たかすつとむのフォトブログ

アジアカップ2011開幕。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カタールのドーハに来ています。以前、訪れたのは2008年の最終予選だったので、約2年ちょっとぶりです。昨晩、アジアカップ2011の日本の初戦となったヨルダン戦を取材しました。予想外というか予想通りというか、最後の最後で追いつく心臓に悪い試合でした。

南アフリカのワールドカップ以降、いつになく明るい話題が多かった日本サッカー界。南アでブレイクした本田選手、ブンデスリーガで前期MVPを獲得した香川選手を始め、この冬にも数名の選手が海を渡ろうとしています。また昨年10月に初お披露目となったザッケロー二監督は、アルゼンチン、韓国を相手に見応えのある試合を演じて、我々に大きな希望を与えてくれました。今大会の登録メンバーも当初は、どれくらい主力を呼べるか分からなかった中で、ほぼ監督の希望通りのメンバーが顔を揃えることになりました。これだけプラスの材料が揃えば、誰でも思ってしまうはずです。日本の目標は優勝。少なくともベスト4までは余裕で勝ち上がるはずだと。選手たちに慢心があったとは思いません。ただこの半年、僕らの回りにフワフワとした雰囲気が漂っていたことは間違いないと思います。

そういう意味で、自他ともに認める優勝候補の日本が格下のヨルダンに後半ロスタイムまでリードを許し、最後の最後で何とか勝ち点1を手にしたという結果について予想外だったと言えるし、優勝候補が初戦で格下相手にスコーンと足下を救われ、そのまま敗退なんて話はワールドカップでもよくある話なので予想通りだったと言えるのではないでしょうか。いずれにしても収穫の多い試合だったと思います。ザックを始め、若い選手達がアジアの難しさを肌で感じ、今後の戦いに活かすことができることや、サウジ対シリアの結果を考えると、どんな形であれ勝ち点1を積み上げたことは良かったと思います。また我々、報道陣にとっても改めてアジアの怖さを痛感させられた試合でした。

気持ちを引き締めて今後の取材に臨みたいと思います。

tpower-214751.jpg
※写真はカタールスポーツクラブでの一コマ。
撮影:たかすつとむ




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
サッカー日本代表
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

アメルの言葉――日本×ヨルダン【物書き屋のサッカーを笑うな】

「引いた相手」とどう戦うか【代表とフロンターレとセットプレー】【J特】【青と黒の勇者たちと共に】

日本がヨルダンと引き分け【サッカーに愛を込めて☆】

ブロガープロフィール

profile-icontpower

東京都出身。出版社にて編集者を経験した後、フォトエージェンシーに勤務の傍ら、スポーツカメラマンとして活動開始。エージェンシーを退社、フリーランスとなる。ライフワークとしてセパタクローを追いかけ、サッカーを中心に数多くのスポーツを取材中。日本スポーツプレス協会(AJPS)、国際スポーツプレス協会(AIPS)会員。
  • 昨日のページビュー:12
  • 累計のページビュー:309217

(07月17日現在)

関連サイト:高須力公式サイト

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. サンドニの悲喜こもごも。
  2. 夢を追いかけつつ。
  3. ヨルダン戦を終えて。
  4. Aくん。
  5. リンクの上の彼女。
  6. 長谷部の言葉。
  7. 夢を泳ぐ。
  8. 写真が好きな写真家。
  9. フィギュアスケート世界選手権を終えて。
  10. 今、僕にできること。

月別アーカイブ

2014
06
2013
04
03
2012
10
07
03
2011
12
06
05
03
01
2010
07
06
05
02
01
2009
11
10
08
07
06
04
02
2008
11
09
08
06
05
04
03
01
2007
12
11
10
08
07
05
02
2006
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss