでしょうか。
それは本当の意味でのBIG4に対する挑戦者としての地位です。
シーズン序盤であればラオニッチもこちらに入ると思います。
キリオス、ティエム、ゴファン、アグートなども勢いはありますが、彼らの挑戦を錦織選手はしっかり実力ではねのけていますし。
まるで今年の錦織はデルポトロのようですね。

さて、全仏ももうすぐ始まりますが、全仏後のランキングにも実はけっこう注目しています。
もしかすると全仏後、新たなトップ10選手が現れるかもしれないからです。
2014年は錦織、ディミトロフ、グルビス(だったと思います)
2015年はアンダーソンただ1人

今年の全仏後、ティエムとゴファンにチャンスがあります。
また、レースランキングだけ見ればアグートやキリオスにも十分チャンスがあります。
比較的若い選手が新たにトップ10入りするこの流れは2014年に通ずるものがありますね。
twosetdownさんは今年新たにトップ10入りするとすれば誰だと思いますか?

年末のWTFに新しい選手が複数入るようになればおもしろいですね。
できれば年末まで誰が出るかわからないというワクワク感を今年も味わいたいものです。

長文失礼しました。

「近づいてきた頂点の景色と、今後の希望(2016マドリードSF、ローマSF)」へのコメント

tsdさん、お疲れ様です。

TENNIS LOVERSさんの、この記事は私もその後、時折見にいっています。マレー、ナダルが、怪我をしここまでの復活を遂げることを確信した方は多くはいなかったと思います。ビッグ4が衰退、世代交代と言われはじめましたが、錦織をはじめ若手の追い上げも今一、ジョコビッチの一強時代とも言われはじめました。2015年シーズン、錦織はある意味不振でした。それでも戦い続けていました。今シーズンは、やはりビッグ4なのか、そして今錦織が着実に力を蓄え、挑もうとしている状況だと思います。しかし、錦織が順風かというと、決してそうではないと思うのです。この先、ビッグ4が去りゆくときが必ずきます。錦織が不振に陥ることもあろうかと思います。ただ、今シーズンの戦いが繰り広げられています。私はどのような状況にあれ、テニスを楽しんでいきますし、錦織を応援していきます。
TENNIS LOVERSさんは、見ているはずです。いまこの状況をどのように見ているのでしょうか、TENNIS LOVERSさんの、分析を、意見を聞きたいです。一度でもよいです。この今、戻ってきて欲しいです。

近づいてきた頂点の景色と、今後の希望(2016マドリードSF、ローマSF)

先日、貴殿のブログにコメントさせていただきましたが、その中で、他の方のブログと勘違いしてコメントをしてしまいました。「貴殿の書かれたコメントが・・・」という部分です。お詫びして訂正致します。
毎回ブログを読ませていただき、錦織選手への分析がとても深いことに驚かされます。また、なるほどと感じることが多々あります。これからも、いろいろな考えを読ませていただきたいと思っています。

こんな記事も読みたい

錦織の成績とレースランキング考察(ローマMS終了時)【いろいろな試算を少し本格的にやってみる。】

テニス・レーティング【テニス・レーティング】

今週の2大会とランキング。【サンチェス・ピスファン】

ブロガープロフィール

profile-icontwosetdown

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:28357801

(10月24日現在)

関連サイト:オフィシャルツイッター(開設しました)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 試合結果とは違うこの試合が示す「その先」へ(2015カナダSF)
  2. 歴史は変わった~錦織圭、そしてラオニッチの初ツアーファイナルズがもたらすもの~
  3. 近づいてきた頂点の景色と、今後の希望(2016マドリードSF、ローマSF)
  4. 全仏のシード争い過熱!4月4週とランキング予測
  5. その時、新しいテニスがコートに降りた(2016マドリードQF)
  6. 目にしたその光景は、あまりにも受け入れがたいほどの圧倒だった(2015カナダQF)
  7. AlwaysFight(2016マイアミ回顧・決勝プレビュー)
  8. 【ドロー解説】2016全仏OPの展望
  9. 【ドロー解説】2015ウィンブルドンの展望その1
  10. リターンの鬼!難敵挑戦を退けて決勝へ!(2016マイアミSF)

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss