two-set-down

目にしたその光景は、あまりにも受け入れがたいほどの圧倒だった(2015カナダQF)

このエントリーをはてなブックマークに追加

8/14 現地22:00~(日本時間翌日11:00~) Masters1000 Canada(Montreal) Rogers Cup QF [4]Kei Nishikori 6-2 6-4 [7]Rafael Nadal(Former World No.1)



今でもこのスコアが信じられません。 私はひそかにナダルに期待していました。 カナダマスターズ展望でのナダルに対するコメントを再掲します。

「ハンブルグで優勝、復活の気配がある[7]ナダルですが、私はまだ完全復活の判は押したくありません。 厳しい見方かもしれませんがこれまで10年連続トップ5を維持し、その原動力がクレーだったナダルにとって第2シードが21位のロブレドという穴場のクレー500を取ったことはもはや当然に近い結果でしかありません。 だからこそハンブルグで優勝して得た自信を還元するこの夏のハードシーズンで同じように結果が出てこその完全復活だと思うのです。 そう言った意味でも錦織と対戦するQF、さらにはその先に上がれるかというのはナダルにとって最大の試金石です。」

この状況です。ブログのコメントにもありましたがハンブルグ出場は今のツアー制度になってハンブルグがマスターズから降格して以降むしろ裏街道としての役割を担っています。それだけハードへの適応を遅らせることになりますから。

しかし今年のナダルには意味がありました。自信を取り戻すことです。 確かにナダルのまずいポイントはたくさんあります。この試合でも出ました。それはあとで解説します。 しかしそれらは半年の離脱から復帰して以降失っている自信、メンタルに起因すると考えています。 私はメンタルと言う抽象論に持ち込みたくないためにほとんどの場面でとにかくショットの一つ一つに原因を還元させていたと思います。 その私がメンタルという言葉をナダルに使うほど今のナダルには大きな問題だと考えています。 得意のクレーで穴場大会。ここでしっかりと結果を出して後半戦のスタートを切る。ナダル陣営はそういった意味で完璧な選択をし、見事優勝してカナダに乗り込んできました。

私は先ほどのカナダ展望でナダル復活に懐疑的という言葉を示しました。 ハンブルグに出ることはリスクもあります。ハードへの適応です。 しかしそのリスクを負ってまでナダルは自信を取り戻したかった。ファンも含め、強いナダルが帰ってくることをテニス界全体が望んでいたと思います。私もその一人でした。 昨日のゴフィン戦を見て、一気にプレーレベルが落ちない限りこの錦織に勝てるならナダル完全復活を宣言しようと思っていましたし、そういう意味でどっちに転んでも幸せだったので私は心穏やかに試合を迎えていました。

しかし今日の結果は、確かに錦織にとって栄誉ある勝利でしたが、一方ナダルは今後本当に心配なくらいの内容でした。試合を振り返っていきましょう。


第1ゲームはナダルのサーブから。 なんとエース2本、DF1本という独り相撲のまま錦織がまだ上げきれずにナダルキープ。 1ゲーム目からナダルDF。試合プレビューで書いたDFです。このDF、やはり試合の大事な場面でこの後出てきます。

第2ゲームはナダルがよかった。最初のナダルが取った2ポイントはどちらもスーパープレー。ただこのゲーム、BPでの錦織の1stサーブがよかった。これで落ち着きを取り戻し、デュースからは目の覚めるようなウィナーが出て1-1となります。 ただこのゲーム、ナダルは不調に入ってから多いリターンミスをやってしまいました。これがこのゲームあと1本でも少なくてラリーに持ち込めていたら結果は違ったのではないでしょうか。 また錦織が序盤からウィナー量産の理由もナダルの浅いボールにあります。錦織はマドリード同様ナダルの浅く高いボールを叩きつけるように強打し、これが下がっているナダルの守備範囲より遠い位置に突き刺さっていきます。

5ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
テニス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

目にしたその光景は、あまりにも受け入れがたいほどの圧倒だった(2015カナダQF)

ravegoodさん

MS優勝。ここですね。もう一つ殻を破るためには早くこのビッグタイトルが欲しいところです。
連戦で疲労がたまっていたり欠場も多い上海、パリはチャンスです。確実に8までは行く力を身につけているので、ドロー次第では必ずチャンスはやってくると思います。


圭 大好き!さん

結果はどうあれ、必ず錦織にとって大きな糧になるゲームだったと思いますし、そういう意味では大成功だったと思います。ナダルに勝ちチャレンジ権を得たこの試合、意味は大きかったと思います。


yodyexplorerさん

ストレート勝ち自体は確率は低いとはいえ予想の範囲内でした。問題はスコアとその内容です。誰が途中12ゲーム中10ゲームを取る無双っぷりを予想できたでしょうか…


JTさん

その予想は当たったようです。この試合はものすごいターニングポイントになりうる試合でした。
これからが逆に楽しみになってきましたね。


ukk_chu_renさん

後記事にも書きましたが、まだ勉強の途中です。まだまだ至らないところだらけです。


toshibou0509mさん

全くその通りだと思います。BP4/4は錦織に最近よくみられるブレーク獲得率にも関係しますが、同時にナダルの踏ん張りのきかなさ、これも象徴していると思います。BIG4の中でもBPをしのいでいる印象がもっともあるのがナダルだけに、悲しいですね…


toppoさん

額面通りトップ10選手同士の戦いで上位が下位に勝った試合なんですが、それでもにわかには信じがたいですね…


ytenniscomさん

2013年のフェデラーの不振はytenniscomさんのおっしゃるようにサーブ&ボレーで早く決めるスタイルによって体力切れを防ぎ復活できました。
2014年のマレーの不振は単純にけがからの回復と、モレスモらによるチーム全体での高いゲームプランの遂行によって復活できました。
ナダルにはなにがあるのでしょうか。やはりプレースタイルなんでしょうかね。
フォアを生かして、新しい攻めのスタイルを見つけるんでしょうか。何となく私はイメージできてるんですが。


in-side-outさん

クレーでのナダルのテニスはある種ナダルの間合いでしたからね。クレーですらそれが通じなくなってきた今このプレースタイルはやはり厳しいんでしょうね。


pennamesunさん

GS優勝14回のうち、9回はクレーの全仏です。
ほとんどクレーでしか優勝せずに世界ランキング1位を争える選手です。その選手にとっての様々な前提が崩れている今、他選手と同列に考えるのは難しいところです。
特にそれらを象徴していたスタッツが破たんしているのはかなり致命的であると考えています。


「目にしたその光景は、あまりにも受け入れがたいほどの圧倒だった(2015カナダQF)」へのコメント

全く、その通りだと思います。
お待ちしております。

目にしたその光景は、あまりにも受け入れがたいほどの圧倒だった(2015カナダQF)

書いてます。ただ、終わる気がしません。おそらくブログ開設以降最も長い記事になるそんな予感がしています。
今日の試合は棄権に等しい負けでしょうか?そこに論点を集めてはいけません。未来に向けて大きなターニングポイントになる試合でした。

目にしたその光景は、あまりにも受け入れがたいほどの圧倒だった(2015カナダQF)

錦織選手が勝ったのはとても嬉しい。

>70%を超える1stも結構ある選手ですし、試合通してDF0もよくスタッツで見ました。昔は。
と言いますが、
ナダル選手は、怪我との戦いかメンタルか、つい1年前までは堂々ビッグ4だった。
中でもグランドスラム優勝回数はフェデラーと張り合い、他の2人とは差がある偉大なプレーヤー。
調子悪いのはここ1年前から。まだ29歳。頑張って欲しい。

こんな記事も読みたい

シンシナティの展望、他。【スコッチを片手に】

8/16開幕 ウェスタン&サザン・オープン2015ドロー、組み合わせ決定! 錦織はジョコビッチ、ワウリンカらがいる山へ!【0 to zeroのhorizon】

Big4スラムを達成する、歴史的勝利!【スコッチを片手に】

ブロガープロフィール

profile-icontwosetdown

  • 昨日のページビュー:334
  • 累計のページビュー:28357801

(10月23日現在)

関連サイト:オフィシャルツイッター(開設しました)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 試合結果とは違うこの試合が示す「その先」へ(2015カナダSF)
  2. 歴史は変わった~錦織圭、そしてラオニッチの初ツアーファイナルズがもたらすもの~
  3. 近づいてきた頂点の景色と、今後の希望(2016マドリードSF、ローマSF)
  4. 全仏のシード争い過熱!4月4週とランキング予測
  5. その時、新しいテニスがコートに降りた(2016マドリードQF)
  6. 目にしたその光景は、あまりにも受け入れがたいほどの圧倒だった(2015カナダQF)
  7. AlwaysFight(2016マイアミ回顧・決勝プレビュー)
  8. 【ドロー解説】2016全仏OPの展望
  9. 【ドロー解説】2015ウィンブルドンの展望その1
  10. リターンの鬼!難敵挑戦を退けて決勝へ!(2016マイアミSF)

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss