サンチェス・ピスファン

シンシナティMS QFの展望

このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。

いやはやディミトロフが良いな。。

さて4試合順番に見ていく。

まずはナダル対キリオス。 個人的にはこれが事実上の決勝戦かなと。 過去の戦績はナダルの2勝1敗。 ただ2勝共にクレーでハードコートでは初対戦。 2人とも今日2試合目のようなもので 長い試合になれば体力で上回るナダルに分があるかなと。 キリオスはとにかくサーヴ。 楽にキープを重ねることが出来ればチャンスはある。 ラモスビノラスにも 序盤手こずったようにナダルも盤石ではない。五分。

次はティーム対フェレール 過去はティームの1勝のみでハードコートでは初対戦。 フェレールが初戦のジョンソン戦からずっと好調で 身上の粘り強さを発揮出来ている。 ティームが豪打でどこまで押せるか。 フェレールがしぶとさで応戦することは容易に想像出来激戦必至。 ティームにやや分はありそうだが五分に近いと思う。

ボトムハーフからまずは イズナー対ドナルドソン。 米国対決だがここはイズナーが有利だろう。 過去はイズナーの1勝のみだし 今大会まだブレイクを許していないイズナーは絶好調。 ニューポート、アトランタと優勝した勢いは続いており ドロー的に決勝まで見据えられるここは力が入るところだろう。 ドナルドソンも力をつけては来ているが まずはキープに注力でどこまでしのげるかだろう。

ディミトロフ対杉田は ここまではディミトロフが優勢。 杉田はスライスの微妙な精度が落ちてきている。 エラーも一発もあるディミトロフのバックをしつこく 突いていけばチャンスもあるかと思ったが ここまではむしろ杉田がバックで苦しんでおりこのままでは厳しい。 ディミトロフも初のMS決勝が見えることまできているし このカナダ・シンシのマスターズ連戦は共にSF経験がある得意な舞台。 杉田も踏ん張りたいが ここまではディミトロフのショットのキレが素晴らしく厳しい。

さて、全米のシード争いはどうなるか。 個人的にはキリオスの初優勝にも期待しており注目のQF。

しかし全くハリロビッチは何をしているのか。。 それではまた。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
テニス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

一歩前にさらに先へ 杉田のマスターズ大会ベスト8 ウエスタン&サザン・オープン2017 3回戦【change-the-flow】

【2017年8月】錦織選手今シーズン全休(右手首)過酷なテニスツアー、故障とメンタル、自国プレーヤーへのファン意識、純粋なテニスの魅力【"テニス"感覚観戦】

杉田祐一がマスターズ8強の快挙! 強豪カチャノフを破る 次はディミトロフ(11位)戦(ウエスタン&サザンOP2017・3回戦)【0 to zeroのhorizon】

ブロガープロフィール

profile-icontwo-match-down



  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:7689834

(09月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 今週の2大会とランキング。
  2. 皐月賞 全頭解説と予想~3強ではなくハイレベルな混戦~
  3. ローマMS2R全ドローと今週のランキングなど
  4. データから見る有馬記念(過去17年分)
  5. 錦織圭が負けたんじゃない、プノワペールが勝ったんだ。~全米8強出揃う~
  6. 秋天過去10年のデータ。
  7. ウインブルドン全ドローと展望
  8. マイアミMSの展望とランキングについて若干
  9. 全米OP全ドローと展望
  10. CLラウンド16の展望。

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss