two-set-down

AlwaysFight(2016マイアミ回顧・決勝プレビュー)

このエントリーをはてなブックマークに追加

タイトルを決めるのに助かりました。 本人からのメッセージです。 ともに戦いましょう。



さて個人の都合により全然更新していなかったマイアミの状況です。

大会はシードダウンが相次ぎました。 まずはフェデラーが復帰予定だったものの胃腸炎(?)で直前欠場。夢のデルポトロとの対戦はなくなりました。 そしてナダルは暑さの影響か熱中症に近い症状で棄権負け。ナダルはめったに棄権負けをしない選手。意外な幕切れでBIG4二人が初戦で消えました。 さらにワウリンカは全くストロークが安定せずクズネツォフにあっさりと敗戦。 春のワウリンカはいつものことですが、全豪でも稼げずドバイとチェンナイと小さい大会でしかまだ結果が出ていないのは不安材料です。この後はローマ360→全仏2000→ウィンブルドン360という失効地獄が待っており(全体の40%以上)、結果次第ではトップ5陥落も近くなってきます(ただしナダルもベルディヒもフェレールもよくないのでなんとか持つ?)。

さらに3回戦ではディミトロフがマレーを破ります。 マレーの春先もいつも通りの不調なのですが、去年はしっかりマイアミで合わせてきただけに、苦手IWと続けて得意のマイアミを落としたのはネガティブでしょう。

現在のマレーのレースポイントは1500を超えていますが、全豪の1200pとデ杯決勝の2勝+ボーナスポイントでの獲得がほとんどで、クレーシーズンでおととしより前のような成績だと錦織、ラオニッチに差をつけられる可能性はあります。

そしてフェレールは2回戦でプイユに敗戦。内容も悪く勝ち切れた試合を落とした格好です。


いわゆる「strong 9」が去年今頃の安定した勝ちあがりをしていたのとは一変し、今年は2回戦までに4人、3回戦までに5人が倒れる乱戦模様となっています。

この空いた枠に滑り込んだのがゴフィン。フェデラーフェレールが抜けた第2クォーターを勝ち上がってIWに続いての4強です。 完全なラッキードローではありますが、そのラッキードローを取りこぼさないのも実力。 忘れられがちですが、彼はベルギーチームをデ杯準優勝に導いたエース。デ杯での活躍はその後のキャリアの転換点になる、彼もまたその例に漏れない活躍となっています。

年初から他選手を圧倒的に引き離す強さ、さらにドロー運も相まって順調に勝ち星を伸ばしていたラオニッチも今大会QFまで勝ち上がりました。 しかしQFのキリオス戦ではサーブ球速が落ち、キープするのがやっとの状況。 モンテカルロは出場予定に入っていますが、去年長期離脱を強いられたクレーシーズン。フットワークも多用するこの時期に足回りの不安を抱えているのはかなり不安材料です。 分かりませんが、今年も長期離脱しても何の不思議もないと思っています。

7ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
テニス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

AlwaysFight(2016マイアミ回顧・決勝プレビュー)

tsdさん、お疲れ様です。

仮眠をとりました。
いよいよ始まります。
立ち上がりが重要ですね。
歴史が動くかもですね。
緊張してきました。
頑張れ、錦織圭。

「AlwaysFight(2016マイアミ回顧・決勝プレビュー)」へのコメント

tsdさん、こんばんは!
仮眠をしようと思っていたけど、結局起きています(^_^;)💦←明日の廃人は決定ですね~(;´д`)アウウ
私は、“怪我無く、ほぼ万全な状態”で圭がたどり着いた初めてのMS決勝の相手が、No.1の選手だという巡り合わせに感動しています!O(≧∇≦)O♥
だって、勝てば間違いなく、“テニス界の歴史が動く”んですもの!p(^-^)qなんて素敵な響きなんでしょう!!!
これから何度も何度も、跳ね返されては繰返し挑戦するのでしょうが、日本人男子が経験する第1回目を目撃できることを、素直に喜びたいです!!!σ(≧ω≦*)♥
圭、慎重かつ大胆に攻めきってくれ~!!!(`ー´ゞ-☆ビシッ♥

「AlwaysFight(2016マイアミ回顧・決勝プレビュー)」へのコメント

予告があったのでお待ちしておりました。

私が錦織君を追いかけ始めたのがちょうど2年前のマイアミでした。
あれから2年、あっという間ですね。
この2年を思い返してキリオスに勝った時涙が出そうでした。

約5時間後に皆さんで嬉し泣きしましょう。

こんな記事も読みたい

錦織の頂点をかけた決勝戦は4月4日2時!5連敗しているジョコビッチを乗り越えられるか!(マイアミ・オープン2016)【0 to zeroのhorizon】

時は来た!【ノータイトル!】

ジョコビッチのメンタルを打ち砕け。マイアミ・オープンF【change-the-flow】

ブロガープロフィール

profile-icontwosetdown

  • 昨日のページビュー:215
  • 累計のページビュー:28358015

(10月24日現在)

関連サイト:オフィシャルツイッター(開設しました)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 試合結果とは違うこの試合が示す「その先」へ(2015カナダSF)
  2. 歴史は変わった~錦織圭、そしてラオニッチの初ツアーファイナルズがもたらすもの~
  3. 近づいてきた頂点の景色と、今後の希望(2016マドリードSF、ローマSF)
  4. 全仏のシード争い過熱!4月4週とランキング予測
  5. その時、新しいテニスがコートに降りた(2016マドリードQF)
  6. 目にしたその光景は、あまりにも受け入れがたいほどの圧倒だった(2015カナダQF)
  7. AlwaysFight(2016マイアミ回顧・決勝プレビュー)
  8. 【ドロー解説】2016全仏OPの展望
  9. 【ドロー解説】2015ウィンブルドンの展望その1
  10. リターンの鬼!難敵挑戦を退けて決勝へ!(2016マイアミSF)

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss