two-set-down

リターンの鬼!難敵挑戦を退けて決勝へ!(2016マイアミSF)

このエントリーをはてなブックマークに追加

4/1 現地19:00~(日本時間翌日8:00~) Masters1000 Miami Miami Open presented by Itau SF [6]Kei Nishikori 6-3 7-5 [24]Nick Kyrgios



今週は勝負の週だ。 この意識はマレー敗退のあたりから皆さん持っていたと思います。

年明けにまだ全豪8強になる前の話、私がツイッターにて「すべての主要大会で8強に入っているだけで2880p入り、そこから4強ひとつで2倍になるので3000pは取れる、いかに主要大会が大事か」というコメントを出しました。 主要大会で勝つことを大事に、しかも継続的に。 これを個人的な2016年錦織圭の観戦テーマにしています。

当時返信を頂いたときに「すべての大会で8強なんて不可能だ」というコメントを頂きました。 私も期待はしていますが、期待していません。難敵に当たれば1回くらいやらかしてしまうことも当然あり得ます。

ただここでポイントになってくるのはATPのポイントシステム。1回4強に入るだけで2回8強に入ったのと同じポイントが入ります。 2014年の錦織圭がなぜすごかったか?複数の欠場をカバーできるほど1大会で貯金しまくったからです。

そして今日の勝利で純増240p。メンフィスを勝ったのと同等のポイントを1日で手にしました。 マッチポイント5本をしのいでから420pの獲得。それに値する活躍です。

この勝利でしばらくは8強ペースを上回ります。なんとローマまでの貯金を確保しました。あるいは全仏かウィンブルドンの8強相当をカバーしました。 いかに大きい勝利だったか言うまでもないですが、モンフィス戦を含め、ここまでの4試合があったから今日があります。



キリオスはQFでラオニッチを退けました。 ラオニッチはすでにプレーレベルが全豪のそれから数段落ち、サーブとフォアクロスだけでなんとかしているという状態まで落ち込んでいました。 一方のキリオスはストロークにキレがあり、独特のフォームからの回転偏重ながらも威力のあるフォアハンドが決まります。 総合的に差をつけ、要所では1stサーブを沈めたキリオスが内容で上回ってSFに来ました。 若手世代の停滞はここ数年のATPツアーの問題でしたが、キリオスはあらゆる面で規格外です。 すでにナダル、フェデラーを不得意サーフェスとはいえ倒し、GS8強に2回。さらに今回のマスターズ4強。ツアー優勝も果たし次々と何年ぶりというクラスの記録を作っています。

警戒すべきはキリオスのフォアハンド。自由に打たせるとノーチャンスでウィナーが決まり続けます。 またマレー戦から通算して10試合目。デ杯ウィークから4週間近くでタイトな11試合をこなしています。 モンフィス戦では顔面が紅潮し、酷暑環境の中苦しいテニスで体力を削られました。 いつ力尽きてもおかしくないという状況で、勝率は半分もないのではと思っていました。 ブックメーカーのオッズもほぼ五分。途中でキリオスの倍率が軒並み下がったことから、実際にはキリオスを支持していた人は半分を超えていたと思います。


試合はキリオスのサービスゲームでの圧倒からスタートしました。 ラオニッチ戦でも1stサーブから主導権を取っていたキリオスはこの日も勢いがあり、いつもビッグサーバー相手には1セットの前半をリターンのアジャストに使う錦織。今回も苦しい立ち上がりか…と思いました。 しかしサービスゲームで一転します。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
テニス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

リターンの鬼!難敵挑戦を退けて決勝へ!(2016マイアミSF)

TSD様

いつも楽しく、感心しながら拝読しています。
今回の決勝は純粋に楽しみながら見れそうです。

おそらく、攻撃一辺倒では無いプレーがみられるのではないかと期待しています。
長いパーシャル状態を経て、チャンスをうかがい少しの綻びを見つけては一気に攻めきるような・・・
ジョコのお株を奪うようなポイント組み立てが見れるのではと密かに期待しています。

それをされると勝てないまでも、ジョコも非常に危機感を持つのではないでしょうか?
ちょうど昨年全仏のワウリンカのように、ミスをしてくれない、かといって甘くなるとウイナーが
飛んでくる。
もう絶望ですよね。
そういう引き出しも期待しています。
では、今晩2時、NHKがライブで放送してくれそうですが、私はGAORAが好きなのでそちらで観戦します。


リターンの鬼!難敵挑戦を退けて決勝へ!(2016マイアミSF)

お久しぶりです。

素晴らしい記事ありがとうございます。

今大会は、直近のIWと比べても
進化している内容に驚いていますが、
何より怪我や、痛みなどの様子がほぼない形で
MS決勝にたどり着いた彼をたたえたいと思います。

tsd様の以前のブログから引用させていただきます。
>マスターズはわかりませんが、GSではこれをQFでギア入れ始め~SFトップギア~決勝惰性
>で行けば取れます。取れるイメージが私は湧きました。

アグーまではノーギアアップで順当勝ち。
モンフィス戦、序盤ローギアから終盤トップギアへ
最初からギア全開のキリオス戦は、予想を遥かに上回る圧倒劇。
そして、、、!

完全にシナリオ通りですね。

>依然マレーやジョコビッチ次第であることは否めませんが、
>まずはIWかマイアミで頂点の近くまで行ってほしいです。

そのマイアミで、頂点の近くまで、本当に来ましたね。
tsd様の慧眼に感服する次第です。

ここまできたら、「頂点の近く」と言わず頂点に上りつめてほしいです。
私も翌日仕事はありますが、全力で決勝戦応援したいと思います。

では

リターンの鬼!難敵挑戦を退けて決勝へ!(2016マイアミSF)

お久しぶりです。最近テニス観戦から遠ざかっていました。
今回のジョコ戦はどんなドラマでしょうか。twosetdownさんの展望を楽しみにしています。

ジョコ戦に備えてtwitterアカウント作りフォローさせていただきました。久々生観戦をがんばりたいと思います。



リターンの鬼!難敵挑戦を退けて決勝へ!(2016マイアミSF)

y.hayashi.さん

初めまして(ですっけ?)、コメントありがとうございます。
>やはり読みごたえがありました!!!
嬉しいですが時間もなかったのでかなりやっつけに書いてしまった気がしています…


圭 大好き!さん

>ラスボスのジョコ相手でも、今日のような慎重かつ大胆に攻めきるプレーが出来れば、きっとジョコを慌てさせることが可能だと思います!

次に書きますが、おっしゃる通りまずは慌てさせることですね。できると思います。


supergransmashさん

>さてTWOSETDOWNさんの見解を聞きたいのですが、私は今年の圭のトーナメントの入り方において、1~3回戦はできるだけ力を温存、言い方を換えると100%の力を出さずに勝ち切る、そして状態のピークをそれ以降に持っていくようにしているように感じます。地力がついたからこそできる事だと思うんですが、とうとうそこまでの域に達したのだと感じたのですがどうでしょうか?

実はそれは2015年の地点からやろうと思えばできていたのではと思っています。
去年の前半戦はいわゆるドサ周りでした。
耐久力を試そうという1年になった結果、終盤につらい敗戦もあってガス欠してしまいました。
この経験はチームにとって大きな出来事だったと推測しています。そしてドサ周りで勝てているんだから勝てる実力があると結果で認識=メンタル的に優位に立てるようになった
ということが大きいのではと思います。

技術的にはサーブよりもフォア逆クロスとネットプレーの進化が挙げられると思います。
引き出しは以前より増えていると思います。あとじり貧ラリーもよく取り入れるようになりましたね。今回のキリオス戦なんてその象徴ですが。


いかさまさん

お久しぶりです。勝率は高いと思いますよ。思っているよりは。5%とかの絶望ではないと思います。


けんじさん

今年からデ杯はポイント加算対象から外れました。
五輪も含め、ITF管轄の大会はすべて非加算、昔の体制に戻りました。
一説にはフェデラーに出てほしいためにITFが強引にポイント加算制度に変更したが、14年にフェデラーがスイスチームを優勝に導いたのでその役目が終了したからと言われています。
しかしそれ以前に、弱小国の選手(グルビス、アンダーソン、ドルゴポロフなど)がどうやってもポイントを獲得できないシステム(入れ替え戦グレード以上が加算対象)なので、私は以前からその不平等さに対して疑問を抱いていました。

錦織マレーのようなあれだけの激戦で0pは悲しいですが、どこの地区ゾーンでも知られざる熱戦が行われているのですから、一律0p平等であるべきです。

こんな記事も読みたい

錦織、キリオスを下してジョコビッチとの最終決戦へ。【Fight!! Kei NISHIKORI】

月曜から錦織☽ 約束の再戦、絶対王者ジョコビッチとの決戦!!【PIZⓏA de TENNIS】

【2016MSマイアミSF】錦織vsキリオス 双方疲労困憊の中、ナイスゲーム!錦織選手が格の違いを見せ付け貫禄の勝利!【"テニス"感覚観戦】

ブロガープロフィール

profile-icontwosetdown

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:28357262

(10月22日現在)

関連サイト:オフィシャルツイッター(開設しました)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 試合結果とは違うこの試合が示す「その先」へ(2015カナダSF)
  2. 歴史は変わった~錦織圭、そしてラオニッチの初ツアーファイナルズがもたらすもの~
  3. 近づいてきた頂点の景色と、今後の希望(2016マドリードSF、ローマSF)
  4. 全仏のシード争い過熱!4月4週とランキング予測
  5. その時、新しいテニスがコートに降りた(2016マドリードQF)
  6. 目にしたその光景は、あまりにも受け入れがたいほどの圧倒だった(2015カナダQF)
  7. AlwaysFight(2016マイアミ回顧・決勝プレビュー)
  8. 【ドロー解説】2016全仏OPの展望
  9. 【ドロー解説】2015ウィンブルドンの展望その1
  10. リターンの鬼!難敵挑戦を退けて決勝へ!(2016マイアミSF)

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss