たかすつとむのフォトブログ

ワールドカップ

マラドーナ一家。

昨日はエリスパークで行われたアルゼンチン対ナイジェリアを取材しました。 スタジアムに着いてまず感動したのはスタジアムの雰囲気でした。ダウンタウンにあるという立地、スタジアムの外観、内観、至る所に張り巡らされた横断幕、そして抜けるような青空。。。僕は行ったことがありませんが、死ぬまでに一度は訪ねてみたいと思っているブエノスアイレスのボンボネーラの雰囲気ってこんな感じかなぁと一人ワクワクしてしまい......続きを読む»

南アフリカ。

昨日からヨハネスブルグに来ています。 成田からバンコクまで6時間、トランジットで4時間、バンコクからヨハネスブルグは12時間弱。二度目の訪問ですが、遠い国までやってきた感じがします。 今はサッカーシティスタジアムのプレスセンターにいます。 昨日、今日とADパスやフォトビブスのピックアップ、自炊に必要な食材、調味料、アルコールなどの買い出しで街中を恐る恐る歩いてみました。既に報道されてい......続きを読む»

再びカイザースラウテルンにて。

「本当のW杯」が始まって3日。 カイザースラウテルンを再び訪れた。 イタリア対オーストラリア。 イタリアの青とオジーの黄が入り混じる光景は、 2週間前のあの暑い一日を思い起こさせてくれた。 6月12日。 日本対オーストラリアがあった暑い一日のことを。 日本では次期代表監督の話題が注目されて、 早くもこの2週間のことが風化し始めているのだろう。 いや、風化させたいと言った......続きを読む»

終宴。

日本のW杯が終わった。 期待をして、悪夢をみて、憤りを感じ、絶望した。 オーストラリア戦からクロアチア戦まであらゆる感情を味わった。 わずかな望みに身を委ねて訪れたヴェストファーレン。 果たしてブラジルは強かった。 とても同じスポーツで競っているとは思えないほどに。 試合後、ピッチに横たわって起き上がれなかった中田英寿を思う。 きっと誰よりも勝利を望んだであろう男の姿に心を揺さ......続きを読む»

消化試合だったけれども。

W杯もいよいよグループリーグが終盤に差し掛かってきた。 2節を終えた時点で勝敗の決したグループも多いけれど、決勝トーナメントに向けたかけ引きが面白みを増してきたのではないだろうか。 さて、今日はポーランド対コスタリカという本日一番の消化試合を取材した。 20分ほど歩いてスタジアムまで行ったのだが、街中やサポーターの雰囲気はこれまでにないほど和やかだった。両チームともに敗退が決定している訳だ......続きを読む»

愛でるべき人々。

今大会、何かとお騒がせなトーゴ代表の取材をすべくドルトムントに足を運んだ。 1月に取材したアフリカネーションズカップでは、アデバヨールとナイジェリア人監督ケシの確執により、良い所なく敗れ去った彼ら。果たして生き残りを賭けたスイス戦を前にボーナスをめぐる騒動が報道された。 前回大会でもカメルーンが同じような状況で話題になったし、そういえばネイションズカップでもDRコンゴが同じ問題でストライ......続きを読む»

彼らは歌う。

彼らは歌う。 オレンジ色をした大男たち。彼らはビール片手に歌う。 「ア~レ~、アレ~!」 陽気な歌声がシュトゥットガルトの街に響き渡る。 ドイツ人の堅苦しさはなく、イングランド人の威圧感もない。 彼らの歌声は沈んだ気持ちを浮かび上がらせてくれる。 4年前、僕を楽しませてくれた緑色したギネスな奴らの代わりに、 今度はオレンジ色した彼らが僕を楽しませてくれた。 出来ること......続きを読む»

一夜明けて。

昨晩は恥ずかしながら呑まずにはいられなかった。 必要最低限の電送だけ済ませるとビールを一杯。二杯。三杯…。 自分でも驚くほど切ない気持ちにさせられた。 ジーコジャパン発足以来、悲しい気持ちにさせられたのは二度目である。 一回目は昨年のアジア最終予選。テヘランで行われたイラン戦だった。 試合終了後、スタジアムを出るとイラン人とすれ違う毎に「2-1、2-1!」と捲くし立てられた。ただの親善......続きを読む»

ある少年の瞳

早いもので開幕から3日。 明日はいよいよ日本代表が登場するW杯ドイツ大会。 ピッチの上では一部の除いて概ね予想通りの試合が続いているのではないだろうか。 と、言ってもまだ一試合もまともに観てないので偉そうなことは言えないけれど・・・。 さて僕は開幕の日、ドイツの試合が行われたミュンヘンではなく、裏カード、ポーランドとエクアドルが激突したゲルゼンキルセンにいた。 「ポルスカ! ポルス......続きを読む»

4年に一度。

只今、ドイツ現地時間で朝の7時30分。いよいよ開幕まで10時間余り。 朝晩は冷え込むものの日中となれば30度近くまで上がる気温。カラッとした空気。15時からの試合は選手にとってタイトなものになるかと思うがいい気候である。昨日あたりから徐々に中南米、アフリカなど遠方からのサポーターを見かけるようになり、徐々に気分が高揚してくるのを感じずにはいられない。 先日、韓国でレッドデビルスの初代会長を務......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icontpower

東京都出身。出版社にて編集者を経験した後、フォトエージェンシーに勤務の傍ら、スポーツカメラマンとして活動開始。エージェンシーを退社、フリーランスとなる。ライフワークとしてセパタクローを追いかけ、サッカーを中心に数多くのスポーツを取材中。日本スポーツプレス協会(AJPS)、国際スポーツプレス協会(AIPS)会員。
  • 昨日のページビュー:2
  • 累計のページビュー:309701

(11月22日現在)

関連サイト:高須力公式サイト

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. サンドニの悲喜こもごも。
  2. 夢を追いかけつつ。
  3. ヨルダン戦を終えて。
  4. Aくん。
  5. リンクの上の彼女。
  6. 長谷部の言葉。
  7. 夢を泳ぐ。
  8. 写真が好きな写真家。
  9. フィギュアスケート世界選手権を終えて。
  10. 今、僕にできること。

月別アーカイブ

2014
06
2013
04
03
2012
10
07
03
2011
12
06
05
03
01
2010
07
06
05
02
01
2009
11
10
08
07
06
04
02
2008
11
09
08
06
05
04
03
01
2007
12
11
10
08
07
05
02
2006
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss