two-set-down

全仏のシード争い過熱!4月4週とランキング予測

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。

錦織が試合に出ていないから更新できていないというのもあるのですが、週末に外出していたつけを今払っている時間帯です。 今週末は公私ともに忙しくも楽しく、願わくば何度でも繰り返したいくらいに充実していた数日間でした。ちなみにここでの公はブログ内ですので観戦テニスについてのみです。久しぶりに私が好きなプレーのテニスを見ることができたということです。

連休で無理矢理突っ走ってきた生活を見直し、5月からは2014年度と同様のスタイルで更新できたらなあと思います。



さて結果的に休んでいる間にいろいろなことがありました。まずは今週の大会(始まってますが)のプレビューです。今週はATP250のアウトドアクレーの大会が3つあります。


エストリル(ポルトガル)

昨年まで行われていたオエイラスに代わる大会。トップ10選手の出場はなし。初戦で第1シードのロペスは敗退しており、第7シードで出ているキリオスが順調に8強。ロペス敗戦によってドローもオープンでツアー初優勝、トップ30入りの期待がかかっています。

ボトムハーフはガスケ、アルマグロ、コリッチ、アンダーソン、ガルシア=ロペスと実力者がそろっており大混戦。ストローカーのコリッチもツアー初優勝を狙います。


イスタンブール(トルコ)

新設のATP250大会にビッグな参戦が決定しています。フェデラーとディミトロフです。 ただその他の参戦者は薄く(翌週がマドリードのため、3大会で最も長距離遠征になり、新設大会のため固定出場選手がいないことが原因)、フェデラーの優勝はほぼ間違いなく、次点でディミトロフとクエバスが並ぶ形。フェデラーは優勝して250pを確実に取りたいところです。3週連続のマドリード、ローマに向けてどう影響するか、そしてモンテカルロでまさかの敗戦を喫しただけにフェデラーのクレーは気になります。


ミュンヘン(ドイツ)

今週の最注目大会と言っていいでしょう。参戦者は上位から順にマレー、バウティスタ=アグト、ゴフィン、コールシュライバー、トミッチ、フォニーニ、下位選手でもF・マイヤー、トロイツキ、エストレラ=ブルゴス、ティプサレビッチ(この3人はトミッチと並んでベスト8までに一人に絞られます)、ベズリー、ティエム、ポスピシルという豪華なメンバーです。 残念なことにモンフィスとクリザンは欠場となりましたがこれでも十分豪華です。

さて何が注目なのか?マレー優勝はそれでも堅いのでは?というところですが、マレーはクレーで未だにタイトルがありません。 この理由にはナダルの存在に加えて若い時代からマスターズに早々と参戦するランキングになったので、こういった週の250や500にほとんど参戦していない、つまり第1シードで迎えるような大会が少なかったからという背景があります。 といってもビッグ4時代全盛期の2012年ですらBIG4で唯一4強に入れていません(フェレールに敗戦)。クレーが比較的苦手なのは間違いありません(キャリア勝率も全サーフェスに比べ10%以上低い)。

ちなみにマレーのクレー勝率は.630(63-37)。錦織のクレー勝率はバルセロナ2つ目のタイトルによって.691に上昇(大会前は.660)。初期の錦織はクレーであまり勝てていなかったのでマレーの勝率はそういうくらいの数字だということです。2勝1敗ペースよりも悪いということですからね。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
テニス・ランキング予測
テニス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

全仏のシード争い過熱!4月4週とランキング予測

downthelineさん

全く予想してなかっただけにうれしい悲鳴ですね。
バルセロナの影響でマドリードでは現地の錦織ファンが急増したという話も聞きます。いがみ合ってるのはサッカーだけじゃないですかね(笑)


jigyakutekiさん

この一週間を超えるには楽天OPかIPTLに行かないとだめですね。それくらい充実してました。

私は今年は「他と差をつけての」3位でいいと思っています。昨年みたいな8位まで約1000pしかない3位ではなく、力を持って3位に入り込んでほしいです。

レース2位はマレーのミュンヘン優勝で厳しくなりましたが、全仏までの広い視野で取れば十分に可能だと思います。


elfteさん

今年のジョコビッチはトロイツキ復帰によってデ杯でも本腰を入れてきています。すでに優勝経験はありますが、かなり本気だと思います。

トップ選手が次に休めるのはウィンブルドン後~カナダまでなのですが、今年はデ杯QFが入ったのできついですね。モンテカルロ決勝でのプレーレベルの低下が疲労によるものだとしたら2011と同じコースだけに難しいところですね。


kappagolfさん

>マドリッドは高地のために、クレーのなかでも高速クレーになり、圭君に最もあっているサーフェスだと考えているのですが、どう思われますか?

これなんです、ありがちな誤解だと私は思っています。
以前私はブログの記事で「コートのサーフェスの速い/遅いはコートのバウンドの仕方≒反発係数による」という話をしました。

高地でボールが速くなる原因というのは空気抵抗です。
つまりバウンド後の速度ではなく単にインパクトからの減速が少なくなるという話です。
調べたところマドリードは標高660mくらいということですが、この程度の標高の空気抵抗でボールの速度が空気抵抗のみに依存していると仮定した場合、同じパワー、角度で打ったボールが時速が地上の時と比べて10kmも20kmも変わるなんておそらくありえない話です(もしそうだとしたら、試合中のテレビ画面は他のどんなコートでも見たことがないような相当なものになるでしょう)。

ところがバウンド後のサーフェスの速度変化はクレーと芝では簡単に20kmも時速が変わってしまいます。

バウンド後から返球までの距離は短いですが、十分にこのファクターの方が大きいのではというのが私の見解です。

コートバウンドについてはよくわからないので、少なくとも高地→速いサーフェスという考えについては違うということしか言えません。


圭 大好き!さん

>ローマは休日にしてもらって

不覚にも笑いました。
2014からまだクレーでは2敗。うち1敗は棄権負けでもう1敗はコンディションが良くない状態での敗戦。正直クレーで純粋に負けた姿は見てないですよね。敵は怪我だけ、まさにその通りだと思います。

「全仏のシード争い過熱!4月4週とランキング予測」へのコメント

tsdさん、めちゃくちゃ元気の出る記事、ありがとうございます!!!(^3^)/~☆

まさに、ジョコ様々、しばらく足を向けて寝れませんね~!!!Ψ( ̄∇ ̄)Ψ

ここは棚ぼたの第4シードをしっかり活用して、マスターズ初制覇をお願いしたいですm(__)m

ローマは休日にしてもらって、全仏で、またまた、暴れて欲しいです!!!(/≧◇≦\)ウヒョー

昨年の活躍は全米からだったので、すぐにシーズンが終わってしまいましたが、今年はバルセロナの4月から、がっつり突っ走ってもらいましょう!!!( v^-゜)♪

“敵は怪我だけ”という、無双の圭が、また見たいです!!!(//∇//)♪

トップ4をバッタバッタとなぎ倒す、つおい圭を魅せてくれ~!!!(*^▽^)/★*☆♪

全仏のシード争い過熱!4月4週とランキング予測

TSDさま

いつも楽しくためになる記事をありがとうございます。
マドリッドは高地のために、クレーのなかでも高速クレーになり、圭君に最もあっているサーフェスだと考えているのですが、どう思われますか?

もちろん体調が最優先ですが、ストレートで勝ち上がればマスターズ制覇最大のチャンスがくるように思います。

全仏のシード争い過熱!4月4週とランキング予測

まさかのポイントの幸運ですねぇ。
人智を尽くした結果としての天運なのか。
とはいえマドリードの様相を考えると、ジョコビッチの気持ちも分からなくない辺りが問題ですが。
ローラン・ギャロスに向けてのポイント争いも激しくなりますが、デ杯もあるので休むの何処にしようかという点も有るのでしょうね。
この1ヶ月の間にどうなるのか、ポイントだけでなく各選手のコンディションもチェックポイントになりそうな気がします。

こんな記事も読みたい

〔マドリッドを前に〕幻のサーフェス「ブルークレー」の思い出【TENNIS LOVERS】

【2015年04月:初回】今期、錦織選手の現状と今後の展開【"テニス"感覚観戦】

今後どうなるスペインテニス【渾身のショットがネットイン】

ブロガープロフィール

profile-icontwosetdown

  • 昨日のページビュー:334
  • 累計のページビュー:28357801

(10月23日現在)

関連サイト:オフィシャルツイッター(開設しました)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 試合結果とは違うこの試合が示す「その先」へ(2015カナダSF)
  2. 歴史は変わった~錦織圭、そしてラオニッチの初ツアーファイナルズがもたらすもの~
  3. 近づいてきた頂点の景色と、今後の希望(2016マドリードSF、ローマSF)
  4. 全仏のシード争い過熱!4月4週とランキング予測
  5. その時、新しいテニスがコートに降りた(2016マドリードQF)
  6. 目にしたその光景は、あまりにも受け入れがたいほどの圧倒だった(2015カナダQF)
  7. AlwaysFight(2016マイアミ回顧・決勝プレビュー)
  8. 【ドロー解説】2016全仏OPの展望
  9. 【ドロー解説】2015ウィンブルドンの展望その1
  10. リターンの鬼!難敵挑戦を退けて決勝へ!(2016マイアミSF)

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss