たかすつとむのフォトブログ

サッカー以外のスポーツ

リンクの上の彼女。

週末に3泊5日という強行日程でケベックに行っていた。 いつものことだけれど、今回のお目当ては彼女。 4月のモスクワでの彼女の姿が目に焼き付いていて、その半年後、 彼女が見せた笑顔がともて印象的で、ロシア杯の結果が出てから、 大急ぎでフライトや宿を手配して臨んだ大会だった。 その彼女の欠場を知ったのは、トランジット先のデトロイトに着いたときで、 そのあと8時間のトランジットを経て、50......続きを読む»

フィギュアスケート世界選手権を終えて。

モスクワで開催されたフィギュアスケート世界選手権が昨日終わりました。 震災の影響での代替開催、1ヶ月という短い時間での準備などを考えると「よくここまでしっかりと開催できたな」というのが率直な感想です。尽力された方々に感謝させて頂きたいと思います。 競技面ではバンクーバーから1年で、勢力図が大きく変わり始めた印象を受けました。もっともここ4年間の世界選手権タイトルが日本と韓国を往復していたこと......続きを読む»

笑顔で。

パリから一時帰国してモスクワにやってきました。 初日は思ったほど寒くなかったのですが、どんよりとした雲に覆われたモスクワの街はやはり寒かったです。 さて昨晩、ロステレコムカップのフリープログラムが行われました。女子で3位に入賞したアレナ・レオノアの演技がとても印象的でした。勉強不足で存在自体を知らなかったのですが、ロシアンフォークのメロディにのったSPでは、滑るのが楽しくて仕方ないといった感......続きを読む»

氷上の「闘い」。

昨晩は1℃まで冷え込み、東京では考えられないくらいに寒いパリにやってきました。 フィギュアスケートグランプリシリーズ初戦。トロフィーエリックボンバールを取材するためです。日本人選手のエントリーは織田信成、中野友加里、そして浅田真央。注目は何と言っても初戦でいきなり実現した浅田真央とキムヨナの直接対決。メディア的な言い方をするならば「バンクーバーを占う重要な一戦」となります。 五輪の前年は......続きを読む»

浅田真央のステップ。

一昨日から9日間滞在したグラスゴーを離れパリに来ています。 トロフィーエリックボンバール。浅田真央の初戦を取材しています。 昨晩のショートプログラムでは「強気で行けなかった」と本人が話したように精彩を欠いた演技にだったように思います。囲み取材では、会話は聞き取れませんでしたが、悔しさの表れなのか大きな瞳が潤んで見えました。 先ほど公開練習が終わりました。今日は落ち込んだ様子もなく集中し......続きを読む»

ボールパークへいこう。

3連休は仙台に行っていました。 楽天イーグルスのホームスタジアムKスタを初体験です。野球関係のカメラマンさんが「雰囲気いいよ」と口を揃えていたので、楽しみにしていたのですが・・・。 非常に良かったです。 収容人数は2万人くらいのこじんまりとしたスタジアムです。 通常すり鉢状の野球場が多いと思いますが、改築時に所々に立体的なデザインが施し、内外野に設けられたボックスシートや外野の芝......続きを読む»

柔道家・井上康生。

先日、日本武道館へ行ってきました。 注目は大逆転での五輪出場が期待された井上康生選手でした。 準々決勝まで勝ち上がった井上選手は、最初の難関となる高井選手に敗れ、北京への道を閉ざされる結果となりました。必殺の内股を見事に空かされての敗戦は、競技者、井上康生の終焉を実感させる瞬間でした。 隣で撮影していた先輩カメラマン氏は、五輪や世界選手権で何度も井上選手を取り続けてきた方でした。普段は......続きを読む»

金メダリストの苦悩。

今週は辰巳国際プールに毎日通っています。 優勝をしても派遣標準記録に達しなければ、五輪への道が閉ざされる4年に1度の厳しい大会です。毎日がサバイバルですが、昨日はハイライトとも呼ぶべき一日でした。 既に100mで五輪を決めている北島選手の200m平泳ぎ決勝、反対に400mで五輪の逃した柴田選手の800m自由形決勝と、アテネ大会の金メダリストが登場したのですから注目度が高かったのも頷けます。チ......続きを読む»

現場に出る喜び。

先週の木曜日から札幌に来ています。 宮様スキー大会というスキー種目の総合大会を取材するためです。 今回取材した種目はジャンプ、クロスカントリー、ノルディック複合です。 いずれも初めての撮影でとても楽しむことが出来ました。 「シャー、ズシャ、ゴーーーー、バン!!」 初めて観たスキージャンプは迫力満点です。 「シャ、シャ、ズシャ、ぜぃ、ぜぃ!!」 初めて観たクロスカントリーでは選手......続きを読む»

星野監督と24人の選手たち。

台湾の台中に来ています。 今夏MLBを初めて取材したときはBaseballの面白さと楽しみ方を実感したのですが、今回は野球の面白さ、一発勝負の怖さを再認識させられました。 ※実際には総当りですが、1位通過しか認められず試合が少ないので一発勝負のような、が正しいですかね。 さて試合ですが、西岡のセーフティバント&全力疾走、川崎のヘッドスライディングなど3者凡退スタートながらも、初回と最終回こ......続きを読む»

ウインターシーズン到来。

早いもので今年も残すところ、あと3ヶ月です。 プロ野球やJリーグも大詰めを迎えつつあります。最近は異常気象(?)のせいもあって季節感が狂いがちですが、スポカメは取材する種目で辛うじて季節感を保っている感じでしょうか。 この週末はフィギュアの日米対抗戦を取材しました。 スキーが滑れない僕にとって「冬スポ」と言えば、スケート種目がメインになります。再来週にはハルビンでショートトラックWC、月末......続きを読む»

カメラマン魂。

クリス・ファイファーというスタントバイクのライダーが来日している。 スタントバイクとはバイクを使ってウイリーはもちろん、ジャックナイフやいわゆるアクションジャンプと言ったスーパーテクニックを披露するジャンルである。 ショーパフォーマンスの要素が多分に含まれてはいるけれど、300キロ弱の大型バイクを玩具のミニバイクで遊ぶかのように操る様は圧巻の一言。テクニックはもちろん強靭な肉体を必要とす......続きを読む»

秒間8.5コマの裏側に。

昨日に引き続き世界バスケの準々決勝2日目を取材。 試合の合間に一息いれていると、会場の整備を担当している方から素朴な疑問をぶつけられ、答えに躊躇してしまった。要約すると下記の通り。 「皆さん凄い枚数の写真を撮られますよね。全部写ってるんですか?」 カメラマン席の横で待機しているこの方は、ズラリと並ぶカメラマンが猛烈な勢いで切るシャッター音に驚きを覚えたようである。 答えに躊躇......続きを読む»

アンビリーバブルや~~!!

さて世界バスケもいよいよ佳境に入って参りました。 ベスト4を賭けた戦いを取材すべくさいたまスーパーアリーナへ。 今日は狙いは2つ。ひとつはダンクショットの迫力ある写真を撮ること、もうひとつは今まで使ったことのない借り物レンズをテストすることです。 そして、幸運にも2つの衝撃を受けることになりました。 ひとつめは生アリウープなるものを初めて目撃したこと! 「お、フリーで走ってきて......続きを読む»

桜木花道はいない。

バスケットの世界選手権が各地で行われている。 僕は広島で行われている日本の試合を取材した。 正直、バスケットはこれまで数えるほどしか取材経験がない。 バスケに関する知識はほぼ「スラムダンク」から得たものなので、 大いに勘違いしている可能性があることをお断りさせて下さい。 さて取材した試合はアンゴラ戦とパナマ戦。 初日のドイツ戦で健闘したとのニュースを見ていたので期待していた。 ......続きを読む»

ドイツへ

W杯ドイツ大会を3日後に控えた今、僕はタイのバンコクで稚拙な文章を書いている。 タイ航空TG0920便で明朝の6時にはフランクフルトに到着予定だ。 何故、今バンコクにいるのかと言えば、あるアスリートの追跡取材を敢行するためである。セパタクロー日本代表にして、本場タイのプロリーグに挑戦中の彼が現地でどんな生活をしているのか、どうしても見てみたかった。写真に収めたかったからである。 詳しく......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icontpower

東京都出身。出版社にて編集者を経験した後、フォトエージェンシーに勤務の傍ら、スポーツカメラマンとして活動開始。エージェンシーを退社、フリーランスとなる。ライフワークとしてセパタクローを追いかけ、サッカーを中心に数多くのスポーツを取材中。日本スポーツプレス協会(AJPS)、国際スポーツプレス協会(AIPS)会員。
  • 昨日のページビュー:2
  • 累計のページビュー:309700

(11月21日現在)

関連サイト:高須力公式サイト

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. サンドニの悲喜こもごも。
  2. 夢を追いかけつつ。
  3. ヨルダン戦を終えて。
  4. Aくん。
  5. リンクの上の彼女。
  6. 長谷部の言葉。
  7. 夢を泳ぐ。
  8. 写真が好きな写真家。
  9. フィギュアスケート世界選手権を終えて。
  10. 今、僕にできること。

月別アーカイブ

2014
06
2013
04
03
2012
10
07
03
2011
12
06
05
03
01
2010
07
06
05
02
01
2009
11
10
08
07
06
04
02
2008
11
09
08
06
05
04
03
01
2007
12
11
10
08
07
05
02
2006
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss