two-set-down

試合結果とは違うこの試合が示す「その先」へ(2015カナダSF)

このエントリーをはてなブックマークに追加

8/15 現地20:00~(日本時間翌日9:00~) Masters1000 Canada(Montreal) Rogers Cup SF [4]Kei Nishikori 3-6 0-6 [2]Andy Murray



※先に言っておきます、当ブログ最長記事です。ごゆっくり、しっかり私の文章を咀嚼していただければと思います。



第1セット第9ゲームでの謎の不穏な足の止め方。そこからの動き。 試合はそこで終わりました。 棄権負けに等しい負けという結果ですが、果たしてそんな簡単に片づけていいゲームだったのでしょうか?

私は違うと思います。この試合は本当に意味があった。この先に向けて大きなポジティブ要素、そしてネガティブ要素があったということです。

まずはけがについての話です。もう毎度毎度なんで常連さんは飽きていると思いますが、今日のアクセス数から推測するに初めてブログを見られる方もたくさんいると思いますのでお話します。



2014年以降のファンにとって錦織圭のけがはどう映っているか、これはおそらく古参のファンとは全く違うものなんだと私は認識しています。

昔の錦織圭はすぐにリタイアしていました。ある種正直でした。体が加速していくプレーレベルに対応できないのもあってあっという間に体が壊れてしまい、年に複数回の棄権は当たり前でした。 やがて2014年、マイアミでのあの試合前棄権。錦織にとってけがとの付き合いでターニングポイントになっているのはこの出来事です。 フェデラー戦で完璧な動きを見せ、そのあとの棄権。 ベルディヒの棄権もありSFは行われず、運営、ATP公式も含め「なかったこと」にされる準決勝となってしまいました。 あの当時私のブログにもさまざまな意見が来ています。 当時棄権なんてだめ、プロなんだから最後までコートに立っているべき、それが務めだという意見が多数ありました。 その意見は非常にごもっともで私は反論、批判は一切しませんでした。一方で、プロは体が資本だから勝つ見込みがないなら棄権というのも全くその通りです。 いつも言っていますがこの種の問題に答えはないですし、議論は平行線をたどったままけんか別れするだけです。 数学や物理の問題なら間違っているところを説明する必要がありますが、これはそんな簡単に物事を考えていい問題ではありません。 ですので先に断っておきます。論拠があればけがとその行動に関するすべての意見を尊重します。しかし不当な攻撃、個人批判、論拠のない一方的な主張については断りなく削除させていただきます。 私はコメントの削除はこれまでクリックミスなどによる重複コメント以外の理由では行ったことはありませんし、ID削除依頼も運営様にお願いしたことはありません。 ひとえにこのブログは皆様のご理解、ご協力、テニス同様マナーを守った範囲で行動し、コメント、支持、ブログフォロー、お気に入り登録されていると考えております。 ただ今日はとても自治が保てる状況にはならないことは承知していますのでブログ主が介入することをここに宣言したうえで続きを行きたいと思います。

私はもはや20万人の閲覧とかいうとんでもない数字と戦っています。のんきなことはもう言えません。以前よりニュートラルになっていることも否定しませんが、そのスタンスを変えてしまえばこのブログは終わってしまうでしょう。

一応私個人の意見としては、錦織の棄権しなかったことについてはこのマイアミ以降一貫して本人の中にある「棄権判断を簡単にしてはいけない」という部分にもれなく入っている試合だったと感じたので、私は第1セット第9ゲームの動きを見てその地点ですべてを理解しました。今日はもう戦えないだろうということを。

7ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
テニス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「試合結果とは違うこの試合が示す「その先」へ(2015カナダSF)」へのコメント

TSDさんはじめまして。コメントは多い方が嬉しいとのこと、また今回の記事に非常に共感し思うものがあったので、先ほどアカウントを取得してきました。
テニスは小学生の時のみやっており、錦織選手がプロ転向をしてから影ながら応援してきました。観戦を始めたのは昨年地上波で放送が始まってからで、昔の試合はハイライトで見たくらいです。(素人に毛が生えた程度ですみません泣。)
昨年の12月にこちらのブログと出会い、以降愛読させていただいてます。

今回のマレー戦についてですが、錦織選手は試合中に多くの配慮や先を見据えた決断をしなければならず、かなり熟考したと思います。最後までコートに立つ選択をした選手の意思は尊重したいです。
試合内容(主に1stセット)は私も同様に非常にポジティブな思いでいます。
疲労(怪我?)によるパフォーマンスの低下は途中まで良かっただけに残念ですが、マドリードの時より明らかに錦織対策対策をしっかり練り、マレー戦に限らずこの2大会でテニスの質が目に見えて良くなっていると感じます。
シンシナティは欠場とのことで、全米で爆発してくれることを期待せずにはいられません。

マレーの完成されたセカンドアタック(勝手に命名)について非常に対策がしづらいと思うのですが、TSDさんはどのように考えますか?
私はもっとスライスを織り交ぜたり、プレースメントを重視して球種やコースを読ませないようにするといった考え程度しか浮かびません。もしTSDさんの考えをいただけたら幸いです。

くれぐれもお身体をご自愛しつつ、無理なくご自身のペースでブログの更新を続けていただきたいと思います。

「その先」へに思いを馳せて

はじめまして。
とうとう何度も何度も考えた挙句、アカウントを登録してしまいました(^^;

仕方ないとは思うのですが、勝ち続けているときはちょっとオーバーなくらい盛り上げ、解説してくださるTVや雑誌・・・けど、負けた途端、検索してもなかなか深層に迫ったものがなくって、twosetdownさんの記事は、丁寧に解説してくださっていて本当におもしろいです!
自費出版しませんか?(笑…いやマジ 買いますよ私。

スポーツはやることに関してはほとんどダメな私の疑問…みなさまとあまりダブらないこと書かせてください。

錦織選手のプレースタイルについてです。たとえば今年の試合数など数字的なデータがジョコビッチ選手やマレー選手と比較して書かれておられましたが、たとえば、同選手と同じ試合数戦っても(内容にもよるので一概には言えないでしょうが)錦織選手のプレースタイルは、体力をより使うスタイルであったりするのでしょうか?だとしたら、彼ら以上に怪我に強く体力をつけないとトップにはなれないことになりますよね?
一瞬の力では、BIG4に勝るときもあるが、イーブンで勝つ力はない…(でしたか?)みたいなことをtwosetdownさんが書かれていた文には本当に深くうなずいてしまいました。

また、キりオス選手の一件についてぜひtwosetdownさんのお話がいつか聞きたい思いです。
期待の若手と称され…大人になれば少しは落ち着くかと言われる中、毎回のトラブル続き…冷静に心をコントロールすることを必要とするテニスでは決して得とならないような気がしています。マッケンローのようにトップとなれる資質は??(ちょっと古すぎました。)

試合結果とは違うこの試合が示す「その先」へ(2015カナダSF)

どちらにしてもこれについてのコメントは最後にします。

どうも人が思ってことに対して改心させたい人たちが多いようですね。

私はもともと錦織のファンではありません。
今回の試合で彼を応援したのはただ単に彼の方が
弱いためです。ランキングが低い人を応援するのです。

日本人であれば錦織を応援しなければいけないのでしょうか。

千代の富士ではなく、小錦を応援してはいけませんか。

どのスポーツでも比較的上位にいればスポンサーもいます。
影でどれだけ練習しょうが、しまいがそんなことはどうでもよいのです。
努力して一生懸命相撲をとって7勝8敗の負け越しと
ちんたらやつて無気力相撲もありの8勝7敗では
勝った方が勝ちなんですよ。

プロゴルファーが2020年までスポンサー契約があり
PGAの試合の最終日にボギーやダボを連発して80台の後半を叩きそれでも良くやったね。頑張ったねって言う気持ちにはなれませんよ。

突然ガス欠?彼でもないのにそんな事だれがわかるのでしょうか?彼が言ったとしたってそんな事、信じる訳ではありません。試合がすべてなんです。惨めな負けかたをしたのです。それ以上でもそれ以下でもありません。

テニスファンかどうかも他人にとやかく言われる筋合いではありません。
小学生の低学年から大学卒業迄テニスを行い、半世紀にわたってテニスを見てきています。
ですがテニスバカでもないですけどね。

自分と違う意見に抗議するのではなく、試合に対して思った事を書き込んでくださいよ。

テニスファンならば。

あと、錦織の試合は見ますよ。応援はしませんが。
とにかくどんなスポーツでも下位を応援する。
強かった北の湖ではなく、貴の花を応援する。
弱かったタイガースを応援するみたいな感じでしょうか。

こんな論争を全米が始まるまでやりますか。
やりたければどうぞご自由に。
わたしは退席します。

ではさようなら。

試合結果とは違うこの試合が示す「その先」へ(2015カナダSF)

今回の件で厳しい意見も当然と私も考えています。

ですが、よくお考えください。

錦織選手のようなトッププロには、多くのスポンサー契約がついており、彼のナンバーワンになる夢に賛同して応援して頂いているのです。メインスポンサーの契約は、2020年東京オリンピックまでとなっております。

あなたは一年に一回しか会場に来られないファンのために、次の試合や将来を考えず選手生命が終わっても全力プレーを見せる必要があると言っていますが

後先を考えず、目の前の一試合にすべてをかけて選手生命が終わってしまうことのほうが会場に応援に来たファンは耐えられないと思いますし、
各方面(スポンサー契約、テレビ放映権等)に多大な影響が出る事を錦織選手も分かっているでしょう。
そのことを考慮に入れて尚あなたの考えは変わらないのでしょうか。


あなたが錦織選手を応援しないのは自由ですが、こんな残酷な夢を捨てろに等しいことを要求される方がテニスファンだとおっしゃるのがわたしには謎です。

こんな記事も読みたい

錦織VSマレー感想【テニス馬鹿のブログ】

マレーが6-3、6-0で錦織を圧倒 第2セットに異変(ロジャーズ・カップ2015 準決勝)【0 to zeroのhorizon】

2015モントリオール、ナダル戦感想とちょっとだけマレー戦展望【日々つらつらーテニス(特に錦織選手)、サッカー(主に日本代表)を観戦するブログ】

ブロガープロフィール

profile-icontwosetdown

  • 昨日のページビュー:363
  • 累計のページビュー:28353354

(10月08日現在)

関連サイト:オフィシャルツイッター(開設しました)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 試合結果とは違うこの試合が示す「その先」へ(2015カナダSF)
  2. 歴史は変わった~錦織圭、そしてラオニッチの初ツアーファイナルズがもたらすもの~
  3. 近づいてきた頂点の景色と、今後の希望(2016マドリードSF、ローマSF)
  4. 全仏のシード争い過熱!4月4週とランキング予測
  5. その時、新しいテニスがコートに降りた(2016マドリードQF)
  6. 目にしたその光景は、あまりにも受け入れがたいほどの圧倒だった(2015カナダQF)
  7. AlwaysFight(2016マイアミ回顧・決勝プレビュー)
  8. 【ドロー解説】2016全仏OPの展望
  9. 【ドロー解説】2015ウィンブルドンの展望その1
  10. リターンの鬼!難敵挑戦を退けて決勝へ!(2016マイアミSF)

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月08日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss