たかすつとむのフォトブログ

欧州サッカー

長谷部の言葉。

一年ぶりに欧州サッカーを取材している。 こっちで取材をするようになって、こんなに期間が空いたのは初めてだったから、最初に訪れたシュツットガルトでは、試合前に「なんでニヤニヤしてるの?」と現地在住のカメラマン氏に突っ込まれるくらい雰囲気を楽しんでいたんだと思う。「やっぱり現場はこうでなくっちゃね」と。もっとも端から見たら相当に気味悪かったんだろうけど。 僕が初めて欧州サッカーを取材したのは......続きを読む»

プレーオフ。

ウィーンに来ています。 昨日まで南アフリカのポートエリザベスで日本代表の取材をしていました。ポートエリザベスからヨハネスブルグ、フランクフルト、ウィーンとやってきました。あと一本飛行機を乗り継げば、オシム氏の故郷サラエボ初上陸となります。取材の日程を決めるときに、日本代表に付いて回るのと、欧州のプレーオフを回るのと悩んだ結果、良いとこどりをしようと欲張ってみました。 サラエボを選んだ理由とし......続きを読む»

欧州サッカー開幕。

火曜日からヨーロッパに来ています。 18日にはフランクフルト経由でバルセロナ、20日にはデュッセルドルフ経由でフェンローまでやってきました。 バルセロナではバルサのカンプノウでのお披露目試合、ジョアンガンペール杯を取材しました。カメラマン的にはチャリティ用のユニフォームでテンションは下がってしまいましたが、注目のメッシーとイブラヒモビッチの初競演を撮影することができました。ズラタンはまだバル......続きを読む»

欧州サッカークライマックス。

先週の金曜日からスペインに来ています。 土曜日にバルセロナを、日曜日にはレアルマドリーを取材しました。 先週水曜日にCLでバイエルンを木っ端微塵に吹き飛ばしたバルセロナの試合を楽しみにしていたのですが、この日は皆さんお休みモードといった感じでした。それでも2点を取れてしまう攻撃力はさすがですね。観ていて感じたのはチームの一体感でした。このチーム力こそが、今のバルセロナの強さの秘訣なんだと痛感......続きを読む»

セルティックパークにて。

先日からグラスゴーにやってきています。 初めてのUK入国となりました。今、世界で最もアツいと言われているイングランドのプレミアリーグは、世界で最も撮影規制が厳しいリーグとしても有名な上に、£の高騰などもあり、これまでいちカメラマンとしてはなかなか訪れる機会に恵まれませんでした。イギリス人のサポーターには各地で遭遇したことがあったのですが、フットボールを産み落とした国のスタジアムに強い興味があっ......続きを読む»

オリ、オリ、オリ、カーン。

昨晩はオリバー・カーン選手の引退試合を取材しました。 試合前にはモウリーニョ監督やフィーゴ選手、シュバインシュタイガー選手ら錚々たる面子からのメッセージが寄せられ、代表でライバルだったレーマン選手からのメッセージもありました。このときばかりはバイエルンファンからブーイングが飛び、思わず笑みがこぼれてしまいました。この他にもバイエルンはもちろん、対戦したドイツ代表もフルメンバーした。中でもトーニ......続きを読む»

ドイツのスポーツ文化。

本日、バイエルンミュンヘン対ヘルタベルリンの試合を取材しました。 今回は取材の裏話をご紹介します。 ブンデスリーガではプレス、いわゆる報道陣に対するケータリングサービスが充実しています。日本国内の試合では、飲み物のセルフサービスがありますが、ここドイツではジュースはもちろんビールがあったり、必ず軽食が用意されています。また飲み物をサーブしてくれる人や食器下げてくれる人までいて、ホテルのレスト......続きを読む»

欧州サッカー開幕。

北京五輪で盛り上がる日本を離れ、今週月曜日から、サッカーの新シーズンが幕を開けたヨーロッパにやってきました。 昨日まではスペインのカステヨンに滞在していました。隣町のビリャレアル、昨シーズン、バルセロナを押しのけてリーガを2位で終え、CLに挑むイエローサブマリンの実像を垣間見るための取材でした。 滞在中に2試合ほど見ましたが、結果は散々なものでした。バジャドリーに1-5、ウディネーゼに0......続きを読む»

ツーロンとロナウド。

フランス南部に位置するツーロンにやってきています。 マルセイユやニースといった南部の都市に比べると、移民が多い田舎街といった風情ですが、ゆったりと流れる時間や暖かい人間味に溢れる街です。 昨日、イタリア代表を取材したときに気がついたのですが、コーチはパルマやチェルシーで活躍したジャンフランコ・ゾラでした。頭頂部が少し薄くなってはいましたが、肥ったりせず昔のままの姿に思わず興奮です。 イ......続きを読む»

あの夏を忘れない。

昨日はゲルゼンキルヘンでチャンピオンズリーグを初取材しました。 ゲルゼンキルヘンもそうですが、宿泊したドルトムントでも妙な感覚に襲われました。ドルトムント駅に降り立った瞬間に感じたのは懐かしさ。またそれはゲルセンキルヘンでも同じです。よく考えると、この二つの街は2年前の夏、W杯のときに何度か訪れていたのです。それまで心の引き出しに入っていた記憶が、溢れるように蘇ってきました。 ゲルゼンキ......続きを読む»

ダービーと「シンジー! オーノー!!」。

痺れました。ダービー初体験です。 ボーフム対ドルトムント。同じヴェストファーレン州の隣町同士の戦い。およそ3万人収容のスタジアムには、立錐の余地もないほどの観客が詰めかけ、試合前から異様な盛り上がりをみせていました。告白するならば、常に冷静でいなければならない取材者である僕自身も、この異様な雰囲気に呑まれてしまいました。 そんな雰囲気に後押しされたのか、ホームのボーフムはアドレナリン全開でド......続きを読む»

ユニフォーム哀歌。

ただ今、ウィーンの空港です。 あと1時間ほどでデュッセルドルフに移動、陸路でボーフム入りの予定です。 昨晩はオーストリア対オランダの一戦を取材です。 カメラマン的には試合内容もさることながら、選手たちが身にまとうユニフォームの色も非常に気になる点でした。代表のユニフォームは、W杯とユーロがある年の2~3月辺りに新ユニフォームをお披露目するのが、近年の通例となっています。普通に考えれば、アウ......続きを読む»

エルンスト・ハッペルシュタディオン。

桜が咲き始め春めいてきた東京から、まだ冬のウィーンにやってきました。 今晩、ユーロ2008決勝の会場でもあるエルンスト・ハッペルシュタディオンにてオーストリア対オランダの国際親善試合が行われます。 さて昨日のウィーンは朝こそ晴れたものの、お昼くらいから大荒れの天気となりました。突然吹雪になったかと思うとピタリと止み、太陽が顔を出すのですが、山側からはすでに雪雲の第二波がやってきて~~~エンド......続きを読む»

オレンジへの憧憬。

クライマックスに突入したEURO予選を取材してきました。 今回訪れた街はダブリンとアイントフォーフェンです。個人的な話で恐縮ですが、オランダ代表はお気に入りのチームのひとつです。 1994W杯。準々決勝。ダラス。ブラジル対オランダ。 初めて大会を通してTV観戦した大会です。後半だけで両チーム合わせて5度もゴールネットを揺らす白熱した試合でした。2-0から諦めることなく追いついたオランダを沈......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icontpower

東京都出身。出版社にて編集者を経験した後、フォトエージェンシーに勤務の傍ら、スポーツカメラマンとして活動開始。エージェンシーを退社、フリーランスとなる。ライフワークとしてセパタクローを追いかけ、サッカーを中心に数多くのスポーツを取材中。日本スポーツプレス協会(AJPS)、国際スポーツプレス協会(AIPS)会員。
  • 昨日のページビュー:4
  • 累計のページビュー:309526

(09月21日現在)

関連サイト:高須力公式サイト

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. サンドニの悲喜こもごも。
  2. 夢を追いかけつつ。
  3. ヨルダン戦を終えて。
  4. Aくん。
  5. リンクの上の彼女。
  6. 長谷部の言葉。
  7. 夢を泳ぐ。
  8. 写真が好きな写真家。
  9. フィギュアスケート世界選手権を終えて。
  10. 今、僕にできること。

月別アーカイブ

2014
06
2013
04
03
2012
10
07
03
2011
12
06
05
03
01
2010
07
06
05
02
01
2009
11
10
08
07
06
04
02
2008
11
09
08
06
05
04
03
01
2007
12
11
10
08
07
05
02
2006
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss