たかすつとむのフォトブログ

写真が好きな写真家。

このエントリーをはてなブックマークに追加

24歳だった僕はスポーツカメラマンを志し、フォトエージェンシーに入社しました。幸運だったのはそこで「写真が好きな写真家」と巡り会ったことでした。

ちょうど写真が銀塩からデジタルに移行する時期でした。デジタルに移行して一番変わったことは写真をプリントしなくなったことです。そんな中「写真が好きな写真家」は自作のプリントをよく見せてくれました。「カッコいいでしょ、この写真?」と。まるで自慢のコレクションを誇る少年のように、とても楽しそうに。

世の中にたくさん存在する仕事がそうであるように、カメラマンも楽な仕事ではありません。ただ他の仕事と違うとすれば、誰もが最初は好きで始めることだと思います。でも仕事にすると好きなことを忘れてしまうこともあれば、忘れなくてはいけないときもあります。悲しい話だけれど。

ちなみにフォトエージェンシーとは写真の版権を貸して利益をあげる会社です。僕はその会社で売れる写真を学ぶと同時に「写真が好きな写真家」から素敵な写真を学びました。そして「売れる写真≠素敵な写真」ではない現実も知ってしまいました。

そんな世知辛い世の中で、写真が好きで好きで仕方ない気持ちをいつも発散していたのが「写真が好きな写真家」でした。僕は彼の透き通るようなトーンと光と影を自在に操る絵作りが大好きでした。付け加えると屈託のない笑顔とおやじギャグも大好きでした。

今、僕が曲がりなりにもスポーツカメラマンとして生きているのは、クサクサすることがあっても、最終的には現場を楽しみ、撮影を楽しみ、プリントを楽しみ、写真を好きでいるからだと思います。その姿勢を教えてくれた一人は間違いなく「写真が好きな写真家」でした。

2011年6月9日。
僕が尊敬している「写真が好きな写真家」が逝去しました。現場で不慮の事故に遭ってしまったそうです。きっと事故がおこってしまったときも、少しでも良い写真を撮ろうとして、少しづつ突っ込んでいってしまったんだと思います。思い浮かべたくもないけれど、訃報を聞いたときそんなシーンが頭を過りました。

素敵な新作を見ることも、誰もが引き込まれる笑顔を見ることも叶わないと思うと、すごく、ものすごく残念でなりません。まだまだ未熟な僕やあなたを敬愛して止まない人々が出来ることはただひとつです。「写真を好き」という原点を忘れることなく、それぞれの道で写真を愛し続けることです。天国から見守っていて下さいね。今度は僕らが「カッコ良くないですか、この写真?」って押し掛けますから。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-icontpower

東京都出身。出版社にて編集者を経験した後、フォトエージェンシーに勤務の傍ら、スポーツカメラマンとして活動開始。エージェンシーを退社、フリーランスとなる。ライフワークとしてセパタクローを追いかけ、サッカーを中心に数多くのスポーツを取材中。日本スポーツプレス協会(AJPS)、国際スポーツプレス協会(AIPS)会員。
  • 昨日のページビュー:12
  • 累計のページビュー:309217

(07月17日現在)

関連サイト:高須力公式サイト

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. サンドニの悲喜こもごも。
  2. 夢を追いかけつつ。
  3. ヨルダン戦を終えて。
  4. Aくん。
  5. リンクの上の彼女。
  6. 長谷部の言葉。
  7. 夢を泳ぐ。
  8. 写真が好きな写真家。
  9. フィギュアスケート世界選手権を終えて。
  10. 今、僕にできること。

月別アーカイブ

2014
06
2013
04
03
2012
10
07
03
2011
12
06
05
03
01
2010
07
06
05
02
01
2009
11
10
08
07
06
04
02
2008
11
09
08
06
05
04
03
01
2007
12
11
10
08
07
05
02
2006
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss