サンチェス・ピスファン

錦織圭が負けたんじゃない、プノワペールが勝ったんだ。~全米8強出揃う~

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。

早いもので全米ももう折り返し今日からQFです。

QF展望も少し書きますが、まずはタイトルの件を。 はい、錦織のことです。今更書きます。 ペールが勝ち進んでる間にペールを讃えるのは 後出しっぽく嫌だったので少し投稿を待ちました。

私自身ドロー展望で「ペールは初戦にしては厄介だが クレーコーターだしなんとかなるだろう」的なことを書いたように、 戦前ペールを舐めていました。しかしあの結果。

その後私は敗戦を冷静に受け入れ、いろんなスタッツを見たり ペールの事を調べなおしているうちにめんどくさくなって考えるのをやめました。 ではなく、この敗戦がそもそも大番狂わせではないという結論に至りました。

私個人の見立ての甘さは最近見てもいないペールを 簡単にクレーコーターと分類したことです。 例えば同程度のランクにはドルゴポロフやキリオスもいました。 彼らもノーシードです。もちろん初戦で当たる可能性もありました。 もし錦織の初戦がキリオスだったなら私はおそらく 「初戦敗退も覚悟」まで書いたと思います。 キリオスの話ばかりして恐縮ですが、彼はサーブも強く展開も早い選手です。 精神的ムラはかなりありますが、プレーレベルはわりと安定していて普通に強いです。 20位前後ぐらいの力は持ってると思っていて、錦織が苦手なタイプだと思っているので、 30%ぐらい負ける確率あるかなぁと。 一方ペールの関してはキリオスほどではないにしてもまぁまぁ強いと思ってました。 実力的に負ける確率20%ぐらい。 そしてそのうえクレーの選手だからさらに割引で負ける確率10%以下。 なので「厄介だがなんとなるだろう」と結論を出してしまいました。 これは反省材料ですが、ペールの初優勝はクレー、GSで一番結果が出ているのも全仏。。。 仕方なかったとも思っています。 全サーフェスをこなすフランスの個性的な若手、 ツアーの良いアクセントになることでしょう。

話は戻ってこのようにクレーコーターと侮ったことも間違いでしたし、 またレースランキングにもヒントがありました。 全米前のレースランキング、ペールは30位でした。 シードクラスの結果を出していたんです。大会後は25位ぐらいまであがります。

こう考えると彼は結果的に、 「サーフェスを問わない20位台の実力者でしかも上り調子」 だったことになります。そりゃ苦戦しますよ。 もちろんそれでもねじ伏せたかったのは事実ですが、 地力が拮抗すると挑戦者は強いです。ましてあの日のペールはサーブもいつも以上の出来でした。 (試合は全部ではないですが見ました)

現に3回戦でロブレド相手に7-6,6-1,6-1です。 こういう物差しは本来意味を成しませんが、 ロブレドは直前のシンシナティで0-6,1ー6でベルディヒに負けてますから、 単純比較すればペールはベルディヒ並みの実力になります(流石に強引すぎですが)。 その比較は置いておくにしても、今期イマイチとはいえロブレドは 過去にMSも取ってる一流選手です。 あの3回戦を見て、うわーペール強いなぁと思った方も多いはずです。 それが正解だと思います。 もちろん錦織サイドから分析していろんな対策を立てたり、 敗因を振り返ることも重要だとは思いますが、 個人的には今回の敗戦を防ぐのはかなり難しかったという結論です。 (あの状態のペールと)もう1回やってもせいぜい6・4で錦織だと思います。

強いて次に向けての事を書くなら本人も言ったように、 バックに集めすぎたなどの戦術面の強化と、さらなる体力強化でしょう。 ただ今大会はご覧の通りの棄権者オンパレード(私が推した人ほとんど。。)なので、 そのあたり(体力切れ)もイレギュラーとして考えないといけない部分もありますね。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
テニス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

-大会レポート- 第8日 酷暑の消耗戦を制しハレプが全米では初の8強 男子はマレーが敗れる波乱【ウィンブルドンテニス2017】

ジョコビッチの倒し方(おまけ・錦織の倒し方)【スポーツ徒然論】

アンダーソンが素晴らしいプレーでマレーを撃破!【5feet 10inch】

ブロガープロフィール

profile-icontwo-match-down



  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:8217182

(12月04日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 今週の2大会とランキング。
  2. 皐月賞 全頭解説と予想~3強ではなくハイレベルな混戦~
  3. ローマMS2R全ドローと今週のランキングなど
  4. データから見る有馬記念(過去17年分)
  5. 錦織圭が負けたんじゃない、プノワペールが勝ったんだ。~全米8強出揃う~
  6. 秋天過去10年のデータ。
  7. ウインブルドン全ドローと展望
  8. マイアミMSの展望とランキングについて若干
  9. 全米OP全ドローと展望
  10. CLラウンド16の展望。

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月04日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss