たかすつとむのフォトブログ

マラドーナ一家。

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日はエリスパークで行われたアルゼンチン対ナイジェリアを取材しました。

スタジアムに着いてまず感動したのはスタジアムの雰囲気でした。ダウンタウンにあるという立地、スタジアムの外観、内観、至る所に張り巡らされた横断幕、そして抜けるような青空。。。僕は行ったことがありませんが、死ぬまでに一度は訪ねてみたいと思っているブエノスアイレスのボンボネーラの雰囲気ってこんな感じかなぁと一人ワクワクしてしまいました。試合後、当地を訪れたことのある先輩方から聞いた話では、僕の感覚に間違いはなかったとのことでした。

そして、この日のある意味でのメインキャスト、マラドーナがピッチに登場しました。ウォームアップする選手一人ひとりに声をかけながら、ディフォルメされたような丸っこい身体でピッチを悠然と歩き回っていました。正直、もう少しスリムにならないとジャージ姿は絵にならないなぁと少々ガッカリしながら、かの国の英雄を見ていたのですが、選手入場から少し遅れてベンチにやってきたマラドーナは、なんとスーツ姿。一瞬、誰だか分からなかったほど、スーツ姿が似合っている。あまり美しいとは言えない体型もスーツだと貫禄がでることを実感。というか、ほとんどマフィアのボスにしか見えません。およそ3mの距離にいるマフィアのボス、いやいやアルゼンチンの英雄は、さすがの目力と貫禄で、おそらくこの日一番の存在感を放っていたのではないでしょうか。

試合中はコーチングエリアに出ずっぱりで、時折、激しいジェスチャーを交えながら試合を見守り、予備審判と言い合うことも忘れていません。彼を観察しているだけでも十分、エンターテイメントになりそうなくらいのマラドーナ劇場を披露していました。本職の采配に関しては「?」な感じもありましたが。。。試合後、普通なら会見に備えてすぐにベンチをあとにする監督が多い中、ズカズカとピッチに足を踏み入れ、試合前同様すべての選手、スタッフと握手、ハイタッチ、包容を繰り返し、監督として上げた一勝の喜びを十分に噛み締めながら、一番最後にピッチをあとにしていた姿が印象的でした。

アルゼンチン代表をウォッチしているライターさんの話では、アルゼンチン人の代表への忠誠心は尋常ではなく、周囲が何を言おうと、マラドーナを勝たせるという目的のために固く結束しているということでした。そんな話を聞くと、マラドーナが選手やスタッフをとても大切にしている姿も納得がいくし、今回のアルゼンチン代表はまさにマラドーナ一家という表現が相応しいのではないでしょうか。時節は初戦を快勝して勢いに乗る韓国。密かに楽しみな対戦です。

tpower-166733.jpg
写真はエリスパークでの一コマ。
撮影:たかすつとむ




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ワールドカップ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

マラドーナ一家。

>ryouさん
コメント有り難うございます。
ワールドカップの良いところは試合以外にも世界中の人々が集まるところにあると思います。期間中、試合以外にも良い写真が撮れるように頑張ります。

>keithさん
大変ご無沙汰しております。
お世話になっていた頃が懐かしいです。あの時期に写真と出会えなかったら、今の僕はなかったと思います。まだ先は長いですが、見た人の心に残るような写真を撮りたいと思います。強盗のあった翌日、SG山さんからもtwitterで連絡をもらいました。皆さんに気にかけて頂けていると思うと本当に嬉しいです!

追記

追記です。
昨夜はTVでスペインvsスイスを観戦していたら、後半戦で思い切り高須君映ってました! 残りのお仕事も頑張ってください!

夢実現ですね

大変お久しぶりです。
家でワールドカップのTV観戦しながら「たぶん高須君いるよね〜」などと話していました。夢が実現しましたね。おめでとう!
写真も素晴らしいです。
いつか、また、モトクロスやエンデューロ会場にも遊びにきてください。MXは景気後退の影響がありますが、エンデューロは逆に参加数伸びているんですよ。ちなみに僕はいまBACKOFF、X-magazine!という雑誌やってます。

(強盗報道ありましたが、違ったようですね! 終わるまで気をつけてね!)

マラドーナ一家。

日刊スポーツのウエブで、日本人サポーターの女性の写真を
撮影されたのはこちらの高須さんでしょうか。
とてもいい写真だと思いました。
女性の表情にたくさんの不安や期待が入り交じって見えます。
これからも、素晴らしい瞬間を捉えてください。

こんな記事も読みたい

久しぶりに!(W杯記事)【liebe fußball !!】

W杯栄光への挑戦 ~ギリシャ対韓国分析 : 失われた10年の差 ~【ymhanoi-JAPAN】

トゥラランとフォルランと西村主審~W杯1日目【蒼き蹴球生活】

ブロガープロフィール

profile-icontpower

東京都出身。出版社にて編集者を経験した後、フォトエージェンシーに勤務の傍ら、スポーツカメラマンとして活動開始。エージェンシーを退社、フリーランスとなる。ライフワークとしてセパタクローを追いかけ、サッカーを中心に数多くのスポーツを取材中。日本スポーツプレス協会(AJPS)、国際スポーツプレス協会(AIPS)会員。
  • 昨日のページビュー:22
  • 累計のページビュー:309243

(07月19日現在)

関連サイト:高須力公式サイト

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. サンドニの悲喜こもごも。
  2. 夢を追いかけつつ。
  3. ヨルダン戦を終えて。
  4. Aくん。
  5. リンクの上の彼女。
  6. 長谷部の言葉。
  7. 夢を泳ぐ。
  8. 写真が好きな写真家。
  9. フィギュアスケート世界選手権を終えて。
  10. 今、僕にできること。

月別アーカイブ

2014
06
2013
04
03
2012
10
07
03
2011
12
06
05
03
01
2010
07
06
05
02
01
2009
11
10
08
07
06
04
02
2008
11
09
08
06
05
04
03
01
2007
12
11
10
08
07
05
02
2006
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss