サンチェス・ピスファン

セビジッタです。赤い血が流れています。間違っても緑の血は流れていませんが、ベティコの方も是非。 リーガ、欧州サッカー、競馬、テニス、千葉ロッテ、F1などについて徒然なるままに。

two-match-down

  • 昨日のページビュー:33508
  • 累計のページビュー:7386997
  • (06月08日現在)

最新の記事

全仏OPQFの展望

こんにちは。 雨のおかげでQFが今日に集中したため 4試合まとめて展望する時間ができたので書いておきたい。 まずは前回書いたQF勝ち上がりの予想を振り返ると 錦織とチリッチのところ以外は正解。 カレーニョのラオニッチ撃破が当たったのは良かったが 錦織のところはクエバスがあんなにあっさり負けるとは思わなかった。 アンダーソンに関しては復活してほしいという 願望込みだったので仕方ないかなというとこ......続きを読む»

安田記念レース回顧~7度目の正直~

最内でしぶとく粘り腰を発揮する 昨年の優勝馬は4つめのタイトルへ向けひた走り 大外からは進路を切り替えた昨年のスプリント王が急追する。 しかしその間を最後にぐいとクビだけ出て見せた サトノアラジンのG1戦績がこれまで0-0-0-6だったことを どれだけの人が覚えているだろうか。 7度目にして成就した悲願だが これまでの道のりは常に容易いの対極であり続けた。 明らかに適性外な菊花賞はともかくとして......続きを読む»

全仏OP3Rの組み合わせと展望

こんばんは。 32強出揃ったところで簡単に全体を見ていきたい。 まずは組み合わせを。 ()は消えたシード選手  1マレー 29デルポトロ 21イズナー   ハチャノフ(13ベルディヒ)   ベルダスコ(9Aズベレフ) 22クエバス   チョン(27クエリー)  8錦織  3ワウリンカ 28フォニーニ 24ガスケ 15モンフィス   エドムンド(12ツォンガ)   アンダーソン(18キリオス)......続きを読む»

2017東京優駿~ダービージョッキーになる日~

こんにちは。 忙しすぎた日々も ようやく落ち着きを見せ始めやっと久々の投稿。 ダービーの日であり、モナコGPの日であり インディ500の日であり全仏の開幕の日である今日に間に合って良かった。 さてダービーである。 前哨戦もろくに観られていないし それでなくとも大混戦の今年。 信頼できる馬もいないが、消せる馬もいない。 そんな感じではなかろうか。 スワーヴリチャードかレイデオロあたりが 皐月......続きを読む»

NHKマイルC(私的)レース回顧~ザ・レースセンス~

眩しいほどに輝くノリの笑顔も清々しく 府中の長い直線を駆け抜けたのは人気の一角アエロリット。 だいぶ悔しい馬券の外し方をしたので 今日はそれをメインに記したいと思う。 昨夜の予想記事で ボンセルヴィーソの単複 そしてディバインコード、オールザゴー、リエノテソーロの単 及び馬単BOXかなぁと書いた。 そして今日になって気になったレッドアンシェルを加えて 結局5頭の単と5頭の馬単BOXを買った。......続きを読む»

NHKマイルCの予想~2人目の松山弘平~

こんばんは。 今回も予想だけ簡単に。 マイルでも長そうな初遠征のカラクレナイに 勝ちきれないアエロリット、馬体不安のミスエルテと 牝馬勢はそろって不安材料が多い印象。 かといって前走があまりにもチグハグだった モンドキャンノに食指も動かず今回も穴狙いに終始したい。 本命はボンセルヴィーソ。 この馬も勝ちきれなさは内包するものの マイル以下の王道路線を歩み続けて 崩れていないことは評価出来るし......続きを読む»

春天レース回顧~シャンティへ続く道~

こんばんは。 予想通り2強がしのぎを削り それにアドマイヤ系の勝負服2頭が食らいついた最後の直線は 非常にハイレベルな一戦で古馬頂上決戦にふさわしいものだったと思う。 キタサンブラックの安定感は今更語るに及ばないが 今回も危なげない押し切りで改めて現役最強を印象付けた。 豊も手の内に入れているし国内では当分負けそうにない。 もうこの馬の場合 興味はどんなレースをするかよりどの枠を引くか。 別......続きを読む»

天皇賞 春 の予想~2強を切り裂く一筋の虹~

こんばんは。 フェラーリのフロントロ-独占に泣いた。 さて、なんだかんだとばたばたしており久々の投稿に。 しばらくこんな感じだと思うが 奇しくもダービーの週にはもろもろ落ち着きそう。 というわけで今回も予想だけ。 キタサンブラックとサトノダイヤモンド。 この2強で固いのか、が今回の焦点だろう。 有馬でのあの激闘を思い出すと 2頭のマッチレースに期待したいという気持ちは強い。 馬連が3倍付く......続きを読む»

皐月賞レース回顧~最速の名は譲れない~

こんばんは毎々今更ではあるが 皐月賞を簡単に振り返っていく。 時計が出やすい馬場であったこともあり 勝ち時計は1分57秒8とかなりの好時計。 ただかなり砂と言うか土埃の舞うような状態で 固い馬場だったことが予想され出走メンバーの消耗度は気がかりでもある。 レースは直線ファンディーナが 馬場の真ん中から先頭に立ったところで力尽き 結局は内目を突いた2頭の決着となった。 ファンディーナの強気の進路......続きを読む»

皐月賞の予想~無敗馬ではなく実質の無敗馬~

こんばんは。 早くから予想が決まったし 完全に感覚決め打ち作戦なので 全頭解説は休ませていただき予想のみを簡単に。 タイトルの通りで シンザン記念は競馬をしていないアルアインに本命を打つ。 シンザン記念の敗因は 馬場などではなく直線入り口での大きすぎた不利。 現に勝ち馬のキョウヘイには その1走前に同じマイル重馬場で完勝している。 断じて力負けではない。 ほぼ自分の時計で良いタイムを残した......続きを読む»

桜花賞レース回顧~マイルまでなら譲れない~

おはようございます。 少し遅くなったが桜花賞の振り返りを。 馬場は稍重まで回復したものの のめって走っている馬も多くやはりかなり力のいる状態だったと思われる。 そんな中前半が46秒5で 後半が48秒なので非常に前傾ラップだったように見えるが 実際はカワキタエンカが途中から単騎で飛ばしたので 2番手以下は前後半イーブンに近い推移だったと思われる。 まぁ馬場を加味すればM~Hペースと言ったところ......続きを読む»

今週の2大会(17・4・12)

こんばんは。 デ杯のQFも終わり今週は250が2つだけで TOP選手の名前はあまり見えないが 今週を境にATPツアーはその舞台を本格的に赤土の上に移す。 しかしデ杯は全く追ってなかったので 後から結果だけ見たら デッドラバーとはいえシングルスにジモニッチ出てたのか。 さて、先週のランキングを追ってなかったが ソックがキャリアハイを更新と引き続き好調を持続。 SF進出のフォニーニもTOP30に......続きを読む»

桜花賞全頭解説と予想

こんばんは。 もろもろは後に回してとりあえず本題に。 しかしまぁグリーズマン千両役者。 1 ミスエルテ やはりぶっつけのローテーションは割引だろうが 朝日杯は早めに外から交わされる展開ながらよく伸びていたとも言える。 能力的には足りておかしくない。 ただこの枠と臨戦過程を両方クリアすればそれはもう化け物。 注目はするが馬券的には見送りたい。 2 ライジングリーズン 中山マイルの鬼の可能性......続きを読む»

大阪杯他先週のレース回顧と桜花賞の枠順雑感

こんばんは。 今更ではあるがまずは簡単に先週の振り返りを。 大阪杯は上位人気7頭が8着以下を2馬身半ちぎり 下馬評通りハイレベルな混戦だったと言えるだろう。 ラップタイムと見た目的には マルターズアポジーが残るのではないかとも思えたが 例年通りこの時期の阪神の馬場は重く時計以上に内容は濃い。 無論マルターズアポジーも普通の良馬場をあのペースで 単騎逃げ出来ればもっと見せ場を作って良い馬である......続きを読む»

大阪杯全頭解説

こんばんは。 産経がつかなくなってG1になって。 大きく様変わりした気持ち的には第1回大阪杯。 力関係と本気度合いが アンバランスな雰囲気も漂い難しいレースだが 妙味溢れる好メンバーが揃ったと言えるだろう。 順に見て行きたい。 1 ミッキーロケット 阪神ではサトノダイヤモンドを追い詰めた実績があり 前走京都記念は出遅れたことを考えれば悲観する内容ではない。 G1では勝ちきれるイメージにやや......続きを読む»

高校野球球数ハラスメント問題

こんばんは。 それもこれも全部稀勢の里のせいで、いや稀勢の里のおかげで とてもエモーショナルな気分になっているので このジャンルにおいて記事を書くのは初めてだが投稿をさせていただく。 2試合連続で15回引き分け再試合となった本日のセンバツ大会。 それはそれでドラマチックで感動的な1日であった。 特に地元でもなんでもないのだが 最後の試合はなんとなく福井工大福井を応援していて 9回あのダブルス......続きを読む»

高松宮記念・マーチSの予想

改めてこんばんは。 先ほどの全頭解説で 好意的に書いたのは 内から順に フィエロ レッドファルクス メラグラーナ ソルヴェイグ ナックビーナスの5頭。 そして万一を考えたいと書いたのがトウショウピスト。 とりあえず以上6頭の単勝は必ず買う。 中京競馬場回収後の同レースを振り返ると やはり極端な追い込みが利きにくくなっているのは間違いなく 天候も加味して基本的には先行馬を重く見たい。 とは......続きを読む»

高松宮記念全頭解説

こんばんは。 さてF1の開幕戦を観たいので (起きられるように)早速本題に入りたい。 1 ティーハーフ 昨年はうまく内を立ち回り健闘したが その後は大敗が続き厳しい現状と言わざるを得ない。 前崩れで掲示板があれば御の字だろう。 2 フィエロ この年齢で初距離となるとスピード負けが心配。 ただ昨年ほどの高速馬場ではないし馬場が渋る可能性も高いのはありがたい。 能力的には上位間違いなしで隠れ......続きを読む»

マイアミMS2Rの全ドローとランキングを簡単に

こんばんは。 ひとまず先週の結果から。 インディアンウェルズMSでは またまたフェデラーが優勝でレースランキングの1位を不動のものに。 W  フェデラー F  ワウリンカ SF ソック、カレーニョブスタ という結果になった。 SF以降はすべてフルマッチで観ることが出来たが SFがどちらも比較的ワンサイドな内容となったこともあり 決勝に残った二人の充実ぶりが際立ったと言えるだろう。 もとよりワ......続きを読む»

高松宮記念簡易展望と先週のレース回顧

こんばんは。 高松宮記念の細かい話は明日以降に回すが まぁとにかく微妙なメンバー構成。 (居ても微妙ではあるが) レッドファルクスがいなければ完全にG2以下だなと。 あと去年のスプリンターズSをあの競馬で落とし 今回は出走できないあたりビッグアーサーが不憫でならないなと。 とりあえずナックビーナス、ソルヴェイグの両牝馬は面白そう。 なんせオッズも読めないのでそことの相談にもなるが 上がり馬セイ......続きを読む»

フラワーカップの予想

こんばんは。 あぁ強いとわかっていながら ウインブライトの単を乗り逃したダメージが大きい。。 トリコロールブルーにこだわりすぎたな。 あれだけかかって押し切ったサトノダイヤモンドも流石。 まぁ回顧はまた週明けに改めて。 さてフラワーC。 予想通りファンディーナが圧倒的人気だし 能力は認めるところだが 初遠征、初重賞、この人気では買いたくない。 デアレガーロで対抗しようと思っていたのだが レ......続きを読む»

阪神大賞典・スプリングSの予想~珍しく一途に~

こんばんは。 いやぁ3日開催はいいんだが 日・月開催の今回の中山みたいになると 日曜メインを前日に予想する際に 馬場状態を掴みにくいのは何とも言えないな。。 さてまずは阪神から。 もちろん人気の中心は サトノダイヤモンドで続くのがシュヴァルグラン。 2強と言うよりかは1強の見立てだろう。 もちろんサトノダイヤモンドの強さは認めるが このオッズで買うのは面白くないし つまるところはトライアルな......続きを読む»

ファルコンS・若葉Sの予想

こんばんは。 3日連続重賞開催と言うことで 真面目に予想していこう。 セビージャの無冠も濃厚になり暇だしな。。 さてファルコンS。 先週のトリトンSがレコードだったように 中京は今週も高速馬場だろうか。 そうなるとコウソクストレートが1番人気なのも納得できる(違う) 本命はボンセルヴィーソ。 デイリー杯2着に朝日杯3着は どっちも単騎で行けたとはいえ胸を張れる実績で ここでは能力的に1枚上で......続きを読む»

だから複勝はやめられない

こんばんは。 前回の回顧記事で先週のゆきやなぎ賞での ポポカテペトルの配当(単勝810円複勝680円)が やばいというのを少し書いたが それに伴ってちょっと複勝馬券について掘り下げたいと思う。 おそらくみなさんも今回のように 異常に高配当な複勝オッズを見たことがあると思う。 大レースで言えば 2013年の春の天皇賞。 単勝6倍のフェノーメノが複勝3倍。 2着トーセンラーは単勝が13倍で複勝配......続きを読む»

先週のレース回顧~そのイタリア人、絶頂につき。あと浜中の件~

こんばんは。 久々の回顧記事。 さぼっていた間もカデナがやばいぐらい強かったり ブラヴィッシモが2週続けて残念だったりと 書きたいことはいろいろあるのだがとりあえず先週の話を。 まずは重賞から。 フィリーズレビューはレーヌミノルが とにかくチグハグな競馬でカラクレナイの餌食に。 にしても首筋をなでながらゴールのミルコが絵になりすぎた。 これでカラクレナイは3連勝。 1400しか使われていない......続きを読む»

中山牝馬S・フィリーズレビューの予想

こんばんは。 何とも難解な牝馬両重賞。 まずは中山から見ていきたい。 人気の中心はここが引退レースのマジックタイム。 強いのは認めつつも最後の最後で 1ターンじゃないとこ使うのかと思わざるを得ない。 まぁ番組ないとはいえ ずっと1ターンで走ってきた馬だけにやはり気にはなる。 ラストランということも加味して評価を下げる。 一長一短のメンバーだが 本命はパールコードとしたい。 距離がやや短い可能......続きを読む»

IW全ドローと先週の振り返りなど(17・3・10)

こんばんは。 さて明日も早いというのに 豪華絢爛な全96ドローが待ち受けているので前半は簡潔に。 まずは先週の振り返りから。 ドバイ500 ハード W  マレー F  ベルダスコ SF プイユ、ハーセ アカプルコ500 ハード W  クエリー F  ナダル SF キリオス、チリッチ サンパウロ250 クレー W  クエバス F  ラモスビノラス SF カレーニョブスタ、ソウザ ド......続きを読む»

弥生賞~困った時の黄金コンビ~

こんにちは。 昨日のチューリップ賞に続き今日は伝統の弥生賞と いよいよクラシックトライアルも本番に入ってくる。 その弥生賞は人気も割れ加減で 実績馬、新星候補、安定勢力と入り乱れ馬券的にも面白そう。 12時現在で単勝10倍を切る馬は6頭。一応6強っぽい見立てか。 人気は上から順に カデナ       ダイワキャグニー コマノインパルス グローブシアター サトノマックス ダンビュライト カデ......続きを読む»

チューリップ賞・オーシャンS~ヒントは差し遅れ~

こんばんは。 まずはチューリップ賞から。 予想通りと言うか当然の事として阪神JF連対組が人気の中心。 ただその時はリスグラシューが 出遅れて外を回る競馬でかなりロスが大きかった。 よってこの2頭の優劣は今回を見てからの判断でも遅くないと思う。 ただこの2頭は今回メイチとは考えにくく 力は認めて注目はしつつも馬券は別に考えたい。 本命はミリッサ。 エルフィンSはゴール前豪脚を披露もすでに時遅しの......続きを読む»

今週の3大会とランキング(17・2・28)

こんにちは。 いやぁフェデラー強いな。 ペール相手に54分かよ。。 というわけで今週はBIG4がそろい踏みだが まずは先週の結果から。 リオデジャネイロ500 W  ティーム F  カレーニョブスタ SF ラモスビノラス、ルード マルセイユ250 W  ツォンガ F  プイユ SF キリオス、ガスケ デルレイビーチ250 W  ソック(決勝はW/O) F  ラオニッチ SF ヤング......続きを読む»

1 3 4 5 6 7 8 9 10 11

このブログの記事ランキング

  1. 今週の2大会とランキング。
  2. 皐月賞 全頭解説と予想~3強ではなくハイレベルな混戦~
  3. ローマMS2R全ドローと今週のランキングなど
  4. データから見る有馬記念(過去17年分)
  5. 錦織圭が負けたんじゃない、プノワペールが勝ったんだ。~全米8強出揃う~
  6. 秋天過去10年のデータ。
  7. ウインブルドン全ドローと展望
  8. マイアミMSの展望とランキングについて若干
  9. 全米OP全ドローと展望
  10. CLラウンド16の展望。

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月08日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss