たかすつとむのフォトブログ

夢を泳ぐ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

僕が初めて寺川綾を撮影したのは2004年のインカレ、アテネの余韻が残る残暑の季節だった。2001年の世界水泳で脚光を浴び、初めて出場したオリンピックで8位入賞。4年後の北京での活躍を誰もが期待していたと時期だった。

2002年に写真を始めてから、サッカー中心の取材をしていた僕はインカレ以降、毎年、日本選手権を取材する機会に恵まれたが、最初は競泳の魅力よりも、北島や寺川などスター選手たちに興味を持ち、次第にまるで生き物のように表情を変える水の表現を楽しむようになった。初めて競泳が面白いと思えたのは、2008年の五輪選考会を兼ねた日本選手権だった。3年連続で日本選手権を取材していたおかげで、選手のことも分かるようになっていたし、何よりも世界で最も厳しいとされた五輪選考会が面白くない訳がない。

この選手権で印象に残っているのは寺川の落選だった。「寺川引退」とも取れるような報道もあったし、僕は「引退」とまでは思わなかったけれど、ロンドンで活躍する彼女の姿を想像することができなかった記憶がある。しかし、彼女は引退どころか、ロンドンで銅メダルを手にした。レース後の柔らかい笑顔が印象的で、テレビのインタビューでの彼女の気持ちの高鳴りに思わずジーンきた。

それには理由があって、非常に分かりやすくて恐縮なのだけれど、彼女のフォトエッセイ(宣伝で恐縮ですが、写真を撮らせて頂きました)を読んでいたからだ。一夜明けての報道は「挫折からの復活」というニュアンスが強く、僕自身、エッセイを読むまでは安直な「栄光と挫折」的な物語を思い描いていた。しかし、彼女にとって、北京を逃したことを挫折とは考えていなかったようで、自分の観察力のなさに呆れてしまったほどだ。彼女はアスリートによくいるいわゆる「力のある言葉」や「強烈な闘争心」を全面に押し出すタイプではない。撮影の短い時間での印象だけれど、普通の女性だった。そんな彼女がどういう気持ちで北京後の4年間を過ごし、ロンドンに賭けてきたのか、その一端を知っていたから、思わずジーンきたのだと思う。

寺川は今回のオリンピックでは200Mを回避して、100Mとメドレーリレーにのみエントリーしている。メドレーにかける彼女の気持ちを思うと、8月4日(日本時間では5日の早朝)が今から待ち遠しくてならない。

最後に宣伝ですみません。
撮影を担当させて頂きました。
書店などでお見かけの際はぜひ手にとってみてください!

夢を泳ぐ。寺川綾公式フォトエッセイ(徳間書店)
tpower-337991.jpg
※写真はフォトエッセイの表紙。
写真:たかすつとむ




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
お知らせ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ロンドン五輪―お粗末としかいいようない運営【スポーツCHINA】

ポスト郭晶晶で「金」 中国・呉敏霞【スポーツCHINA】

「メダルを取ることだけが勝利じゃない」中国選手が体制批判【スポーツCHINA】

ブロガープロフィール

profile-icontpower

東京都出身。出版社にて編集者を経験した後、フォトエージェンシーに勤務の傍ら、スポーツカメラマンとして活動開始。エージェンシーを退社、フリーランスとなる。ライフワークとしてセパタクローを追いかけ、サッカーを中心に数多くのスポーツを取材中。日本スポーツプレス協会(AJPS)、国際スポーツプレス協会(AIPS)会員。
  • 昨日のページビュー:12
  • 累計のページビュー:309278

(07月21日現在)

関連サイト:高須力公式サイト

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. サンドニの悲喜こもごも。
  2. 夢を追いかけつつ。
  3. ヨルダン戦を終えて。
  4. Aくん。
  5. リンクの上の彼女。
  6. 長谷部の言葉。
  7. 夢を泳ぐ。
  8. 写真が好きな写真家。
  9. フィギュアスケート世界選手権を終えて。
  10. 今、僕にできること。

月別アーカイブ

2014
06
2013
04
03
2012
10
07
03
2011
12
06
05
03
01
2010
07
06
05
02
01
2009
11
10
08
07
06
04
02
2008
11
09
08
06
05
04
03
01
2007
12
11
10
08
07
05
02
2006
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss