two-set-down

ここ1か月でこのブログで触れていなかったことについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

ロペス戦から一日、すでに錦織は拠点のIMGアカデミーに戻っています。

Miami Open next!

ということです。心配なさそうですね。 マイアミは拠点のIMGから最も近いマスターズの会場。直前まで家でのんびりしてから向かうことができるためか、いつも好成績が続いている大会です。


ところで私tsdですがメンタルの方は大丈夫です、もう回復しました。 昨日の夜に絶叫するほどいいことがあったので十分です。思わず心がぱーっと(以下略 あと、思ったより今週はまともに更新できそうです。

ランキング試算は明日QFが終わってからまとめてやったほうがいい気がするので明日にします。

今日はアカプルコの頃に休んだりして書けなかったことをまとめていきたいと思います。


・ナダルのリオデジャネイロでのまさかの敗戦

ナダル×フォニーニ戦です。本当に驚きでした。 第1セットナダルが圧倒しているところを見て私はブログをお休みする外出に出かけました。 その後も各種の実況などで状況は確認していました。 フォニーニは結構我慢がきかない選手で、これまでもコート上での素行など何かとお騒がせな選手ですが、2013~2014年前半にはクレー勝率9割という驚異的な勝率で勝ち続け、一時はトップ10到達かと言われた選手です。最近テニスファンになった方にはダブルス兼任選手ですか?と聞かれますが、立派なシングルスプレーヤーです。 しかしクレーでの覚醒時期を超えると徐々にランキングを落とし22位。正直今大会もここで完敗して終わるという予想がほとんどでした。 第2セットはベストなプレーでナダルからセットを取りましたが、驚くべきは第3セットのタイトな状況で一切崩れなかったことです。 4-4あたりからどうせブレークされて6-4とか7-5になるだろうと思っていたのですが粘り強いプレーを続け、マッチポイントでは信じられないラケットタッチで決めてしまいます。試合動画 正直ネットインがなければアウトだったのがネットイン。ナダルにつきがあったかと思った次の瞬間、前日に3時間近く、この日も2時間以上試合が続いたとは思えない全力ダッシュで追いつき逆クロスへドロップ返球。フォニーニが大金星を挙げました。 去年なら普通にやるかと思いましたが、今年のこのタイミングでの大金星は驚きでした。


・マレー、コリッチに敗れる

一方その翌週、マレーがコリッチに敗れる大波乱がありました。 なんとあのマレーがUE55を重ねての敗戦。正直衝撃でした。(以下アンフォースドエラーをUE、フォースドエラーをFEとします) パリのフェレール戦で錦織が3セットでUE66本の時に多すぎると評したように2セットで55本はもはやテニスが成立していません。 相手のコリッチはナダルに続いて10代で二人目の4強撃破。守備的なプレーが持ち味です。 プレースタイルは好きなのですが、ビッグマウスでも注目されていて、特にこのマレー戦は因縁のカードでした。 以前に自分のプレーを聞かれたときに「いい時はジョコビッチ、悪い時はマレー」と答えたコリッチ。マレーも黙ってはいなかったでしょうが、いわば自分の悪い時と言われた相手に完敗。かなりこれでマレーの評価が落ちてしまった原因でした(レーティング的な話で)。 UE55については若干審議です。大会によってFEとUEのバランスが違うことが多いので、ドバイは比較的FEをUEと取ることが多いようです。 どちらにしても守備的な選手同士でマレーが勝手に自滅してしまった試合。衝撃でした。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
テニス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

ここ1か月でこのブログで触れていなかったことについて

圭 大好き!さん

それはどうですかね。5-5からの第11ゲームのナダルの失点原因はすべてラオニッチのウィナーか攻めによるFEでした。
ナダル視点で見ればそうかもしれませんが、とてもこの敗戦が単なるナダルの不調とは思えません。
もちろん3MPが取れないのは深刻な問題ですが、すべてラオニッチのサーブポイントです。
正直この試合を見てラオニッチの評価が上がらない理由が見当たりません。

第1セットのナダルを見ていると、マイアミでは活躍してくれるのではと思います。まあIWの方が得意なのでわかりませんけど。

次のマイアミでQF以下(特に第2シードで)なら本当にやばいかもしれないですけどね。

「ここ1か月でこのブログで触れていなかったことについて」へのコメント

tsdさん、ロジャーは完璧でしたけど、ラファはまだまだ戻って来ていないです(^_^;)
トップフォームなら、簡単にストレートセットで勝てた試合でしょうm(__)m

私も録画を見ていましたが、な、なんと!ラファ戦の第3セット5-5で、プッツリです!!!(-""-;)
GAORAよ、それはないんじゃない?σ(^_^;)?

なので、ラファの直接の敗因はわかりませんが、頑張って、早く本来のラファに戻って欲しいです(;_q)
やっぱり、二人には、テニス界のためにも、圭のさらなる進化のためにも、強くあって欲しいです!!!(* ̄∇ ̄)ノ

ここ1か月でこのブログで触れていなかったことについて

K&FEDERERさん

例えて言うなら、去年上海の優勝した瞬間のあんな感じです。K&FEDERERさんならなんとなくこれでわかってもらえますかね?

今日の試合すごくよかったようですね、早朝から起きた甲斐があってよかったですね。このあと2試合とも追っかけ視聴してから記事書きます。

ここ1か月でこのブログで触れていなかったことについて

こんにちは。絶叫するほど良い事!素敵ですね。
元気になられて良かったです。
Kちゃんも大丈夫そうですね♪
では。4時に起きます。

こんな記事も読みたい

〔IW準々決勝②〕「フェデラー・キラー」ベルディヒの戦いに注目!【TENNIS LOVERS】

〔IW準々決勝①〕BIG4揃い踏みへ!まずマレー、ジョコビッチ登場【TENNIS LOVERS】

世界のトップ相手の試合は常に紙一重【スポーツ えっせい】

ブロガープロフィール

profile-icontwosetdown

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:28353354

(10月09日現在)

関連サイト:オフィシャルツイッター(開設しました)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 試合結果とは違うこの試合が示す「その先」へ(2015カナダSF)
  2. 歴史は変わった~錦織圭、そしてラオニッチの初ツアーファイナルズがもたらすもの~
  3. 近づいてきた頂点の景色と、今後の希望(2016マドリードSF、ローマSF)
  4. 全仏のシード争い過熱!4月4週とランキング予測
  5. その時、新しいテニスがコートに降りた(2016マドリードQF)
  6. 目にしたその光景は、あまりにも受け入れがたいほどの圧倒だった(2015カナダQF)
  7. AlwaysFight(2016マイアミ回顧・決勝プレビュー)
  8. 【ドロー解説】2016全仏OPの展望
  9. 【ドロー解説】2015ウィンブルドンの展望その1
  10. リターンの鬼!難敵挑戦を退けて決勝へ!(2016マイアミSF)

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月09日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss