two-set-down

【ドロー解説】2015ウィンブルドンの展望その1

このエントリーをはてなブックマークに追加

ただいま。



結局体に大きな変化はなく、相変わらず万全な状況とは言い難いです。 ですが逆に言えばブログを長期で休み自分の体と向き合っても、また微妙に薬を飲んだりしてみたものの変わらなかったので「ブログのせいではない」ということははっきり証明されました。 また意識しているからかもしれませんが口内炎が2週間で3つできるなど、やはり普通の状態ではないことが明らかになってきて、原因が精神状態であることがほぼ確定しました。

本人はいたって普通なのですが体が訴えているので環境の変化に慣れていないものと思われます。 不安とかもあるのですが、ここまで悪化する?というのはちょっと正直驚きなのですが、まあ事実が事実なのでそうなのでしょう。

しばらく忙しい期間も続くので無理をしない程度に行きたいと思います。 ウィンブルドンさえ乗り切ればワシントンまで3週以上休めることになるので、7月は気が向いたときに勝手な持論でもいくつか書こうかと考えています。でも錦織ウィンブルドン優勝してくれてもいいのよ。忙しくなってもいいのよ。



というわけで金曜の夜にウィンブルドンのドローが発表されました。 いくつか展望も上がっていますが、かぶっている内容もありますがそこはご愛嬌ということで。

その1ではベスト8までの主な展望です。



①ジョコビッチ山

[1]ジョコビッチ コールシュライバー ニエミネン (WC)ヒューイット (Q)エルベール チュン シュトルフ [27]トミッチ [24]L・マイヤー コキナキス ティプサレビッチ グラノジェルス イルハン ヤノヴィッツ プイユ [14]アンダーソン

[9]チリッチ (Q)守屋宏紀 ハイダー=マウラー ベランキス (WC)エブデン ロラ 添田豪 [17]イズナー [28]クエバス (WC)クドラ ガバシビリ ズベレフ ソウザ(ブラジル) ヒラルド ボレリ [5]錦織圭


全仏では悔しい敗戦、ナンバー1の誇りを胸にこの決勝以来の実戦に[1]ジョコビッチが臨みます。 ここ最近前哨戦は基本出場しないスケジュールを取っているので、ジョコビッチは結局ふたを開けて見ないとわかりませんが今回も優勝候補筆頭であることは間違いないでしょう。 ただひどいタフドローとなりました、初戦はノーシードで最もランキングが高く芝巧者であるコールシュライバー。むしろコールシュライバーの悪運が気になるくらいのドローとなりました。 コールシュライバーはウィンブルドンシード起算週のランキングで33位になりましたが、この原因はハレの1Rの相手がフェデラーになってしまったことです。試合はフルセットで勝つ可能性も十分でしたが惜敗。ある意味大会で最もフェデラーを苦しめた相手なのに0p。なんという悲運でしょうか。違うドローならば確実にシードでした。 しかもツォンガ、モンフィス、錦織などドロー前に欠場発表しそうな選手がいた中で誰も欠場なし。繰り上がりでシードに上がることもなくGSでは2012全豪以来久しぶりのノーシードです。 ただこれはジョコビッチにとってもかなり不運です。3週間間隔があきしかもコートでの実戦はこれが初。その相手が80位くらいの選手なら悪くてもなんとかできますがコールシュライバーだと普通に押し切られます。

さらに2回戦はこのウィンブルドンが現役最後になる同士のヒューイットとニエミネンの勝者。特にヒューイットはウィンブルドン元チャンピオン、上限は高いだけにこれはアーリーラウンドからジョコビッチは厳しいです。

6ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
テニス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「【ドロー解説】2015ウィンブルドンの展望その1」へのコメント

ジョコビッチも、フェデラーも、マレーも、真面ですね。
私も今ピンチですが、考えて、考えて、頑張っます。

「【ドロー解説】2015ウィンブルドンの展望その1【ブログトラブルにより一部しか見れない可能性あり】」へのコメント

その2を待ちに待っていましたが、心配です。錦織の回復も気になるところですが、初戦がはじまります。よ。
気持ちを一つに熱く燃えて、ぶっ飛ばしましょう。

「【ドロー解説】2015ウィンブルドンの展望その1」へのコメント

tsdさん、こんにちわ!
こんな時間に投稿する、ということは、そうです、またまた就職先の変更です(^_^;)
ただいま、1社返事待ちで、ウィンブルドン観戦にはもってこいですが、やはり、落ち着かない毎日を送っていますm(__)m

ところで昨日、フェレールが肘の怪我でWDしましたm(__)m
ドロー前なら、コーリーはジョコと1回戦で当たらずに済んだので、“それはないぜセニョール”な気分でしょう!!!(^_^;)))

圭は、当日、どこまで回復しているかにかかっていますね~!(^_^;)
練習と試合は別物なので、こればっかりは、圭にも、やってみないとわからないと思いますm(__)m
試合後に痛みが出るかどうかも、勝ち進めるかどうかの、大きな分岐点になりますね!(^_^;)
とにかく、1日も早い回復を祈るばかりですm(__)mm(__)m

圭、大きな怪我にならないように気を付けて!!!
というのが、このWBでの私の応援スタンスですm(__)mm(__)m

「【ドロー解説】2015ウィンブルドンの展望その1」へのコメント

そうだったのですか〜!
コールシュライバーは、ハレの大会次第では、シードを取れていたのですか。確かに芝にも強い選手ですから、WBのドローに大きな影響が出てくる訳ですね。それが初戦ジョコビッチじゃ!この選手がとても可哀想になって来ました。もし1回戦で、ジョコビッチに勝ってしまったりしたら、シード順の綾で大変な事になった!と、なる訳ですね。まず無いとは思いますが。コールシュライバー、応援してしまいそうです。

また今日の記事を読んでいて思ったのですが、錦織選手は確かに故障の影響が全くない状況なら、、ちょっと去年の全米に近い状態になるのかな⁈
益々、錦織選手の初戦が楽しみになって来ました。
本当に参考になります。
いつも、ありがとうございます。

こんな記事も読みたい

〔ドロー発表〕ウィンブルドン展望【前編】(錦織+日本人選手編)【TENNIS LOVERS】

【全英】ドロー発表!錦織の初戦の相手はボレリに決定【気ままにスポーツ日記】

【2015ウィンブルドン】錦織選手は怪我をせず!BEST8確保!【"テニス"感覚観戦】

ブロガープロフィール

profile-icontwosetdown

  • 昨日のページビュー:363
  • 累計のページビュー:28353354

(10月08日現在)

関連サイト:オフィシャルツイッター(開設しました)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 試合結果とは違うこの試合が示す「その先」へ(2015カナダSF)
  2. 歴史は変わった~錦織圭、そしてラオニッチの初ツアーファイナルズがもたらすもの~
  3. 近づいてきた頂点の景色と、今後の希望(2016マドリードSF、ローマSF)
  4. 全仏のシード争い過熱!4月4週とランキング予測
  5. その時、新しいテニスがコートに降りた(2016マドリードQF)
  6. 目にしたその光景は、あまりにも受け入れがたいほどの圧倒だった(2015カナダQF)
  7. AlwaysFight(2016マイアミ回顧・決勝プレビュー)
  8. 【ドロー解説】2016全仏OPの展望
  9. 【ドロー解説】2015ウィンブルドンの展望その1
  10. リターンの鬼!難敵挑戦を退けて決勝へ!(2016マイアミSF)

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月08日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss